いまさら聞けない!パクチーとコリアンダーの違い

スパイスとハーブの中には、今や“パクチニスト”と呼ばれるほどパクチーをこよなく愛する人もいると言われるほどの大人気ですが、あなたは「パクチー」と「コリアンダー」の違いを説明できますか?

パクチーを使った料理やお酒が火つけとなり、パクチーをこよなく愛する“パクチニスト”を大量に生み出したパクチーブーム。

おもにタイ料理や中華料理に使用され、独特な風味が料理にアクセントをあたえます。その独特な風味から苦手な方も多いと思います。

しかし、実はパクチーは栄養価も高くビタミン類を豊富に含んでいるので、女性の方は積極的に摂取しておきたい食材でもあるんですよ。

また、デトックス効果や解毒作用を持つ硫黄化合物(イオウ化合物)も含むので、内側からのボディケアに欠かせません。これらパクチーの栄養価や美容効果が期待できるという情報は、以前よりも周知されてきましたよね。

ですが、各料理にトッピングされる「パクチー」と、カレーのスパイスとして使われる「コリアンダー」との違いは説明できますか?意外とご存じない方も多いのではないでしょうか。

じつは、「コリアンダー」と「パクチー」は同じ植物。日本では香辛料として種子や葉を乾燥させてパウダー状にしたものを「コリアンダー」、葉を生のまま野菜として使用する場合に「パクチー」と呼ぶことが多いそうです。どうして日本では同じ植物由来の食材を、ふたつの名前で呼び分けているのでしょう。それは、多国籍料理がブームとなったころ、エスニック料理と共に「パクチー」が、そして欧米料理と共に「コリアンダー」が、それぞれ別のルートで日本に入ってきたからだとか。

コリアンダーとパクチーについて

「コリアンダー」はパクチーの英語圏での呼び方。カレーにも使われるスパイスです。その由来は、紀元前から重要なスパイスとして使われてきました。古代エジプトでは、薬や香辛料としてだけではなく「幸福のスパイス」として、死者と一緒に墓に入れる習慣もあったそうです。

コリアンダーはよく熟した種子を摘みとって、乾燥させたものです。葉の部分とは違い、クセの少ない風味なので使いやすく、ソーセージやシチューなどの肉料理や、ピクルスなどの野菜料理、パウダー状にしてチャイドリンクやクッキー、パウンドケーキなどの焼き菓子に使用されています。

甘くさわやかで、ほんのりスパイシーなコリアンダーのパウダーは、桃や洋ナシのコンポートとも相性がよく、かけると風味が際立ちますよ。

そして、コリアンダーをタイ語にしたのが「パクチー」です。タイではパクチーの香りと食感を楽しむために葉の部分をサラダにしたり、生春巻きの具材にしたりして、生で食べることが多いようです。茎の部分は鍋や炒めものに調理するとか。

香菜(シャンツァイ)との違い

「香菜(シャンツァイ)」は、パクチーの中国名。中国の東北地方では、羊肉の臭みを取るために使用されています。独特な香りは食欲を増進させる香辛料として、中華料理に欠かせないものとされているのだとか。ニラの代わりとして、餃子の餡に混ぜることが多く、中華がゆのトッピングにも使用されています。

実は美容効果も!パクチーの知られざる栄養と効能を再発見

パクチーは近年、きれいになれる食材として女性から絶大な支持を集めています。
その秘密は、パクチーに含まれている豊富なビタミンと栄養価なんです。

パクチーには、ビタミンB1、B2、C、 Eと、体内でビタミンAに変わる、β(ベータ)カロテンが豊富に含まれています。免疫力を高め、体を疲れにくくし、肌をきれいにしてくれる栄養素です。つまり、パクチーは食べるだけでどんどんきれいになれちゃう魔法のような食材なのです。

ただし、ビタミン類は加熱すると栄養価が低くなってしまうので、調理には注意が必要。例えば、パクチーに含まれているビタミンCは水溶性なので、加熱すると水に流れ出てしまいます。美容のためにパクチー摂取を考えるなら、加熱せずに生で食べることが一番です!

まとめ

このように、今さら聞けないスパイスのことなどを自分で勉強することで、資格も取得できどんどん何でも理解できるスペシャリストになれるのです。スパイスカレーの作り方や、スパイスとハーブのことをレクチャーできるようになりますよ^^
スパイスとハーブの資格を取得するならコチラ



 

0