在宅ワークを目指すなら通信講座でスキルを習得

最近では子育て中や、家で仕事をしたい。という人が多くなってきています。一般に在宅ワークというスタイルですね。

また、在宅ワークを通してお金を稼ぐ人を、在宅ワーカーと呼んだりします。

今回は「在宅ワーカー」と言われる人が、どのような働き方をしているのかご紹介していきたいと思います^^

在宅ワーカーとは

在宅ワーカーとは簡単に言うと、雇用されずに働くことです。会社や企業などに属さず、クライアント(お客様)と直接やり取りすることで、お金を風具と言う働き方です。

そのため、一般的には「個人事業主」として扱われます。自宅で働く人もいますが、たとえばカフェや公共の施設などを利用して、作業を行っている人もいます。このような人も働き方という点で「在宅ワーカー」として扱われます。「在宅ワーカー」というのは仕事をする場所の問題ではなく、あくまで「働き方」で一括りにした呼称であるということです。

「在宅ワーク」と似た働き方として「内職」というものがありますね。どちらも「働く場所や時間に縛られない」という意味では同じなのですが、「法律」という点から異なってきます。「内職」の場合は「家内労働法」という法律で労働者は保護されています。仕事を依頼する会社側に対する規則や、最低賃金なども定められているので、労働者は安心して働くことができます。

一方「在宅ワーク」の場合は、法的に有効な法律などは特に定められていません。代わりに「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」といった規定も定められてはいますが、あくまで法律とは別のものになっています。

そのため、在宅ワーカーとして働く際には「自分の身は自分で守る」という基本姿勢が必要になってきます。具体的には、仕事における「契約条件」や「賃金・報酬」、「責任の所在」などの点については、自分自身で常に注意し、監視することが大切になってきます。

では「在宅ワーク」と「内職」の間では、作業面に違いはあるのでしょうか?

内職者は「委託を受けて、物品の製造又は加工等に従事する者」という形で定義されています。そのため、組み立て作業やシール貼りなど「手作業」での仕事が中心です。自分で何かを作る、というよりは、企業から送られてきた原材料に加工を施す、といった作業が大部分を占めます。

「在宅ワーク」の場合は、企業からの委託を受けるわけではなく、あくまで「個人対クライアント」という構図で仕事を行います。そのため「手作業」といった括りはなく、仕事の種類は様々です。たとえば、Webライター、デザイナー、などPCを使う専門的な仕事も多く、仕事の種類としては「在宅ワーク」の方が豊富と言えます。

在宅ワーカーとして働くためには

在宅ワーカーとして働くためには具体的にどういった手順を踏めばいいのでしょうか。

経験がゼロという人は在宅ワークに関する情報を集めてみます。手段としては、書籍やインターネット、セミナーなどがありますが、個人的にはインターネットで収集するのが一番手軽なのかなと思います。仕事の種類、報酬、仕事をするにあたっての注意点などの検索で、様々な情報を得ることができます。資格を取得するのもオススメです。資格を持つことで仕事の幅も多くなり、自信も持てます。様々な資格がありますので、在宅ワークには効率的な方法だと言えます。

また、各地で行われるセミナーに参加するのもオススメです。専門的な知識を持つ講師の話を聞けば、より在宅ワークについて理解できます。公的機関が運営しているセミナーだと、無料で参加できることもありますから、ぜひ探してみて下さいね。

「在宅ワーク」に関する理解が深まったら、次に行うのは「仕事探し」です。勤務内容、報酬などの条件を考慮したうえで、自分にあった仕事を探しましょう!

このとき、仕事を探すうえでオススメなのが、「マッチングサイト」と呼ばれる、在宅ワーク専門の求人サイトを使うことです。Webページ上で効率的に仕事を探せますし、豊富な案件の中から仕事を探すことができます。

主婦のための求人応援サイト
「ママワークス」mamaworks.jp

仕事を見つけることができれば、あなたもいよいよ「在宅ワーカー」の仲間入りです!その後、在宅ワーカーとしてさらに収入を増やすためには「実績・スキルを積み重ねる」ということが必要になります。

仕事を探してみると分かるかと思いますが、得られる報酬は仕事の種類によって違ってきます。このとき、より報酬・単価の高い仕事を受注するためには「実績・スキル」が必要です。

特に「実績」という項目は大切で、クライアントにアピールできるような、目に見える実績を積み重ねることが大切になります。目に見える実績、というと難しく聞こえるかもしれませんが、まずは「受注した仕事の数を増やす」ということから意識してみましょう。

仕事の量をこなすうちに、自然とスキルが身につき、クライアントからの信頼も集まりやすくなるので、まさに一石二鳥ですよ♪

在宅ワークのメリット

メリット1:好きな時間で働ける

何より「好きな時間」「好きな時間帯」で働けることは、在宅ワークで働く1番のメリットです。在宅ワーカーとして働く場合は、働く時間帯も長さも完全に自由。

たとえば、朝が苦手な人は午後から仕事を始めることもできますし、逆に午後から予定を入れたい場合には、午前中のうちに仕事を片付けてしまうことも可能です。

また、働く時間の長さも自分自身で決めることができます。1日に何時間以上働かなければいけない、といった規則は一切ありません。

そのため、育児や介護などと両立してお金を稼ぐことができますね^^

メリット2:好きな場所で働ける

これもまた最高にいいメリット!「好きな場所で働ける」こと。在宅ワークの場合、働く場所は完全自由。

自宅で働くこともできますし、カフェやコワーキングスペースを利用して働くこともできます。自分が1番リラックスできる場所で働くと良いでしょう。

また、たとえば小さな子どもさんがいる場合は、自宅で面倒を見ながら仕事をするというスタイルも可能です。

保育所、託児所の数も限られていますから、在宅ワーカーとして働くことで、育児に関わる不安を解消することができますよ。

メリット3:人と会って話す必要がない

うちの娘もそうなんですが、人に会って話したりするのが苦手な人や、話すのは好きでも仕事関係で人と関わることが苦手な人には、在宅ワークは大きなメリットです。

仕事の種類にもよりますが、在宅ワークは基本的に、人と会って話す必要はありません。メールやチャットツールを用いて、クライアントと最低限のコミュニケーションをとることができれば、あとは手元作業だけで仕事を完結できるので最高ですよね。

不要な人間関係を省くことができれば、日々の生活に生じるストレスは大きく軽減できるはずです。

メリット4:専門的なスキルが身につく

仕事によっては、専門的なスキルを身に付けることもできます。たとえば、ライターやデザイナー、プログラマーといった仕事を選べば、それに関連したスキル・技術を習熟させることも可能です。

もちろん、周辺知識を勉強することも大切ですが、やはり仕事を通して実践を重ねることで、揺るぎないスキルを身に付けることができます。

また、自分に何か専門性があれば、キャリアアップや収入アップにもつながってきますので、ここでも資格取得は強みになりますね。

在宅ワークのデメリット

デメリット1:仕事によっては報酬が少ない

ま、それはそうなんですけど、在宅ワークで得られる報酬は、やっぱり普通に外で働いてる人よりは少ないです。しかし在宅でも、仕事の種類によって様々です。仕事の難易度や専門性によって、得られる報酬は異なってきます。

たとえば、デザイナーやプログラマーなど、専門性が高い仕事の場合は、高単価・高報酬であることが多いです。「できる人が限られている」仕事は、報酬が高いと考えてよいでしょう。

それに対して、テープ起こしや短い文章のライディングやアンケートモニターなど、「誰にでもできる」簡単な仕事の場合は、単価も低くなる傾向があります。

案件によっては、1件1円~という仕事もあり、当然この仕事だけで生計を立てるのは難しいです。

高報酬を得るためには、すでに述べたように「スキル・実績」「資格取得」を地道に積み重ねていく努力が不可欠になります。

デメリット2:労働時間の管理が必要

在宅ワークにおけるメリットの項で、「時間的に自由である」ことについて取り上げました。しかし、捉え方によってはこれはデメリットにもなります。

確かに、好きな時間に好きなだけ働くことができる点は、魅力的だといえるでしょう。しかし裏を返せば「仕事に終わりがない」と捉えることもできます。

つまり、自分自身で区切りをつけることができないと、「いつまでも仕事をしている」という状況に陥ってしまい、結果的に「労働過多」になってしまうこともあります。

労働時間が増えてしまうと、心身の疲労につながってしまいます。また、生活習慣も不規則になってしまいがちです。在宅ワーカーとして働く場合は、自分自身で労働時間を管理する意識が必要でしょう。

デメリット3:仕事にかかる責任が大きくなる

在宅ワークは、クライアントと直接やり取りをして、仕事を行います。当然、仕事における責任は全て個人にかかってきます。

たとえば、企業に勤めている場合は、仕事に関わる責任の所在は企業にあります。何らかのミスを犯してしまっても、その責任は企業に問われるのです。

一方、在宅ワーカーとして働く場合、仕事に関わる責任は全て「事業主」である個人にかかってきます。仕事の納期を遅らせたり、何らかのミスを犯してしまった場合に、その責任は全て個人に問われるのです。

そのため、強い責任感を持って、仕事に取り組む姿勢が必要になってきます。

在宅ワーカーとして働く心構え

在宅ワークを始めるにあたって、自分がどのくらいの時間働けるのか、ということをしっかりと確認しておくことが大切です。たとえば、子育てなどと両立したい人と、在宅でも本格的に働きたい人とでは、仕事にかけられる時間も違ってくると思います。

前者の場合は、限られた時間内でしか仕事ができないかもしれません。そうした時に、自分にできる範囲を超えた仕事を受注してしまうと、発注元であるクライアントにも迷惑をかけてしまいますよね。

そうならないためにも、いざ在宅ワークを始めた時に、どのくらいの時間働くことができるのか、ということについては、あらかじめ把握しておくことが一番大切です。

在宅ワークに取り組むうえで、自分の得意分野についての理解を深めておくことも大切です。実際の仕事では、自分の得意分野を活かして案件を受注していきます。

たとえば、文章を書くことが得意とするならライター。イラストに自信がある人ならデザイナーやイラスレーターなど。

この時に、自分の得意分野をアピールすることができれば、高報酬案件の受注にもつながりますよね。

また、「どの分野のスキルを深めていくか」ということをあらかじめ決めておくと、その分野に関する習熟も早くなります。そのためにも、自分の得意分野を見極め、仕事に応募する際にアピールできるようにしておくことが大切です!

在宅ワークのデメリットにもありましたが、仕事をするうえで大切なのは、オンとオフの切り替えです。在宅ワークは労働時間の割合はすべて自分です。

没頭するのも仕方がありませんが、そこはメリハリを持って続けていく事が大切になっていきます。

せっかく、自由な時間と自由な場所でできる仕事なのに、メリハリのないダラダラした時間の使い方だと、家族との時間やお買い物、お料理も嫌になってきます。

仕事と育児の両立「ワークライフバランス」を理想としているのに、労働時間ばかり伸びて自分の時間が減ってしまうことは、本末転倒だと言わざるを得ません。

もちろん、仕事をしっかりと行うことは言うまでもありませんが、その中でも「労働時間を管理する」ことを常に心掛けて、自分の時間を大切にしましょう。

何度も言いますが在宅ワークは、クライアントとの直接的なやり取りの中で仕事を行います。具体的には、仕事内容(作業内容)とその納期を提示され、期限内に作業を行っていくスタイルがほとんどです。

この時、いかなる理由があっても締め切りは守るようにしましょう。納期を遅らせることで、クライアントに多大なる迷惑をかけてしまいます。

さらに、自身の評価も落としてしまうため、その後の仕事に悪影響を及ぼしかねません。やむを得ない事情がある場合は別ですが、「期限内に仕事を完了させる」ことは常に意識して下さいね。

まとめ

本格的に在宅ワークをしてみたいな~と思いませんか?どこでも、どの時間でも、できる在宅ワークはとても魅力的ですよね。

実は私も始めてますよ^^雨の日も、風の日も・・・どんな日でもお家で働いてます!

そのために資格もいろいろ取得しましたよ!

まだまだ頑張っていきまーす♬

在宅ワークに興味がある方は、この記事などを参考にしながら、まずは一歩を踏み出してみて下さいね!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
SEO対策からビジネス相談まで!500円から買えるココナラ
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

テレビや新聞、雑誌で注目のココナラ!
SEO対策、ビジネス相談、キャリア相談など、登録料は無料で、全て500円~で
お願いできる!
価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも?

あらゆるお困りごとはココナラにお任せ!
→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BBGWC+5URGXE+2PEO+OAWWZ

0