プリザーブドフラワー製作講座 人気のフラワーアート

プリザーブドフラワーと言う言葉を最近よく耳にするようになりました。

そしてお花屋さんで見かけることも多くなりました。ご結婚やお誕生日などにプレゼントとして贈られるととても喜ばれます^^

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、本物の花(生花)の水分を保存料と交換させ見た目が変わらないように加工されたお花で、本物のお花を使用しているため造花ではありません。また、ドライフラワーでもありません。

保存料といっても食用の着色料などを使用しているため食べても害はありません。

プリザーブドフラワーを生み出したのはフランスのヴェルモント社。ヴェルモント社は、ベルギーのブリュッセル大学とドイツのベルリン大学との10年間にわたる共同研究の末、1987年に世界初のプリザーブドフラワーを発表。1991年には「長寿命の切花製法」として世界特許認定を取得しました。「枯れることがない」という画期性と、豊富なカラーバリエーションがアレンジメントの可能性を拡げたことから、クリスチャン・トルチュ氏やケネス・ターナー氏などのヨーロッパの著名なフラワーアーティストが相次いで作品に取り入れ、あっというまにヨーロッパ全土に広まりました。日本の花業界でも話題を呼び、メモリアルギフトやディスプレイフラワーとして人気を博しています。

製造方法

新鮮な生花を脱水作用がある脱色液に漬ける  花を取り出す  潤滑液入り着色液に漬ける  花を取り出す  乾燥  検品して問題がなければ商品になります。液は1度使うと品質が落ちてしまい、何度も利用することはできません。

永く楽しむために

プリザーブドフラワーは長持ちする花ですが、上手に保存することによって寿命をさらに延ばすことができます。知っておきたいプリザーブドフラワーの保存方法をご紹介します。

・取り扱いはやさしく
プリザーブドフラワーは加工花ですが非常にやわらかく、デリケートです。高価な花を傷めないように気をつけて取り扱いましょう。持ち運ぶ際には、決して落としたりぶつけたりしないように。プリザーブドフラワーのアレンジを作るときもやさしく手にとってくださいね。

・湿気に気をつけて
「生花と間違えて水をあげてしまった」という話もよく耳にしますが、プリザーブドフラワーに水遣りの必要はなく、むしろ湿気を与えるのは禁物。カビが発生する原因になってしまいます。香りがない花だからと香水などを吹き付けるのもやめましょう。変色や劣化を引き起こしてしまいます。屋内の湿度の低い場所に置くのが長持ちさせるコツです。

・直射日光を避ける
直射日光や強いライトが当たると花びらが褪色し、劣化を早めてしまう原因になります。いつまでも美しい花色を楽しむために、窓際などは避けて飾りましょう。

長所

  • 水を与必要がなく、イベント等に向いています。生花のようにすぐに枯れてしまう、しおれてしまうということがないので、ストレスなく飾れます。
  • 生きた植物と比べても遜色のない、瑞々しい質感と柔らかさがあります。
  • 軽い。
  • 保存環境が良ければ長い間きれいな状態で飾れます。3~10年程度。
  • 花粉アレルギーの心配が無く、病院でのお見舞いの花として利用できます。
  • ウェディングブーケとして利用した場合、長い間そのまま飾って楽しめます。

短所

  • 複雑な加工をしていることで、販売価格が高くなります。
  • 湿気に弱い。
  • 強い紫外線が当たると、少しずつ退色しますが、他の木製品や紙、布地でも退色しますので、プリザーブドフラワー固有の短所というわけではないようです。
  • 布等に長期に接していると、花の染料が色移りします。同様に、色が濃い花と、色が薄い花が長期に接していると、薄い色のほうに色移りします。
  • 種類や、色は年々増えてはいますが、プリザーブドフラワーに加工するには向かない花もありますので、生花の種類の多さにはかないません。

どんなお花を使えばいいの?

 

プリザーブドフラワーは複雑な製造工程と高度な技術を必要とするため、現在では限られた種類のお花しかありません。最も多く生産されているのはバラとカーネーション。アジサイやランもあります。お花ではないのですが、レモンリーフなどのグリーンや麦、実物なども加工されています。

「一番人気はバラ」


1987年に、フランスのヴェルモント社が世界で初めて作ったプリザーブドフラワーはバラ。現在は30色以上のカラーバリエーションがあり、生産量もトップです。「花の女王」の名にふさわしい麗しさと気品で、歴史を通じて人々に愛されてきました。バラの愛好家として知られる歴史上の有名人はクレオパトラ、フランス王妃マリーアントワネット、ナポレオン王妃ジョゼフィーヌなど。オードリー・ヘップバーンも実は熱心なガーデナーで、特にバラを愛したそう。ギリシャ神話に登場したり、「バラ戦争」の語源になったりとエピソードも豊かです。

品種や色も多種多様で、花色によって花言葉が異なります。赤バラは「真の愛情」ピンクは「上品」白は「純潔」。黄バラには「嫉妬」という、ちょっぴりドキッとする花言葉が。プリザーブドフラワーの色に花言葉を託して贈ってみるのもすてきですね。

まとめ

生花のままの美しさを何年も楽しむことができるプリザーブドフラワーが自宅で、カンタン、手軽に作れます! わかりやすいテキストに加え、製作に必要な材料・用具類も同封。日本バイオフラワー協会から技能認定も。あなたもこの機会にプリザーブドフラワー講座を受講してあなただけのサロンを開いてみませんか?お花に囲まれて仕事ができるなんて、毎日が楽しくなりますよね(^^♪

★人気のフラワーアート! >>> プリザーブドフラワー製作講座




1+