食育インストラクター 資格取得 子どもを守る

最近では、教育の一つでもある`食育´が見直されています。子育ての中で、一番初めに始めるのが食育と言う教育です。幼児期の食育はとても重要になります。では、小さなお子さんのおられる方は、どのように食育をすすめていけばいいのでしょうか。

食育基本法から見る`食育´

食育基本法があるのはご存知でしょうか?2005年に不規則な食事時間や、偏った栄養などにより、カラダだけではなくココロの健康も失われていくと言われています。そのため、家庭や保育園、幼稚園、学校、地域全体での食育推進を掲げた法律のことを「食育基本法」と言います。

食育は食生活の習慣やマナーを正しく身につけ、健康的な食事について考えること。また農業や漁業など、食についての関わりを知ること、昔の食文化のついて知ることなどです。特に幼児期には食べることへの興味や、家族、友達との関りを大切にしながら、みんなで食事を楽しむことが重要です。

食育は教育のなかでも特に、生活に密着しているもです。生活習慣やココロとカラダの基礎をつくる幼児期に一番大切にしたい教育なのです。

`食育´は離乳食からの積み重ね

赤ちゃんは母乳やミルクで育ちますね。その時期を過ぎ、5か月、6か月頃から離乳食が始まります。初めての離乳食には私も、栄養がとれるようにと鰹節や昆布で出汁をとったりと、とても気を使いました。時間をかけて手作りしても、なかなか食べてくれなかったり、手でつかんで床に落としたりして「これって食育ができていないのかも」と、不安に陥ったこともありました。しかし食育の本などを読んでいると、幼児期の食育は正しいマナーで食べることでも、残さずに最後まで食べることでもないと書かれていたのを見て安心しました。まずは食べることを楽しむ、食べることを好きになることが最優先だとも書かれていました。

もちろん食事のマナーも、残さずに食べることも大きくなるにつれて、それも大切な食育となっていきますが、0歳から2歳くらいの乳幼児は、食べることの楽しさや興味を育てることが一番です。そのためにも、食事の時間はできるだけ家族と一緒にすることが大切になってきます。家族全員が食卓にそろい、ニコニコと笑顔で「おいしいね」と言いながら食事をすると、まだ離乳食が始まったばかりの赤ちゃんも、その食卓の一員になるだけで「食べるって楽しいんだな」という感覚が芽生えてきます。

食べることに興味をもち、食事を楽しむことができれば、「残さず食べてほめられたい」「まわりの大人と同じようにスプーンやフォークを使って食べたい」という意欲が出てきます。そうなると、3歳から5歳頃の幼児期には、「正しいマナー」や「残さず食べること」、また「食べ物をつくってくれた人に対する感謝」など、「食育」の積み重ねができるようになります。

また、子どもが大好きな絵本でも、食べ物をテーマにした本がたくさんあります。パクパクと食べるまねをしたり、作る順番を覚えたりすることも幼児期の「食育」にとって大切なこと。絵本を通して、食べ物の興味を広げるのもいい方法ですよ。

保育園で実際に食べられている給食の献立&レシピ

保育園での食育はどのような取り組みをされてるのでしょうか。保育園では乳幼児を預かりますので、食育の基礎を大切にされてる施設が増えています。給食で利用されてる野菜を、子どもと一緒に園庭で育てたり、年中、年長になると調理を一緒に体験するなど、とにかく子どもが興味を持つようにしています。中には園内の調理場をガラス張りにして、子どもたちがいつでも、調理している現場を見れるようにしている施設もあるようです。

お昼は「主食(ごはん、またはパン)、主菜、副菜、汁物」おやつには蒸しパンやおにぎりなど補食となるもの、また季節を感じる旬の果物も欠かせません。レシピにも、子どもたちが食べやすいようなさまざまな工夫があります。

栄養価は高いけれど子どもが好みそうではない食材の中に「ひじき」があります。これを使ったサラダのレシピをご紹介します。戻したひじきはサッとゆで、子どもが大好きなハム、にんじんの千切り、コーンとともにマヨネーズとすりごま、少々のしょうゆであえます。煮物にするよりコーンやにんじんで彩りもよく歯ごたえも楽しめる、子どもたちにも人気の「ひじきの彩りサラダ」のできあがりです^^

保育園のレシピは園でも配布していたり、自治体のホームページで公開されていたりするものもあるそうです。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

食育月間と食育の日

毎年6月は、食育月間と言われていますがご存知でしたか。食育の浸透を図る為「食育推進基本計画」により定められました。また、毎月19日は「食育の日」として、各自治体ではさまざまなイベントが行われているんですよ。

たとえば、愛知県にある保育園では、年長さんが交代で配膳を担当し、ジャガイモの皮むきなどの下処理もお手伝いしています。広い園庭の片隅に農園を設け、ミニトマトやキュウリやナスなどを栽培しています。

また、ある都市では食育の日に合わせて、0歳から5歳までの子どもをもつ親に対し、管理栄養士が食に関するコラムや情報、レシピなどを子どもの月齢に合わせて配信しているそうです。

「食育」の土台は家庭から

「食」に関わることは家庭の問題とされてきた時代は終わり、現在は国や自治体も幼児期からの「食育」に力を入れるようになりました。幼児期から「食」を通じて家族や友だち、地域と関わり、食の楽しさや安全に興味をもつことで、心身ともに健全な子どもに育てることが大切なんですね。

家庭では、まず子どもと「食」を楽しむこと、食への興味の土台をつくることを第一に。難しく考えることはありません。家族で楽しく食卓を囲むことから始めましょう。もし家庭の中で、お仕事の関係などで、家族そろって食事することが難しい場合もあると思います。そんな時は、自治体に尋ねてみるといいかも知れません。ひとりで食事してる子どもたちを集めて、低金額で食事を提供してくれている自治体もあるそうですよ。

そんな食育資格を取得してみませんか?きっと子どものために役立つこと間違いなしです^^

あの服部先生の指導される食育インストラクターはコチラから





0