今からでも遅くない!通信制高校なら無理なく卒業資格が取れる

いろいろな事情で高校に行けない、行かない人も多くいると思います。しかし、将来を考えたとき、やはり高校を卒業するということは就職など働く場においては大切なことです。だからどうか自分の好きなことをみつけて、明るい未来に前進してみて下さいね。

飛鳥未来高等学校 (その夢も、自分らしさも、きっとうまく行く)

飛鳥未来高等学校の紹介

飛鳥未来高等学校(単位制・通信制高校)は、全国に大学と専門学校合計51校を運営している学校法人三幸学園が母体となる通信制高校です。
面倒見の良さが三幸学園のウリ!自由に登校出来るベーシックコースと、しっかり週3日間で登校する3DAYコース、興味のある事を学びながら卒業を目指せる5DAYコースと、あなたにあった学習方法がきっと見つかります。
奈良本校のほか、札幌、仙台、東京、千葉、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡にキャンパスと、全10主要都市の交通至便な場所にスクーリング会場がありますので、自宅から通いやすい会場を選べます。この通いやすい会場に、年間20日程度通うだけで、卒業が可能!

飛鳥未来高等学校の特長

上級学校に専門学校や大学があるので、優先的に進学できます!

全国に多くの学校を持つ三幸学園が母体である当校は、全国10都市にある姉妹専門学校、東京未来大学(通信課程)に優先的に進学できる通信高校です!専門学校の種類は、医療・福祉・スポーツ・ビューティ・ブライダル・保育・スイーツ・調理があり、大学には東京未来大学があります。また【トライアルレッスン】という仕組みを活かして、在学中から各企業での職場体験や見学も積極的に行うことができるので、自分の進路決定も役立ちます。

教師は全員カウンセリング資格を取得!

飛鳥未来高校学校の教員は全員、カウンセリングの資格を持っていて、いつでも生徒の悩み相談に対応することができます。
学校生活について、授業内容についていけるか、人間関係など、様々な不安や悩みを解消できるようしっかりサポート!
安心して高校生活を送ることが可能です。

メイクやダンスなどの興味を引く授業もいっぱい!

好きなこと、やりたいことをを見つけるための「トライアルレッスン」。主なトライアルレッスンにはダンス、ダイビング、ネイルアート、メイクアップ、保育などがあり、英検や秘書検定などの資格取得も可能です!やってみたことのないことに挑戦するのは誰しも緊張したり不安になりますが、「まず1歩ふみだしてみる」ことで、新しい自分の可能性に出会えるチャンスが生まれます!
また、美容師免許取得コースなら卒業と同時に美容師免許が取れます。

目指せる職業

医療秘書
スポーツインストラクター
ネイリスト
メイクアップアーティスト
保育士
美容師
ホームヘルパー
パティシエ
ウェディングプランナー
ブライダルコーディネーター
登録販売者
歯科アシスタント
診療情報管理士
幼稚園教諭
スポーツトレーナー
医療事務
介護福祉士
ベビーシッター
カフェオーナー
カフェレストランシェフ
ショコラティエ
バリスタ
フードコーディネーター
ブーランジェ
ヴァントゥーズ(製菓販売員)
メディカルトレーナー
サッカートレーナー
エステティシャン
ドレスコーディネーター
フラワーコーディネーター
ジュエリーアドバイザー
パーソナルトレーナー
アスレティックトレーナー
野球トレーナー
チャイルドスポーツインストラクター
福祉スポーツインストラクター
スイミングインストラクター
エアロビクスインストラクター
スクーバインストラクター
テニスインストラクター

取得できる(目指せる)資格

高校卒業資格
英検
秘書検定
CGクリエイター検定3級
ウェブデザイン技能検定
マルチメディア検定3級
ネイリスト技能検定試験3級
トータルメイクアップ検定
美容師免許

まとめ

ちなみにですが、うちの娘もこの飛鳥未来高等学校の卒業生ですよ^^あのモデルのニコるんもですよね♪

うちの娘は、中学を卒業してから飛鳥未来に入学したわけではなく、別の高校に進学したのですが一学期もまともに行く事なく、飛鳥未来高等学校に転入しました。結果転入させてよかったです^^卒業もできましたし、就職もできました^^一安心です。

やらなくてはいけないことは良くわかっているけれども、自分の意思でやりたいことがないために、将来に対して希望がなく、無気力になっている子が多くなります。高校生の進学は、大学や専門学校など、将来の職業選択にもかかわっているため、どのように生きて行けば良いだろうかという自分自身のアイデンティティについて深く悩んでいます。

出席しなければ単位が取得できないという現実に直面し戸惑っていることが少なくなく、一方で進路について決断することを回避するために、時間ばかりが経過していく恐れがあります。

高校生になると、自我が確立されつつあり、親の方針では動かせなくなってきます。将来に向けて動き出していくためには、親と第三者が協力して、子どもの気持ちを否定せずに受け入れながら、少しでも興味のあることが見つかるまで、一緒に伴走していく必要があります。

本人が一番焦っているため、世間体や同級生との比較を持ち出していけません。見聞を広げるための機会や情報は提供しながらも、子ども自身が自らの意思で選択し、実行し、達成するまでを粘り強くサポートしていくことが大切です。

子ども自身が「これだ」と思うことを見つけることができると、大学受験など目標を達成するために通過しなければならないことにも打ち込めるように変わってきます。

人生には一つしか道がないと思いがちですが、そうでないということを子どもに伝えてあげると子どもも安心します。いろいろな方法で前進できるように道を作ってあげて下さいね。

厳選専門学校・スクール特集
美容・ビューティ業界編


 

 

 

1+