資格取得!野菜コーディネーター

最近では野菜の種類も増え、とても美味しい野菜が増えつつありますよね。

私は、あるレストランでいただいた野菜が美味しくて、お店の人にどこの野菜かを聞いたことがあります。

そして、その畑に足を運び、八百屋をしたことがあります。見たこともない珍しい野菜たちでいっぱいです。もちろん定番の野菜も並べました。

野菜も生き物なのでお店では、一緒に呼吸をしてたような気分でした。そんな野菜について詳しくなって人に役立てたらいいと思いませんか。

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違い

食にまつわる資格は年々増えていっています。よく野菜ソムリエと混同されがちな資格として「野菜コーディネーター」という資格があります。

野菜ソムリエと野菜コーディネーターについて「違いはなんなのか?」「どっちがいいの?」そんな違いを解説していきます。

野菜ソムリエとは?

野菜ソムリエの資格は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格で、生産者と生活者の懸け橋になるのを目的とした資格です。

取得後は、飲食業、講師、料理教室、コラム執筆、企業メニュー開発、青果販売などの仕事で活かされています。

野菜コーディネーターとは?

野菜コーディネーターの資格は、一般社団法人ホールフード協会が認定する民間資格です。

ホールフードとは、食を通して環境や未来を考えて暮らしていく。そんな暮らし方を表現する造語です。

野菜ソムリエと野菜コーディネーターの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格と日本野菜ソムリエ協会の認定資格の違いです。

ホールフード(Whole Food)協会の認定資格は、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば取得できます。

野菜ソムリエは通学制の講座になります。

野菜コーディネーターの養成講座では、野菜や果物の選び方・保存方法・組み合わせ方・調理方法などを学びます。

野菜ソムリエのコースでは、ジュニア野菜ソムリエコースで学んだ知識を深める講座になります。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを紹介します。

1)野菜コーディネーターの概要

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて、まず野菜コーディネーターについて概要を紹介します。

野菜コーディネーターは、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

ホールフード(Whole Foodとは
Whole=丸ごと」と「Food=食」から成り立つ言葉であり、安全な食物、自然豊かなくらし、水や森の資源を大切にして生きるなどをモットーに掲げた、食の安全性と地球環境の保全を第一に考えたライフスタイルです。

受講料は38,700円

2)野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて、野菜ソムリエについて概要を紹介します。

野菜ソムリエは、日本野菜ソムリエ協会の認定資格です。

資格取得には、通学制の野菜ソムリエコースを修了して一次試験と二次試験に合格する必要があります。

野菜ソムリエコースの受講資格は、ジュニア野菜ソムリエ資格所持になります。

受講料は155,400円です。

野菜ソムリエ資格取得後は1年に1度更新が必要になります。

3)野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、資格取得の過程に大きな差があります。

・通信教育講座と通学制のコース

・受講資格なしとジュニア野菜ソムリエ資格所持

・受講料335,000円とコース料1155,400円などです。

野菜ソムリエの場合は、1年に1度の更新料3,150円が必要になります。

<野菜や果物などの食材のいろいろを学ぶなら、通信教育講座の野菜コーディネーターが安い受講料ですね。

野菜コーディネーターについて

野菜コーディネーターとは、野菜に関する資格を持ったスペシャリストのこと。野菜の旨みや栄養を効果的に活かすために、食材にふさわしい旬の季節や、美容または健康に役立つ野菜の調理法などを、食に関する様々なシーンの中で、わかりやすくレクチャーします。

また、野菜を単にヘルシーな食材として世の中に広めるだけでなく、農業や環境問題にもつながった大切な資源として啓発することも、野菜コーディネーターの重要な役割です。

野菜コーディネーターは、以下のような野菜の知識が身につく資格です。

・野菜と果物の特徴・栄養価
・美味しく安全な野菜と果物の選び方
・野菜と果物の正しい調理と下ごしらえ方法
・野菜と果物の保存方法
・日本と世界の食・野菜事情
・野菜レシピ(エコクッキング)
・家庭菜園の基礎知識
・栄養学の基本知識

実際にどのような場面でこの資格を活かせるの?というところでは、仕事から日頃の生活と様々。

・飲食店勤めの人はレシピ開発に
・スーパーやデパートでの接客に
・食品メーカーで企画の仕事に
・美容・ダイエットに
・料理教室の開催に
・食育を家庭で実践

野菜コーディネーターは栄養士などとは違い、資格を取得したからと言って具体的な職につけるといったわけではありませんが、食関係の仕事をしている人のちょっとした知識の補足になったり、家族の健康ライフを実現するための一つの手段、といった自己啓発的な感じのものです。

野菜コーディネーター資格取得はコチラから

 

 
0