カラオケ歌唱力を習得する方法 カラオケ歌唱力講座

私もよく利用するカラオケですが、歌が上手な人に共通するものってなんでしょうか。

私は好きな歌を好きに歌ってます^^しかし、歌唱力講座で歌を勉強すればどのようになるのでしょうか。

では、歌が上手な人って?

リズム感が良い

一つのビートに集中できる、音の種類を分解してキャッチすることができる、テンポを把握して、一定の間隔を取ることが感覚的にできる人。

プロの歌手でもリズムが崩れてしまうことがあり、課題として受けとめる人も多いようです。細かい音符の中にたくさんの言葉を当てはめるラップなどの場合、呼吸のタイミングを失えば一気にテンポが崩れますし、ラップ特有のリズム感に依存する「加速性」を失ってしまいます。リズムに乗るだけではなく、テンポをキープできる力も必要です。ただ歌えるだけでは成り立たないのが「歌」の世界です。

歌声にメリハリがある

歌の表現力を大きく伸ばすのが、声の抑揚です。抑揚のしっかりした歌声は、それだけで上手く聞こえます。歌声にメリハリを付けるためには、ブレスが大切です。たっぷり息を吸うことに意識を持っていくと、歌い出しに勢いが増しますし、長いセンテンスの歌詞も一息で歌いきれます。歌詞をよく読み、歌詞の意味を勉強することも大切です。また、楽譜と歌詞をチェックすることも、抑揚をつけるための良いポイントとなります。声の抑揚は歌においても、単調ではない表現につながります。
抑揚のない歌は、セリフの棒読みと同様に聞いている人を飽きさせてしまいます。

どの音域でも綺麗に歌詞を発音できる

歌を歌うときには、無理のない程度に高めのキーで歌うと、声に張りが出て美しく聞こえます。
それよりも高いキーで歌うと、歌っていても苦しいし、キンキン声になってしまって聞き苦しい。反対に低いキーで歌うと、張りのない歌になってしまいます。

歌詞を丁寧に発音することで、歌が上手く聞こえるために非常に重要なポイントになります。歌はリズムや音程、抑揚がつくため、歌詞を無意識に誤魔化してしまうことがあります。歌詞を綺麗に発音できるだけで、歌の上手さは格段に上がります。
上達のコツは、お腹の底からの声だしを意識することと、滑舌を良くすることです。日頃から意識して口を大きく動かし、顔の筋肉を鍛え、早口言葉などで滑舌を練習しましょう。
「タチツテト」や、「パピプペポ」の発音はなかなか聞き取りづらいものです。また発音の仕方が悪いと、ただの破裂音になり耳触りになってしまいます。歌詞を音読し自分でも心地よく聞き取ることができるかを確認しましょう。

ビブラートやミックスボイスなどのテクニックが使える

一流のシンガーなら必ずといっていいほど体得している歌声ミックスボイス。そしてビブラートはかけるものではなく、かかるものです。ミックスボイスができれば自然とかかる

伸びやかな声に艶のあるビブラートは、歌の上手さで特に目立つポイントです。ビブラートを上手く響かせるには、身体で歌うという意識を持つことが大切です。腹筋を鍛え、横隔膜を意識することで、少しずつ習得できます。声を伸ばす時は喉に意識を置いてみましょう。特有のうねりが出せるかもしれません。
また、ミックスボイスは裏声の一種で、地声から自然に高い声を出すテクニックです。口を閉じて鼻歌を歌い、低い音から高い音まで何度か繰り返したあと、鼻歌を口から出してみると、自然にミックスボイスが出ます。裏声を鼻に響かせて出すことで、いきなり声を裏返らせずにスムーズに歌えます。

歌が上手いとは=カラオケの点数が高いではない

このところ、カラオケのスコアで優位を争う番組が増えています。このカラオケの点数が高い=歌が上手いとは限りません。カラオケのスコアは便宜上音程やリズムが登録されており、それにどれだけ沿って歌えるかが加点の対象となります。

番組の中ではオリジナルを歌う歌手が素人に負けてしまうといった場面も出てきます。これは、歌手が歌詞の意味の解釈を十分に行い、自分ならではのタメやブレスを行っているからです。

歌手自身の「聴かせどころ」をカラオケマシンは認知することができず、「抑揚が効き過ぎ」であるとみなし減点対象としてしまうからです。カラオケで100点=「マシンのプログラムを攻略できた」ととらえるのが本来の意味合いとして正しいでしょう。

カラオケ歌唱力講座

内閣府認証特定非営利活動法人「日本カラオケ歌唱力検定協会」の 検定に対応!1日10分、DVDを見ながら楽しくレッスン。プロ歌手と同じ歌唱指導で、あなたもめきめきと歌がうまくなります !世代を超えて楽しまれ、常に人気の趣味として上位にあがるカラオケ。「もっと上手に歌いたい!」「カラオケで注目されたい!」という方に願ってもない通信講座です。

日本カラオケ歌唱力検定協会の公認講座です

カラオケ歌唱力講座の教材と学習システムは日本カラオケ歌唱力検定協会監修のもと、カラオケシステムで有名な(株)タイトーが開発。 同協会が主催する「日本カラオケ歌唱力検定」を1回無料で受けられる特典もあります。

「日本カラオケ歌唱力検定」とは

内閣府が認証した特別非営利活動法人で、カラオケを通して地域の活性化と健康的で文化的な社会づくりに貢献する団体です。カラオケ愛好者を対象として、歌唱力の検定も行っています。

自宅にいながらプロと同じレッスンが受けられる

DVDとテキストではプロ歌手と同じ歌唱法を丁寧に解説します。学習の成果はあなたが録音した歌を聞いて、講師の先生方が講評とアドバイスを加えてお返しします。あなたの歌唱力が検定レベルでどれくらいかもわかり、さらなるレベルアップのきっかけになります。

全18曲が上手に歌える!

本講座では初級・中級・上級までで18曲の課題曲が用意されています。課題曲には段階を追って「歌がうまくなるポイント」のレッスンが組まれているので、課題曲18曲の学習を修了した時には歌唱力がグーンとアップしているのを実感できます。

カラオケで心と体の健康維持ができる

カラオケ歌唱力講座の教材と学習システムは日本カラオケ歌唱力検定協会監修のもと、カラオケシステムで有名な(株)タイトーが開発。 同協会が主催する「日本カラオケ歌唱力検定」を1回無料で受けられる特典もあります。

1日10分DVDを見ながら楽しく練習するだけ

上達方法は1日10分程度、レッスンDVDを見るだけ。課題曲には上達のポイントが入っていて、有名講師がしっかりと解説してくれるので1曲終えるごとに自然と上達が感じられます。

まとめ

歌が上手いと思ってもらえるポイントを実践すると、確実に歌唱力が上がります。

大好きなカラオケで大好きな歌を歌うなら、楽しく練習して歌唱力アップを目指してみませんか。

詳しくはコチラからどうぞ^^

★好きなことを仕事にできる資格&スキル完全ガイド【情報満載のガイドを無料でお届け】

1+