美容資格取得!人気のスキンケアアドバイザー

女性の永遠のテーマ『美容』好きな方ならいろいろ、研究をされてる方も多いのではないでしょうか。基礎化粧品から、美容に必要なサプリメント、またはパックや美顔器、今ではたくさんのいい商品が店頭に並んでいたり、ネット社会ですのですぐに手に入ったりしますよね。

私も大好きで気になった商品があると、すぐにポチポチとついつい押してしまいます^^商品を購入して使用するのはもちろんいいのですが、ここまでくると自分でもっともっと知識を増やして、なんなら自分から美容について発信していけたらいいと思いませんか。

スキンケアの基本

スキンケアとは何ですか?と聞かれたとき、すぐに答えることができますか?何となくこうかな?とか、これかな?みたいな感じになるのは私だけでしょうか?(笑)

スキンケアとは、健康な皮膚を維持するために、手入れをすることです。
予防としてのスキンケアがとても重要になります。

世の中には高性能なスキンケア商品があふれるほどありますよね。
毎年、アップデートされて情報も増え、何が肌にいいのかわからなくなることありませんか。

どんなに良い化粧品を使ってお化粧をしても、スキンケアの基本が押さえられていないと十分な効果は発揮できません。流行に振り回される前に、基本のキ「シンプルなスキンケア」を覚えておきましょう。

ポイントケアやスペシャルケア、肌タイプや年齢によって、アイテムを変えることも重要ですが、その前に誰もがきちんとこなすべき3つのステップがあります。
それは「洗う」「補う」「守る」
この3ステップを毎日継続することで、肌本来が健康になろうとする力がサポートされるので、この点をしっかり押さえておきましょうね。


紫外線から皮膚を守る

肌の老化の一番の原因は、そうです!ご存知の通り加齢ではなく光老化です。
顔や腕などの太陽にさらされている部分と、太もも臀部などの普段隠れた部分の皮膚と比べてみると、その弾力や色素などをみると良く分かります。

メラノサイトと言う、表の皮膚の奥底に眠るメラニン形成細胞が、紫外線から肌を守ろうとして生成されたメラニンが、シミ・ソバカスの原因とされています。その生成されたメラニンの代謝がうまくいかないとシミとなって表れてくるのです。

年齢を重ねるとともに代謝作用(これをよく耳にするターンオーバーと言います^^)が衰え、シミができやすくなってしまうのです。シミを防ぐのはとても重要で、太陽を避けるために帽子や日傘などを使ったり、日焼け止めを使うケアが効果的です。

皮膚の乾燥を防ぐ

とくに冬やお風呂上りは皮膚の水分が奪われやすくなります。こまめに乳液や美容液などで保湿を心がけてください。

外的要因による乾燥炎症ダメージ老化「しみ」「しわ」「たるみ」という肌ダメージの連鎖にならないように、保湿をしっかりして乾燥からお肌を守ろことが重要です。

美肌作りには何を食べたら良いか?

肉や魚、卵には、動物性タンパク質やビタミン、ミネラルなどがバランスよく含まれています。毎日の食事でしっかり摂りたいですね。ただし脂質も含まれるため、肉はもも肉やヒレ肉など脂身が少ない部位を選ぶことがポイントです。

炒める調理では油を使うため、蒸したり茹でたりするのがいいですね。

野菜やきのこには、ビタミンが豊富に含まれています。油を使う炒め物ですが、ビタミンAやビタミンEは脂溶性のビタミンで、油と一緒に摂ると吸収率が上がります。なのでにんじんやブロッコリーなどは、炒めものにするといいです。

またサラダのような冷たい料理より、火を通した温かい料理がおすすめです。身体が温まることで血流が促され、新陳代謝も高まります。

海藻類にはミネラルが豊富に含まれています。150gを目安に摂るのがいいですね。わかめは味噌汁よりは酢のものなどがオススメです。味噌汁は、味噌に含まれる乳酸菌を摂れますが、塩分が濃いため飲みすぎになると、生活習慣病の原因になる可能性がありますので要注意です。

豆腐や納豆などの大豆製品は、できる限り毎日摂るのがいいですね。タンパク質や脂質、ビタミンB1、ビタミンE、鉄、銅、亜鉛など様々な栄養がバランスよく含まれています。さらに抗酸化作用がある大豆サポニン、女性の健康をサポートする大豆イソフラボンなども含まれており、美容に役立つ食べ物と言えます。

発酵食品には、腸内環境を整える善玉菌が含まれているため、便秘や下痢に悩まされている方におすすめです。腸内環境が整うことで肌の状態が整いやすくなるため、エイジングケアとして取り入れることも可能です。

発酵食品には、納豆やヨーグルト、チーズ、味噌、キムチなどがあります。

美容にいい飲み物

ポリフェノールの一種のカテキンが含まれている緑茶は、抗酸化作用を持つためシミやしわ、たるみを防ぐのに役立ちます。その他、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCなども含まれているため美肌づくりにもオススメです。

トマトジュースには、抗酸化作用を持つリコピンが含まれています。エイジングケアや美肌づくりにオススメです。トマトジュースには塩分が含まれている場合があるため、飲みすぎないように心がけてください。また加熱すると吸収率が高まるため、料理に使うのもいいと思います。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、ホルモンバランスの調整をサポートし、美肌づくりに貢献してくれます。

スムージーは自分でカラダにいいものを作れますので、お肌の調子やカラダの調子に合わせて飲むことができます。それについての記事もありますのでそちらも合わせて読んでみて下さいね^^

白湯には胃腸の調子を整えたり、身体を温めて新陳代謝を高めたりする働きがあります。

身体を冷やさないように、ホットか常温で飲むことが大切です。成分による美容効果を得られても、身体が冷えてしまっては血流が低下して肌に十分な栄養が行き渡らなくなります。

一気に飲んでも継続的な効果は得られません。特にビタミンCは身体に溜め込むことができないため摂りすぎた分は排出されます。1日数回に分けて、こまめに飲みましょう。

飲みすぎは、水分や塩分、栄養素の過剰摂取に繋がります。健康状態が悪くなる可能性もあるため適量を飲むことが大切です。

カフェインやアルコールを含む飲み物は控えましょう。アルコールは、肌の乾燥や炎症を招きます。カフェインは摂りすぎると肌を刺激したり睡眠に悪影響を及ぼしたりします。

まとめ

美容にいい食べ物や飲み物を意識的に摂ることで、身体の内側からアプローチすることができます。加齢とともにシミやしわ、たるみなど様々なトラブルが起こりますが、食生活を見直すことでリスクを抑えることが可能です。コンビニ食や外食ばかりの方は、できるだけ早く見直した方がいいですよ。

美容のプロを目指す!【スキンケアアドバイザー資格通信講座】

1+