ファイナンシャルプランナー3級 スキマ時間で将来のお金を学ぶ!

みなさんはFP(ファイナンシャルプランナー)ってご存知ですか?どういう意味?どんなことするの?どんな仕事?聞いたことはあるけど・・・???みたいな感じになりませんか?今日はそんなファイナンシャルプランナーについて解説したいと思います。

ファイナンシャルプランナーとは

経済的な側面から実現に導く方法を”ファイナンシャルプランニング”と言います。これは、人生の夢や目標を叶えるための総合的な資金計画を立てるということです。家計に関わるお金・・・税金や保険、教育資金、不動産などですね。これには幅広い知識が必要になります。その知識を備え、相談に来られるお客様の夢や目標が叶うように、一緒に考えてサポートする人のことを”ファイナンシャルプランナー(FP)と言います。

FPは「暮らしとお金」に関する相談に対応します

 

FPは相談者の立場やライフスタイルを考えて、長期的かつ総合的にさまざまなアドバイスや資産設計を行いその実行を援助していきます。たとえば、経済環境、価値観、家族構成、収入支出、保険、資産、負債など人それぞれに違う部分のデータを集めて分析していきます。

必要に応じて、税理士や弁護士、社労士、保険、銀行などの各分野の専門知識を活かしながらファイナンシャルプランニングを行っていきます。

FPが対応する相談テーマの一例

  • 日々の家計管理
  • 将来のための貯蓄方法
  • 老後の生活資金の準備方法
  • 老後の生活設計方法
  • 教育資金の準備方法
  • 奨学金の活用
  • 保険の仕組み
  • 必要な死亡保障・医療保障の考え方
  • 医療費控除や
    配偶者控除などの仕組み
  • 所得税などの仕組み
  • 遺言や相続に関する準備方法
  • 子や孫への資金贈与 など

ファイナンシャルプランナー(FP)ってどんな資格?

FPは、いろいろな金融商品に詳しいお金のエキスパートなので、以下6つの分野についての専門知識が要求されます。

1.年金に関するライフプランニング
2.貯蓄や投資信託、債券などによる金融資産運用
3.税金に関するタックスプランニング
4.生命保険を中心としたリスク管理
5.住宅の売買、住宅ローンなど不動産の知識
6.相続・事業承継に関する対策

FPの資格には、国家資格である「FP技能士」と、日本FP協会が試験を実施する民間資格である「AFP、CFP」があります。国家資格のFP技能士は、さらに3級から1級まであります。もちろん1級がいちばん高い知識ということですね。

ファイナンシャルプランナーを名乗るには、国家検定であるFP技能士(1〜3級)資格、または、NPO法人「日本FP協会」が認定する民間資格である「CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)資格」と「AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)資格」を取得する必要があります。 

FP3級を受けるメリット

FP3級を勉強すれば、自分のライフプランが少しイメージできるようになります。メリットとして、お金と暮らしの中で幅広い金融知識が身につくことです。長い人生には、お金に関して考えていかなければならないことがたくさんあります。年金、保険、相続など・・・普通ならそんな出来事に遭遇してから慌てたりしますが、FP3級を持っていれば落ち着いて対応ができます。また、お金の処理が上手くなるので、家計管理に役立てたり、毎日の生活に活用することができるのです。

2つ目のメリットは、FP2級の受験資格を得られる事です。

私はFP3級を受験せず、2級の受験を考えていたのですが、申し込みの際に3級資格の番号を求められました。「え?!」って感じになりました。3級と2級の同時受験はできないため、「2級が欲しい」と思った際に3級の合格がある事は、メリットになります。

2級まで取得すれば役立つことが各段に多くなるので、興味がある人はぜひ2級まで挑戦してみてください。

FP3級のビジネス上のメリット

 

PF3級はお金と暮らしにかかわる知識は得られる資格ではありますが、残念ながらFP3級の知識でお金にまつわる専門の仕事はできません。仕事で活かせるのは2級以上となります。なので、まずは3級を取得してある程度の知識が身に付けば、2級、1級と取得しやすくなります。先ほども述べましたように、3級を取得しないことには上には進めませんので、是非3級からレベルアップして将来の仕事に繋げてみて下さいね。

FPの学習で「活きた生活の知恵」を取得

FP資格を取得するために学習する内容は、身の回りのお金に関する様々なことです。
つまり、学習することが日常生活に直結するお役立ち情報というわけです。教養と言ってもいいかかも知れません。

将来が不安だと思われてる方の大半がお金に関することです。お金に関する不安を解消するためにも、お金に関する正しい知識や情報を身に付け活用することではないでしょうか。また、金融庁では「家計管理、生活設計、保険、ローン」これらを最低限、身に付けるべき金融リテラシーとしてあげています。FP資格ではそれプラス税金、不動産、相続まで学べますのでまさに「生きた生活の知恵」を取得すると言っても過言ではありません。

まとめ

このように自分のためにも役立てられると同時に、独立開業ができます。独立開業する際には、FP資格だけでも可能ですが、他の資格も持ち合わせることで、より幅広いコンサルティングが可能になるでしょう。

 



0