就職、転職の強い味方!楽しくビジネス英会話を学ぼう

就職、転職の味方で役立つのは、やはり英語を話せる聞けることではないでしょうか。

私も何度も何度も挑戦しています・・が、なかなか上達しないのが現実です(T_T)

ビジネス英会話と日常英会話と何が違うの?

簡単に言うと、日本語で話す時の日常で使う会話と、会社で使う会話の違いのようなものです。相手に失礼のない丁寧な言葉がビジネス会話で、くだけた言葉が日常会話です。文法は同じなのですが、日常会話での方が省略形が多くなるため、始めに丁寧な言葉つまりビジネス会話を覚えて、その後に日常会話を覚えていく方がいいです。

たとえば、日本人が外国人に日本語を教えるときに、標準語を学ばせるか、方言から教えるか、という話と似ています。基本的に、正しい表現を理解しておかないと、応用が利かないですよね。そのために英語でもまずはフォーマルな言葉から学ぶことが望まれます。

ビジネス英会話の特徴

ビジネス英会話の特徴として、たとえばCan you ~?よりもCould you~ ?を使うほうが丁寧なので、こう言った少し丁寧な言葉を多く使うことが特徴として言えます。

また同じ意味の言葉でもビジネス会話では、よりフォーマルな単語を優先して使います。たとえばwantではなくwishを、buyではなくpurchaseを、butではなくhoweverを使うような感じです。そして日本語での日常会話の中で「だけど」をよく使いますが、ビジネス会話では使いません。ビジネス英会話を勉強する時に、どれがフォーマルな単語なのかを覚えていく必要があります。

日常会話の特徴

日常会話の特徴として、英語の命令形以外の言葉では、基本必ず主語がありますが、日常会話では主語、または主語+動詞の両方までも省略される場合もあります。つまり短縮形、省略形がよく使われると言うことです。また独自の短縮形もよく使われ、たとえばwant toがwannaに、going toがgonnaに、kind ofがkindaになると言った感じです。単語レベルでも、youがyaになったりしますし、becauseが ‘cause になったりします。こうした知識があると、会話で困ることがなくなりますよ。

ビジネス英会話と日常英会話の同じところ

ビジネス会話と日常会話の同じところは文の構造です。日本人は英会話をする時、英語の語順を頭で考え、組み立てながら言葉にしないと通じないですよね。日本語とは構造が根本的に違うので、いくら単語を多く知っていても使いこなすことができないのです。しかし英語の場合は文の構造(文法)が同じなので、ビジネス英会話を覚えれば、日常会話にも不自由することはありません。その逆に日常会話を丸暗記したところで、ビジネス英会話には対応できません。なぜならフォーマルな単語を知らないからです。

ビジネス英会話が日常英会話よりも簡単な3つの理由

定型表現の占める割合が多い

ビジネス英会話では、日常英会話よりも定型表現、つまり「決まり切った言い回し」が多く使われるので、会話の出だしやパターンが決まってることが多くあるのが特徴です。

英会話のスキルを身につけていくには、「決まり切った言い回し」や「会話の基本パターン」などを学んでいく「トップダウンアプローチ」が重要となります。ビジネス英会話ではミーティングや電話対応、プレゼンなど、コミュニケーションが発生するシーンを限定しやすいため、より「トップダウンアプローチ」を用いた学習アプローチに取り組みやすくなります。各シーンに合わせた「決まり切った言い回し」を繰り返し練習して身につけていくことで、より効率的に学習することができるのです^^

話の流れが予測しやすい

ビジネス英会話は日常英会話と違って、話す内容や目的、ゴールが明確である場合が多いです。電話の応対をするシチュエーションであれば、おそらく相手からは担当者がオフィスにいるか、不在であればいつ頃戻るか、伝言をお願いしたいという内容が想像できますよね。

しかし日常会話では、話の流れや着地点を想像するのが難しい上に、思いもよらない横道に話題がそれることもあるかも知れません。会議のファシリテーションやプレゼンはバリバリこなせるけど、その前後に発生するスモールトーク(世間話・雑談)やアイスブレーク(相手を和ませる・コミュニケーションをとる)が実は苦手という方も、多いのではないでしょうか?

会議やミーティングの場合は、話すテーマ・議題が事前に決まっているので、相手が何を話すのか想像しやすいですし、仮に英語が十分に聞き取れなかったとしても、単語だけでも拾うことができれば、日本語で行っている日頃の業務の経験から内容を推測できるという場合もあります。

まとめ

ビジネス英会話のも大きな特徴が、特殊な用語、つまり専門用語や業界用語を使ってコミュニケーションを図る点です。

ビジネスの分野や業界によって、専門用語や業界用語は違いますが、日本語でもそのまま英語で使われていることも多いので、比較的イメージしやすく、また覚えやすいのではないでしょうか

IT、製造、金融、医療、サービスなど業界、マーケティング、セールス、ファイナンス、広告宣伝といった職種ごとに独特の表現があるので、まずは自分の専門分野でよく使う用語を中心に学習をしてみるのもいいですよね^^

スタディサプリEnglish ビジネス英会話



 

0