和食にすと養成講座 和食文化を次世代へ

「和食文化についての基礎知識」「郷土料理や行事食」「世界が注目する和食」「和食を支える伝統食材」など、和食にすととして持っておきたい知識が短期間で効率よく習得できるようになっています。“和食にすと”は和食の知識がきちんと身についていることを証明するものなんです。この証明があればあなたもりっぱな”和食にすと”ですよ。

日本人として知っておきたい和食のこと

日本の豊かな自然のもとで培われてきた伝統的な和食の知恵や工夫を、次の世代に伝えていくことは、私達の大きな役割だといえます。

「和食」4つの特徴

農林水産省が、ユネスコ無形文化遺産に登録申請した際に定めた「和食」の定義には、下の4項目が上げられています。

  1. 多彩で新鮮な食材とその持ち味の尊重
  2. 栄養バランスに優れた健康的な食生活
  3. 自然の美しさや季節の移ろいの表現
  4. 正月などの年中行事との密接なかかわり

特徴の解説

日本各地には、地域に根付いた多様な食材が存在しています。豊かな自然に育まれた素材の味わいを生かすため、これまでに様々な調理技術が誕生し、調理道具が発展してきました。「ダシ」に代表されるように、素材から引出した「旨み」は、日本料理の基本として現代にも続いています。また、古くから伝わってきた「一汁三菜」は、理想的な栄養バランスを持った食事スタイルであり、日本人の長寿や肥満防止にも役立っています。会席料理・懐石料理に代表されるように、調度品や器、料理に添えられた草花を通じて、季節や自然の美しさを表現することも、和食の文化を語る上で欠かせない要素のひとつです。これらの食文化はすべて、正月や祭り、節句といった年中行事と密接にかかわっており、家族や地域の人々と食事をともにすることで、絆を深め、自然の恵みに感謝してきました。

和食がユネスコ無形文化遺産に登録された理由

ユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、「日本人の伝統的な食文化」という意味での「和食」です。提案内容から引用すると、「日本人が抱く”自然の尊重”の精神を体現した食に関する社会的慣習」との説明があり、特定の調理法や具体的なメニューではなく、和食全体をめぐる日本の文化が登録されたということが分かります。

近年は、食の欧米化、食の安全、孤食、個食など、食事に関する問題が数多く提起されていますが、ユネスコ無形文化遺産の登録により、これまで長年をかけて築いた日本の食文化を、後世へと継承する動きが高まることが期待されています。

和食にすととして学べること

  • 和食の特徴・歴史
  • 和食のマナー
  • 郷土料理や行事食
  • 日本の暦
  • 和食の伝統食材

最短2ヶ月で取れる資格

和食の知識の証明・活躍の場が広がる

認定試験に合格すると、「和食にすと」の資格を認定してくれます。これは、和食全般の知識がきちんと身についていることを証明するもので、一般社団法人ホールフード協会が認定する資格です。

毎月が楽しくなるような情報も

今まで知らなかった!そんな行事が日本にはたくさん存在します。行事に合わせた食事の提供ができるとその季節をより楽しむことが出来ますよ。

コミュニケーションが円滑に

日本各地の郷土料理を知ることも出来ます。各地の郷土料理を知っているとその土地で生まれ育った方にお会いしたときのコミュニケーションにも役立ちますよ。地元の料理知ってくれている方に出会うとなんだか嬉しく思うものです。

日常生活でも意外と食事のマナーや知識が試される場面はとても多いです。
和食スペシャリスト講座では配膳の仕方はもちろんお箸の使い方、出汁のとり方まで学べます。

やってはいけない箸使い

刺し箸 

料理に箸を突き刺すこと。芋の煮物などつかみにくいものは、箸で小さく切り分けて取るのが正しいです。

渡し箸

箸を置くとき、お茶碗の上などに箸を渡して置くこと。箸置きに置くようにするといいですね。

寄せ箸

器を箸を使って動かすこと。器は手に持って動かすことは当たり前ですよね。

ねぶり箸

箸を口の中に入れてなめること。箸先を爪楊枝の代わりに使っている人をたまに見かけますが、いい気分ではないですよねこれは”せせり箸”と言いますがこれも絶対にやってはいけない箸使いです。

探り箸

汁ものや、お鍋など器の中の料理をかき回して、欲しい具を探すこともやってはいけません。

迷い箸

箸をあちこち動かして、どの料理を食べようか迷うこと。

皆さんは知らず知らずのうちに、上記のような箸使いをしてしまっていたことはありませんか?

お箸の扱い方だけでも奥が深いですよね。

年齢関係なく、お箸の扱いを気にされている人は意外と多いですから覚えておくと安心ですね。

まとめ

和食好きに自信をもってオススメできる講座です。

和食にすと養成講座では、このようにお箸の使い方や和食のマナーをはじめ、出汁のとり方や和食の文化まで幅広く学ぶことが出来ます。 「和食が大好き」な方はぜひ和食にすと基礎講座に挑戦してみてはいかがでしょうか?

詳しくはコチラからどうぞ^^

 

1+