スクラップブッキング認定講師資格取得講座!通信講座の資料請求

最近、急にブームになった感のあるスクラップブッキング。どこに行ってもクラフト紙やハサミなどの道具が手に入りますよね。わたしも始めてみたものの、まだまだレパートリー少ないので、いろいろな作品をいつでも参考にできるようにまとめました!

スクラップブッキングとは

スクラップブッキングとは、写真を可愛くデコレーションしたりしながら、レイアウトして思い出をより鮮やかに残していくクラフトのことです。
カラフルなペーパーやステッカーをあしらい、そのときのシチュエーションや感想を心に込めた手書き文字(ジャーナル)で書き添えることで、思い出をより鮮明に残し、ぬくもりと共に伝えることができるというもの。

スクラップブッキングとは、1980年代にアメリカで誕生した、写真をただ貼るだけでなく美しくレイアウトした手作りアルバムとして残す、クラフトホビーです。
台紙に写真を貼り、イラストやタイトルを添え、写真ごとに思い出を書きつづり(ジャーナルとよばれます)、カラフルなペーパーやステッカ-を使って装飾することで、写真がひとつの作品になり、思い出をより鮮明な形で残すことができるのです。そのときの気持ちや状況が手作りのぬくもりを通して伝わる家族史、自分史として、また親子のコミュニケーションをとるツールとしても最適です。

スクラップブッキングの基本

スクラップブッキングの作業は、「切る」「貼る」「書く」の3つ。それぞれ下記のものをそろえましょう。

切る

ハサミ・・・ペーパーからタイトル文字などを切りぬいたり、アクセントとなる飾りを切りぬいたりするのに使います。細かい作業が多いので、先端が丸くなっているものではなく、クラフト用の先端が細くシャープに切れるハサミを選びましょう。

ペーパートリマー・・・(定規付きラインカッター)紙を一度でまっすぐカットできる道具で、インチ・センチなどの表記があるため、カットしながらサイズを測ることもできるスクラップブッキングの必需品です。

カッター(デザインナイフ)・・・ペーパーや写真をカットするときや、タイトル文字の切り抜きなどの作業に使います。細かい作業に使用する場合が多いので、曲線を切ることに適した曲線切り専用のデザインカッターがあると便利です。

貼る

※写真や作品の色あせや劣化の原因になったり、紙の黄ばみのもとになる“酸”を含まない「アシッドフリー」のものを選びましょう。

液体のり・・・細かいパーツを接着するときに使います。位置を確認するための仮止めができるものもあります。液体のりは粘着力が強いという利点がある反面、水分が多いために写真やペーパーがゆがみやすくなるという欠点もあるので、使用する際は注意が必要です。最近は使いやすいペンシルタイプも。
スティックのり・・・液体のりにくらべ水分が少ない分、写真やペーパーがゆがみにくいという特長があります。
テープのり・・・修正テープのように本体を紙や写真に押し当てて引くと、のりがつくという便利な道具。のりが乾かないのでそのまま少し置いておけたり、のり付け後すぐなら、きれいにはがせたりといった長所があります。
両面テープ・・・液体のりやスティックのりでは接着が難しい場合や大きいものを接着するとき、乾いたあとのボコボコ感をなくしたいときなどに便利です。

書く

※スクラップブッキングは長期保存を目的とするため、「水性」マーカー(染料系インキ)ではなく、色あせに強い「水性顔料」と記載のあるマーカー(顔料系インキ)を選びましょう。

ライター芯・・・一般的なペン先の形状で、写真にまつわるコメントを書くのに適しています。0.2~0.5くらいの細身のものから好みにあわせて太字タイプもあると便利です。色は、黒や濃茶系のほか、濃い色のペーパーにも書ける白色タイプがあるとよいでしょう。もちろん、さまざまな色のカラーペンがあるとさらに便利です。
カリグラフィー芯・・・ペン先を平行に切ったような形状で、カリグラフィーといわれる西洋書体を書くためのマーカーです。作品のタイトルを書くのに適しています。
ブラッシュ芯・・・線に強弱をつけられる絵筆タイプのペン先で、線に強弱をつけることができ、手描きタッチの柔らかい雰囲気をだすことができます。

作業の流れ

写真選び

どんなテーマで作品を作りたいか。テーマを決めて写真を選びます。

紙選び

写真のイメージに合わせて台紙を選びます。装飾用とし合わせて2~3枚選んでおきましょう。

クロッピング

写真をいろいろな形にクロップ(カット)することで、より印象的に見せます。

タイトルとジャーナル付け

作品に題名(タイトル)と写真に対するコメント(ジャーナル)を入れます。タイトルはマーカーやステッカーを使用して大きめに。

ジャーナルは具体的な内容を入れると、ストーリー性のある鮮明な思い出として残すことができます。

初心者でもできる、簡単スクラップブッキング

【写真選び&紙選び】
使いたい写真を選び、写真をどの位置に置くか、台紙に使うペーパーをどう組み合わせるかなど、色を確認しながら配置を考えます。

【クロッピング】
写真の下に張る、台紙(マット)や作品全体に配置するためのペーパーを必要な大きさにカットします。

切りたい大きさのラインに鉛筆で軽くしるしをつけ、ペーパートリマーでカットします。
刃をスライドさせたら、まっすぐにペーパーが切れています。
※ペーパートリマーを使用しなくても、定規と鉛筆、ハサミやカッターナイフの併用で代用できます。

カットしたペーパーです。

写真、ペーパーを配置し、接着剤で貼っていきます。

【タイトル&ジャーナル付け】
アルファベットのアクリルスタンプを使って、タイトルを無地のペーパーの上に押します。
アルファベットを一文字ずつ台紙からはがし、アクリル台につけたいタイトル文字を並べていきます。
アクリル素材のスタンプですので、簡単に貼りはがしができます。
並べ終わったら文字部分にスタンプインクをつけ、タイトルをつけたい場所に押していきます。

ジャーナル(記録文)を書き入れます。

まとめ

いかがでしたか?可愛く、また格好よく自分の思い出が思い通りにスクラップできます^^

この講座では、基礎から応用まで丁寧に1つ1つ解説しておりますので、未経験の方でも心配なく勉強することができます。豊富なデザイン技法を学ぶことで、受講後に役立つアレンジ・アイデア力を育て、お好きなオリジナルデザインにチャレンジできるようになります。

資格取得後には、自宅でスクールを開講し講師として活躍することができます。当講座で基礎からプロのテクニックまでしっかり学ぶ上、コツや注意点も細かく指導致しますので、わかりやすく講師として教えるノウハウも身に付ける事が出来ます。

また、製作した作品をネット販売したり、 イベントに出店し販売したり、雑貨店で委託販売するなど様々な働き方があり、好きな趣味を仕事に繋げ、楽しく働くことが出来るようになります。

ぜひこの機会に資格取得して好きなことを仕事にしませんか♪

くわしくはコチラからどうぞ^^ 

 

 

 

1+