かけはぎ技術を習得する方法

大切な衣服に虫食いやタバコの焦げ穴、かぎ裂き傷などができてしまったらショックですよね。

大切な思い出のあるものならなおさらのことです。そんな時にうれしいのが、共布を使って跡形なく修復するかけはぎ。

自分で修復する技術があればいいのになぁなんて思いませんか?

かけはぎ(かけつぎ)とは

かけはぎ(かけつぎ)とは、布地にできた穴や擦り傷などをふさぐ技術です。かけはぎ(かけつぎ)には、大きく分けて「織り込み式」「刺し込み式」「切りばみ式」「割り接ぎ式」の4種類があります。

関東地方では「かけはぎ」、関西地方では「かけつぎ」と言いますが、どちらも同じことを表します。

織り込み

縦糸と横糸を一本づつ入れていき、元の布と同じ綾を再現します。四角く刺し込むと目立つ生地も、織り込みなら綺麗に直ります。礼服等も直せます。

カシミヤの起毛している生地も綺麗に直りますし、虫ナメ等も綺麗に直ります。

ニットやカットソーも穴が大きくなければ織り込んで直すことができます。
しかし色が薄いものは目立ちやすいので、あまりおすすめできないことがあります。

糸引け・糸抜けも直ります。新品のお品物、ドレス等の糸引けも直ります。

刺し込み

共布、裾の折り返し、ポケットの中などの布を使って傷口を覆い、四辺を元生地に違和感なくはめ込みます。

共布は傷口を完全に覆えるだけの大きさが必要です。布には縦横・上下・裏表がありますので、一見すると大きさが足りる共布があっても、裾等から布を取らなければならない場合があります。また、同じ色の似たような布であっても、まったく同じ布地でないかぎり刺し込みには使用できません。

切りばみ(レース、赤布など)

     

きりばみ(きりばめ)とはアップリケのようにいろいろな布をはめ込む技法でしたが、染物のデザインとしても古くから取り入れられています。 

割り接ぎ

     

一度カットしてしまった振袖の袖です。袖の長さがなるべく短くならないように、柄の繋がりが自然になるように配慮して接ぎます。

かけはぎ技術を通信で習得できる唯一の講座

伝統的な『抜き糸方式』の技術が自宅で学べる日本初の講座。「全国クリーニング生活衛生同業組合連合会」推薦に基づいて交付される「技能認定証」は仕事を始めるにあたって大きな武器になります。

がくぶんの「かけはぎ通信講座」では「抜き糸方式」のかけはぎ技術が習得できるのですが、この方法は、元の傷が表からは全くわからないくらい、完璧に洋服が直せて、その仕上がりは新品のようです。

洋服の傷を元通りにする貴重な専門技術

衣服の虫食いやかぎ裂き傷などを、共布を使って跡形もなく修復する技術。それが「かけはぎ」です。これまで“門外不出”とされ、技術の公開はもちろん、これを専門に指導する機関もなかった貴重な専門技術です。

技術者不足で需要が高く、在宅ワークに最適

技術者が圧倒的に不足しているため、小さな傷の直しでも効率良い収入が得られ、在宅ワークに最適です。良いものを長く着る人が増えて需要が高まる今、技術者が求められています。

これで稼げる!確かな技能

かけはぎ技術で得られ る収入は、5mmの小さな傷直しでも5000円が目安。高価な服になればなるほど料金はさらに高くなります。この報酬の高さは、かけはぎが専門性の高い貴重な技術である何よりの証拠です。

「就業の手引き」を教材にセット

習得した技術をお仕事に活かすためのノウハウを満載した「就業の手引き」を差し上げています。成約率の高いアプローチ方法や、そのまま使える受付票の見本などがあなたの活動を後押しします!

初心者でも楽しくマスターできる!

写真や図解が豊富なテキストと実物の布地を使った実践的なカリキュラムだから、初心者でも大丈夫。ベテラン講師のていねいな個別指導で、楽しみながら仕事に結びつく技術が身につきます。

かけはぎの資格が人気な理由

  • 貴重な専門職で、小さな傷の修繕でも高い技術料がもらえる
  • かけはぎの仕事をするには、かけはぎの資格が必要なので出来る人が限られる
  • クリーニン店や洋服店などで、かけはぎの仕事をする際に有効
  • 仕事の需要は多いけど出来る人が不足している
  • 基本的に自分のペースで仕事ができる

まとめ

いかがでしたか?貴重な専門職のため、小さな傷の修繕でも高い技術料が得られるので、自宅でフリータイムを活用してできる主婦の副業に最適です。

あなたもかけはぎの技術を習得して、手に技術を持つスペシャリストとして仕事を始めてみませんか。

詳しくはコチラからどうぞ^^



2+