スープソムリエの資格取得をする方法

今日はスープソムリエについてお話したいと思います・・・

スープソムリエとは?

一概にスープソムリエと言っても何をする人なのかよくわかりませんよね。しかしこれが奥深く、うま味の科学やスープの逸話など幅広い専門知識と応用力も備えた専門家として注目されているのがスープソムリエです。

世界で愛され文化の一つともなっているスープですが、特に海外ではいろんなスープがあります。心も体も温めるスープの知識と技術は、どんなシーンでも喜ばれみんなを笑顔にすることができます。

たとえば、ダイエットをしている人に、食べれば食べるほどいいと言われる脂肪燃焼スープ(玉ねぎ、セロリ、キャベツ、にんじん、ピーマン、トマト)これに食物繊維豊富で脂肪燃焼効果があるキノコを加えてアレンジしたり、またカラダの中から美しくするスープなどを作れるようになります。

スープのレシピ

 

スープの種類はさまざまで、レストランなどでは食事の初めに、食欲推進のために出される軽いスープやいろいろな食材・具材をたくさん入れて主菜となるものまであります。その味や種類は無数にあり、世界各国にはその国の食文化を用いた伝統的なスープ料理がいくつもあります。日本のスープと言えば伝統的なみそ汁ですよね。スープのいいところは、どの国でもそうですがその食材が持つ栄養を効果的にかつ無駄なく摂ることができること。また具材はもちろん、味のレパートリーがたくさんあり色々なスープを楽しめます♪

スープの基本的な作り方としては、最初に出汁(多くは肉・魚・野菜など)を作り、そこに具材を入れることで、具材の旨みやエキスがスープの味に深みを出し、美味しさへと繋がります。煮込む時間、火力、水の量、素材の量などによって、できあがる出汁の味や風味で、スープの美味しさに大きな影響を与えます。スープの味の決め手は出汁と言っても過言ではなく、また作られた出汁に加える具材や味付けによって色々なスープへと変わっていきます。色んな味を楽しむことが出来るスープ作りにチャレンジしてみてくださいね^^

スープの種類日本であれば、先ほども記述した通りみそ汁やけんちん汁、豚汁など。イタリアはミネストローネやコンソメスープ、フランスはブイヤベース、タイはれトムヤムクン、中国はフカヒレスープ、アメリカはコーンポタージュやクラムチャウダーなどがあります。どれも一度は耳にしたり、口にしたことがあるのではないでしょうか。

スープ料理は基本的に温かい物が多く、体を温める働きや天然素材から出汁を取ることで、豊富な栄養分を摂ることができます。みそ汁であれば味噌が整腸作用を手助けしてくれたり、トムヤムクンであれば辛さが発汗作用を促進し新陳代謝やダイエット効果を高める働き、ブイヤベースであれば沢山の魚介類によってビタミン・ミネラルが豊富で血液をサラサラにする効果があります。

スープにすることによって、苦手な食材や、栄養価の高い食材を美味しく食べることができます。日本で親しまれているスープとしては、ポタージュスープがあげられるのではないでしょうか。自販機を見てみれば缶飲料を始め、紙パック製のもの、粉末タイプのものなど手軽に飲むことができる製品が揃っています。トロトロとした食感は口触りが良く、コーン、ほうれん草、トマト、きのこなど豊富なバリエーションがあり、とても美味しいですよね。

ちなみに日本ではポタージュといえばこうしたとろみのあるスープを指しますが、フランスではとろみのあるものは一部のバリエーションに過ぎずこうしたスープ全般をポタージュと呼びます。

まとめ

スープの資格を取るメリット仕事や子育て、家事など忙しさが増すからこそ、手軽に栄養たっぷりのスープはとっても便利!手作りの食事を子どもに食べさせてあげたいけど、なかなかそうもいかない時も手作りスープなら作り置きもできて超便利です^^

さらに休日にも家族団らんの鍋料理などの時にも役立ちます。せっかく取得するのなら使える資格がいいですよね。健康管理の重要性やダイエットなどスープの知識は役立ちます。スープソムリエの資格を得ることで、自信を持って周りの人にもスープの素晴らしさを伝えることができます!

流行に敏感な女性の間で人気のホームパーティーもあなただけのオリジナルスープ仕様で話題になること間違いなし!自分も楽しみながら仲間との交流ができます。だれからも愛されるスープですが、深い知識や本格的な内容を学べる場所はまだ少ないのが現状。

スープソムリエになれば、学んだ知識を応用してレッスンや講座など自宅サロン開業も可能に!週末だけのプチ起業もやりやすく、世界のスープやうま味活用の講座は珍しいので注目されること間違いなし!好きを仕事にするチャンスもぐっと増えますよ。

詳しくはこちらコチラからコチラから

2+