自宅で美容資格を取得するならこれ!スキンケア アドバイザー

私はこれから先、自分の好きなことで、仕事ができたらいいのになあ・・と、よく考えます。

なぜなら、どうせ働くのなら、自分が好きな仕事をする方が楽しいからです。

例えば、重労働やセクハラ、パワハラ。

毎日、毎日、満員電車で会社に行き、毎日、毎日、遅くまで勤務する。

まるでゼンマイ仕掛けのロボットのように・・とても大変なことを毎日、くり返しながら頑張る。

セクハラ、パワハラ行為も、どんなにダメなことと言われても、まだまだあるのが現実です。

こんなことを書くと、本当に嫌気が「もやもや」と起きそうですが

だからこそ、好きなことを学んで仕事にするって、ステキなことだと思います。

スキンケアを学ぶ

女性ならどんなに歳を重ねても美しくありたいと願うはず。

美容に興味があって、自分でスキンケアができて

しかも開業をすれば、お客様にも提供できる資格って一石二鳥だと思いませんか?

まずは、スキンケアについて学ぶこと。

皮膚は外界との接点であり、汗や洗剤、紫外線などの、物理的・化学的刺激や細菌

ウイルスなどの微生物などに常にさらされている状態です。

スキンケアは、皮膚についた汗やほこりなどの汚れを落として、無用な刺激を減らし

角質層の油分と水分を補うことによって、これらの刺激に対する防御の働きがあるうるおい肌を

保ちます。皮膚炎のある人だけでなく健康な人にも必要です。

清潔のスキンケアは、入浴と石鹸やシャンプーなどによる洗浄が基本です。

ナイロンタオルなどでごしごし洗うと皮膚を傷めるので、普通の石鹸を手のひらで泡立てて

その泡で優しく洗うようにします。

どうしても普通の石鹸やシャンプーでは皮膚が荒れる場合には、低刺激性のものを試してみるのもいいです。

一方で、入浴や洗浄は皮脂を減らして乾燥肌を招くことがあるため、とくに空気が乾燥しやすい季節には

乾燥のスキンケアにも心配りが必要になります。

長湯や熱い湯は皮脂の過度の減少とともに、血のめぐりが良くなるのでかゆみが増すことが多いです。

そういった場合は、長湯や熱い湯を避けるようにします。

保湿作用のある入浴剤には、補助的な効果が期待できます。

そして、入浴後すぐにワセリンやベビーオイルのような油分を薄く塗り、石鹸で洗い流した油分を

補って水分の蒸発を防ぐようにします。

ベタベタした塗り心地が気になる場合は、保湿剤を添加したクリームやローションを塗るといいです。

オリーブオイルなんかもいいです。

 

顔の乾燥肌が気になる人は、朝の洗顔後にも保湿剤や化粧品で水分と油分を補給します。

また、柔らかい木綿のように肌に優しい素材の衣服を着るよう心がけたり、春から夏、紫外線の強い季節・時間帯に外出する時には日焼け止めを塗る。

冬は暖房をかけすぎないようにする、こまめに部屋の掃除をするなど、日常の暮らしのなかで気をつけていくことが大切です。


スキンケア アドバイザー

例えば、自分でサロンを開業したとします。

サロンには、信用ある美容資格が重要です。

信用ある美容資格を持つことで、しっかりしたエステティシャン・セラピストなんだと思ってもらえます。

また、施術に対する信頼性、アドバイスに対する信用性も上がります。

そして、エステティシャン・セラピスト自身も、しっかりとした美容知識を身につけますので

自分に自信がつき、お客様に対する美容アドバイスにも自然と説得力が増します。

その結果、リピート率や売上げのアップ、お客様の満足度アップにつながります。

いかがでしょう。


信用ある美容資格の取得の重要性をわかっていただけましたでしょうか。

では、なぜスキンケアアドバイザー資格が信用ある資格として選ばれているのか

その3つの理由は

「医師や大学教授など信頼ある方々で構成されている」

「美容業界に限らず、様々な業界から選ばれている」

「厚生労働省の研究班や医師との共同研究」

このように様々な業界で選ばれる理由が「信頼」があるからです。

スキンケア カウンセリング

スキンケアカウンセラーとは、スキンケアアドバイザーよりも深い知識を持たなければなりません。

更にお客様のお肌の悩みや心の状態を、本質から理解するためのカウンセリング技術を身につけ

お客様を理想へ導くことができる、スキンケアのスペシャリストのことです。

お客様の悩みや、要望に答えるために、まずお客様のことをしっかりと理解しなければなりません。

その為には、お客様と向き合い、お客様の目に見える表面上の肌トラブルだけでなく

「原因はどこにあるのか?」「お客様の理想の肌は?」など、心にある伝えきれない悩みの

本質や本音を引き出してあげる必要があります。

お客様を理解し、適切なケアや化粧品のご提案ができ、更にホームケア方法までアドバイスし

お客様を理想の肌へと導いてあげられる、それが「スキンケアカウンセラー」です。

お客様に寄り添ったカウンセリングができることで、お客様の満足が上がるケアやご提案ができ

結果として、リピート率の UP、契約率のUPにつながります。

お客様に最高のおもてなしをしたい方にピッタリの資格です。

本気で仕事を探したい、本気で転職がしたい、本気で開業をしたい。

人のためにも、自分のためにもなる美容資格です

日本スキンケア協会公認!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】



1+