ドライフルーツアドバイザーの資格を取得する

ドライフルーツと言うと、そのまま食べたり、お菓子やパンに混ぜ込んだりして使われていますよね。生の果物とは違う食感や、濃厚な風味を味わえる魅力的な食べ物です。

ドライフルーツの歴史は古く、紀元前から人々に利用されてきました。それは果物を乾燥させることで、保存性が高まったからです。

冷蔵技術や輸送技術が発達していなかった時代は、食べ物の確保が難しく、保存性の高いドライフルーツは貴重な存在でした。今回は、いにしえの人々の知恵がつまったドライフルーツについて、またドライフルートアドバイザーの魅力をお話したいと思います。

保存性が高いドライフルーツ。その理由

果物には、糖質や食物繊維のほかに、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。できれば毎日食べたい食材ですが、生のままの果物は傷みやすくて、美味しく食べられる時期は短いですよね。果物を長期保存するにはどうしたらいいのか?そこでドライフルーツやジャムなどに加工する方法を考えました。

種類によって違いますが、生の果物の水分量は80%~90%のものが多く、食べごろの時期が短いといえます。その中でもイチゴなんかは食べる前にカビが生えてしまったなんてことも多いのではないでしょうか。

水分を多く含む果物はジューシーですが、カビや腐敗菌などの微生物が活動しやすい環境でもあります。そのため、数日放置しただけで、カビや腐敗菌によって食べられなくなってしまうことがあります。

ですが、ドライフルーツのように水分量を減らすと、カビや腐敗菌などの微生物が活動できなくなって保存性が高まります。
なおかつ、水分量が減ることで果物に含まれている糖の濃度が高くなり、甘くて濃厚な味わいに変化するのです。

近年では、加工技術が進み、さまざまな製法でドライフルーツが作られています。ドライフルーツの定番のレーズンやアンズのほかにも、果物の色合いを残したキウイフルーツや柔らかなマンゴーなど、彩り豊かなドライフルーツを楽しめるようになりました。

ドライフルーツは古くから人々の生活に入り込んでいた

ドライフルーツの歴史はそれほど古くないと考えている人が多いと思いますが、実際にはかなり古い歴史を持っています。

歴史をひもといていくと、紀元前6000年前にまでさかのぼります。この当時、ロシアのコーカサス地方やイラク・エジプト周辺ですでに果物が栽培されており、少しでも長持ちさせるためにはどうしたらいいのかという工夫がありました。

今でも、果物は数日で悪くなってしまいますが、当時の人はこれを乾燥させることを考えたわけです。結果的に乾燥してみたところ、甘くておいしいものができあがり、ここからドライフルーツの歴史が始まりました。

ドライフルーツの広がり

紀元前5000年頃になると、ギリシャでイチジクが栽培されるようになり、さらにブドウがイラク辺りまで広がっていったことで、ドライフルーツの種類もどんどん増えていきました。その後、さらに長い年月をかけてアジア地方にまで広がっていきます。それでもまだ紀元前の話ですのでかなり昔のことになりますが、これにより東南アジアでも保存が難しかった果物が保存できるようになりました。

日本には、平安時代に中国から伝わったという説が有力なようです。

ドライフルーツのルーツ

ドライフルーツのなりたちは、果物が自然に乾燥したものから発見されたといわれています。
果物の栽培が行われていた地中海や中東付近は乾燥した気候なので、果物の乾燥が簡単だったと推測できます。

昔の人々の知恵によって作られるようになったドライフルーツは、保存性が高く、食べ物が不足する時期の栄養源となりました。また、水分が抜けることで軽くなり、輸送や携帯性がアップしたことで遊牧民の間でも重宝されます。

このようにドライフルーツは、冷蔵技術や輸送技術が発達していなかった時代の貴重な栄養源だったのです。

レーズンはお金としても使われていた

現在でも、ドライフルーツの代表的なものにレーズンがありますが、紀元前の時代にはすでにでき上がっていました。レーズンはすでにドライフルーツとして位置付けされていたため、大流行しました。古代ローマではレーズンはとても貴重だったことから、レーズンで物々交換をしていたという歴史も残っています。

現在のようにお金がなくても生活できた時代ですので、このような知恵を絞った人がいたのも納得できます。結果的に、このレーズンは現在の日本にも伝わってきて朝食などで食べられるようになりました。

進化するドライフルーツの製法

収穫した果物を天日干しさせることから始まったドライフルーツですが、製法は進化しており、熱風乾燥、減圧乾燥、フリーズドライ、減圧フライ製法、糖置換などが行われています。

フリーズドライのイチゴはサクッとした食感になったり、減圧フライ製法のバナナはチップのようにパリッとしたり、製法の違いでドライフルーツの質感や風味は変わるのです。

一般的に糖度が50以上になると細菌、カビなどが繁殖しなくなります。
乾燥という、水分を抜く工程だけでドライフルーツを製造すると大量の水分が失われるためにドライフルーツの果肉が硬くなります。

一方、果実に糖をあらかじめ浸透させて果肉の糖度を高くしてから乾燥させると、少しの水分を抜くだけで糖度が50を超え、水分がより多く残るためにドライフルーツは柔らかくなります。

天日干しは、収穫した果物を敷物などの上に並べ、太陽の光と自然の風で乾燥させる方法です。乾燥スピードが気候に影響されるため、天日干しできる地域や環境が限られます。レーズンの産地であるアメリカなどでは、現在もレーズン用のブドウを収穫してから天日干ししています。

このように、古くから人々に親しまれてきたドライフルーツは、進化する製法とともに食感や風味も幅広くなりました。冷蔵技術や輸送技術が進化した現在でも、ドライフルーツの保存性や美味しさが活用されて、多くの人々に食べられています。

ドライフルーツアドバイザーとは?

今「栄養豊富な天然のサプリ」として注目を浴びているドライフルーツ。 最近では購入できる場所も増え身近になりましたが、選び方を間違えると逆に体に負担をかけてしまいます。 ドライフルーツの正しい知識や選び方を学び、健康・美容に役立てる術を身につけ発信できる、それが『ドライフルーツアドバイザー』です。

今日から取り入れられる、本当に使える知識が学べる!

身近だけど意外と知らないドライフルーツの豆知識や添加物の危険性、漂白剤や保存料を使わない無添加ドライフルーツを選ぶことのメリットなど、生活に取り入れられる知識も多く、様々なシーンで活かしていける資格です。

ドライフルーツアドバイザーだから学べることが盛りだくさん!

製造方法によるドライフルーツのタイプの違い、添加物の使用の有無でどのような違いが生まれるかなど、今まで知らなかったドライフルーツの知識をわかりやすく解説しています。原材料表示の見方やそれぞれのドライフルーツの特徴も解説しているので、お店で商品を選ぶ際の基準として活用できます。また、豆知識も豊富にちりばめてありますので、新しい発見がたくさんあるはず!

まとめ

いかがですか?こんなにも長い長い歴史のあるドライフルーツ。果物をドライフルーツにすることによって栄養満点となります。

朝食のヨーグルトと一緒に、お菓子作りにも、おやつに、おつまみにもいいですよね。そんなドライフルーツのスペシャリストになりませんか。

ドライフルーツアドバイザーになる方法はコチラからどうぞ^^



0