もう一人で悩まない!寄り添える人がココナラいる

突然ですがあなたは、人に言えない悩みがありますか?この先、どうすればいいのか?どっちに進めばいいのか?あの人の気持ちはどうなんだろう?どうしてこうなるの?など・・こんな時誰かに聞いてもらえたら、どんなに気持ちが楽になるだろうと思うことありませんか?

とにかく一人で悩むことは決していいことではありません。誰かにその思いを聞いてもらって楽になってくださいね。真剣に話を聞いてもらえる場所はとても大切ですよ。

ココナラたくさんの占い師さんがいますので、あなたに寄り添ってくれる占い師さんに出会えることを祈ってます。


私もその中の一人で、なにか困った人に寄り添えることはできないかな?と考えたとき”心理カウンセラー”を思いつき、通信講座を受講しました。それから、たまたまネットで見つけた、今の師匠に出会い弟子入りして占いの道にたどり着きました。師匠は東京の方で私は近畿ですので、師匠とのやり取りはSkypeでした^^私も若くない歳からの勉強でしたが好きなことでしたので、とても楽しく勉強させていただきました。それから、いろいろな資格に目覚めていき、料理も大好きなので『こんな資格を取得すれば』今度は教える立場になったり、それこそ自分なりのお店ができたりと、いいことがいっぱいになるなぁとワクワクしてます♪

心理カウンセリングスペシャリスト資格講座

 占いとは

そもそも占いって何でしょうか?

未来を知りたいとか、これからどうすればいいのか教えてほしい、という人の願いは今も昔も同じです。昔から世界各地でそれを知るために様々な手法が生まれました。そして現代に伝えられてきてます。そうした未来のことや、運勢など目には見えないことについて判断する方法や行為のことを『占い』と言われています。

四柱推命とは

四柱推命(しちゅうすいめい)は、陰陽五行説を元にその人の
産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の
「支」に置き換え、それにより性格や運命を推察する方法です。

紀元前の古代中国で発生したとされる陰陽五行(いんようごぎょう)をもとに、宋の時代(960〜1279年)に、徐子平(じょしへい)という人物が確立した、たいへん由緒ある占いです。

中国では子平と呼ばれており、「四柱推命」という呼び方は、日本で付けられたものです。

生年月日時に基づき、命式(めいしき)という個人の情報が詰まった表を作ります。命式が完成すると、性格・能力を表す星や五行の要素など、何種類もの要素がわかるようになります。良くない年回りである「空亡(くうぼう)」もわかります。

生まれた年、月、日、時間が必要となります。ただ、出生時間がわからなくてもほとんどのことが占えます。

人間の運命や人生、性格や能力や未来、相手がいるなら相性も占える、古代中国から研究されてきた陰陽五行説(※)の集大成といえる四柱推命は、「東洋運命学の帝王」と呼ばれる人気の高い占術です。

四柱推命の「四柱」とは、生まれた年・月・日・時の4つを指します。この4つの柱を干支で換算し直し、陰陽五行に基づき鑑定します。

※すべてのものは木火土金水の5元素から成り、さらに陰と陽に分かれていると言う哲理

タロット占いとは

タロットカードを使って占う方法を、タロット占いとよんでいます。主にカードをシャッフルして、その中から直感に従ってカードを引き、出た絵柄から占った内容の結果を導き出します。タロット占いは、無作為に選んだカードが質問者に対して、その時点で必要なカードであると考えます。絵柄そのものに基本的な意味がありますので、占う側は質問された内容を考慮しながら、カードに則ったふさわしい結果を伝えます。また、絵柄の向きが正面を向いている「正位置」か、逆側を向いている「逆位置」かによって、結果が異なることもあります。タロット占いは質問者も占う側も、理屈で解釈するものではなく、感じることを意識するほうが受け入れやすい占いです。

発祥はエジプトや中世ヨーロッパなど諸説あるものの、ジプシーたちが行っていたカード占いが基になっていると言われています。
タロットカードとしての元形は、14世紀にイタリアで作られました。 その後、数多くの神秘主義者が深く研鑽を重ね、様々な技法・解釈・絵柄を編み出されています。

一般的なタロットカードは大アルカナと呼ばれる22枚の絵札に小アルカナと呼ばれる56枚の数札を足した計78枚で構成されています。

相談内容や展開方、占い師の習熟度、好みなどによって、使用する枚数は異なります。

占い師は、導き出したい答えに応じた特殊な並べ方(展開法・スプレッド)でカードを展開し、置かれた位置や向き、カード自体の意味、他のカードとの組み合わせを複合的に読み解いていきます。

オリジナルの展開法を編み出している占い師も多く、その種類は膨大な数になります。扱う占い師の習熟度・理解度によって得られる結果に差が出る占い方法と言えます。

人の気持ちや、1カ月後の未来がどうなっているかなど、いま現在〜近い未来を占うのに適している、カードを使った占い方法です。

基本的には何でも占えますが、もって生まれた運勢や宿命と言ったものより、状況が変化しやすい内容について占えることが最大の特徴です。

九星気学とは

生年月日から割り出した「九星」と「干支」を用いて、「陰陽五行説」の思想を基に、運勢や相性、方位の吉凶を占う占術です。 古代中国より作られた「九星術」をベースに園田真次郎がまとめたものが「気学」であり、それらを合わせ「九星気学」と 言います。

九星気学は易などの影響を受けつつ、大正時代に日本で確立された開運方位占いです。

九星の名称すべてに古代中国の陰陽五行(いんようごぎょう)思想である「木火土金水(もくかどごんすい)」が入っていることから推測できるように、その哲理にも陰陽五行が組み込まれています。

生まれ年より、
一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星
のどの星なのかを調べます。
その星を中心にして、いつ、どちらの方向が良いのか占います。

基本的な性格や運勢以外に、引っ越し先や旅行など、移動を伴う行動の吉凶を占うのにも使われます。

たとえば、引っ越しするなら○月○日は凶だけど次の日なら吉で、新しい家は今の家から西の方向がいい、といった風に鑑定されます。

数秘術とは

生年月日を足して3つの数字(誕生数秘)を導き出します。その数字から、あなたの強みや本質、そして目標を読み解くことができるのです。

紀元前のギリシアで哲学者ピタゴラスは、全ての事象は数字に関係しているとみなしました。 魂や感情といったものまで、全てです。そこから数秘術は、数学の発展と共に成熟していきます。
有名なのはカバラという数秘術で、ユダヤ教やキリスト教と深く関係しています。

誕生日や名前を数字に置き換え、ひと桁(11と22は例外の場合あり)になるまで全ての数字を足し、最後に出た数字をもとに占います。

誕生日や名前の一部だけ計算したり、誕生日と名前の数を組み合わせたりすることもあります。 日本人の場合、名前はアルファベットに置き換えてさらに数字にすることが多いです。

生年月日や名前を数字に置き換えて、数字の持つ意味から占います。 誕生日からは誕生数(運命数・ライフパスとも)が、名前からは姓名数が導き出されます。

誕生数は一生変わらないので、もって生まれた性格や運命、未来を占えます。
姓名数は女性の場合、結婚で変化します。変わったところでは、呼び名(ニックネーム)の運命を占うことも出来ます。

手相とは

手相は、手の平に現れる線や肉付きをはじめとする手の形態に着目して、その人の性格や才能資質、健康状態、運勢の良否を判断する占い。

古代インドを源流とし、仏教とともに中国へ伝わり、日本では江戸時代に庶民へ広がったとされています。
西洋式、東洋式の判断法があり、現代日本では西洋式が一般的。

生命線(せいめいせん)
運命線(うんめいせん)
知能線(ちのうせん)
感情線(かんじょうせん)
ほかさまざまな掌線や丘(きゅう)、形、長さ、色などといった要素から占っていきます。

持って生まれた性格や才能、資質、健康、運勢を判断することが可能です。
短期的視野の結果を求めるものや人の気持ちなどを占うことはできません。

なお、一生変わらない指紋と異なり、手相は時とともに変化していきます。
3か月〜1年くらいに一度は占ってもらうといいのでは。

まとめ

いずれにしても、自分の人生です。占いを100%信じることよりも、占いで出た結果はあくまでもアドバイスだと考え、決してそれに左右されないようにしてくださいね。どんな占いでも自分の考えたことが結果に出ます。なので悪い方に考えるのではなく、良い方に思考を展開して楽しく過ごしていくことが大切です^^

ココナラでお悩み相談・カウンセリング



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
SEO対策からビジネス相談まで!500円から買えるココナラ
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

テレビや新聞、雑誌で注目のココナラ!
SEO対策、ビジネス相談、キャリア相談など、登録料は無料で、全て500円~で
お願いできる!
価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも?

あらゆるお困りごとはココナラにお任せ!


0