通信講座ユーキャンで保育士の資格を取得を目指す方法
この記事のポイント

・オンラインでスマートフォン、パソコンから様々な講座/資格を気軽に受講できる通信講座で人気高い「ユーキャン」で「保育士」の資格取得を目指せる解説。

・「保育士」がおすすめな方や「ユーキャン」の通信講座の特徴をご紹介。

・資格取得した後の「保育士」を活かした就職など具体的な提案。

株式会社 ユーキャンが運営するスマートフォンやパソコンから、オンラインだけで場所問わずに気軽に受講や資格試験を受ける事ができる、男女問わず人気高い「ユーキャン」にて、「保育士」の資格取得講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介いたします。

ユーキャンでは「調剤薬局事務資格取得講座」など、たくさんの講座がありますのでご覧ください。

保育士とは?

保育士とは、かつて「保母」や「保父」と言われていたもので、児童福祉法第18条において、「登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」と規定されています。

「保育のプロ」として、生涯役立つ国家資格です。

子どもが好きな方には天職ともいえる仕事で、出産や子育ての経験も活かせます。昨今は特に社会的ニーズも高まっており、保育所や児童福祉施設など活躍の場も多彩です。

保育士のメリット・デメリット

メリット

・大好きな子どもの成長を間近で感じ取れる

・保護者と信頼関係を築くことができる

・雇用形態や活躍する場所がたくさんある

・何より、社会に貢献できる仕事

たくさんの子どもたちが日々成長していく姿を間近で見守り、関われる楽しさは、大きなやりがいです。初めて歩いたり、初めて言葉をしゃべったり、これまでできなかったことが一つ一つできるようになっていく子どもの成長を間近で感じることができます。小さな頃から見守ってきた子どもが成長して卒園を迎えたとき、いろいろな思い出がよみがえり深い感動を味わうことができます。

保護者の中には、育児に関して様々な悩みを抱えている方もおり、保育士が相談を受けることも少なくありません。保育士ならではの育児の知識・経験で、解決に導くことができます。そうして育児の悩みを抱える保護者の力になることができれば、保護者と信頼関係を築くことができます。

家庭の事情や健康上の理由などで長時間の勤務が難しい場合は、契約社員、派遣社員、パートという形で保育士を続けることが可能です。正規雇用以外の形態で働く場合は残業や休日出勤がかなり免除されますし、午前または午後だけ働くということもできます。※各勤務状況による

保育士は、全国的に社会問題となっている待機児童問題の解消や、子を持つ共働き世帯に対する支援という面においても、大変に重要な役割を担っています。保育士がいなければ保育施設も安全に子どもを預かることができませんし、保育士がいるからこそ、共働きの世帯でも安心して仕事をすることができます。

デメリット

・人間関係

・人材不足

・働き方改革により、改善傾向も

魅力あふれる保育士ですが、ハードで大変な仕事でもあります。近年は男性の保育士も増えてきていますが、保育士の約9割は女性です。そのため、女性ならではの人間関係でのトラブルが起こることも。また、保護者の対応に悩まされる場合もあります。理不尽な要求やクレームを繰り返すモンスターペアレントの対応に追われ、悩みを抱えている保育士もいます。

さらに、保育士は慢性的な人材不足の現状があります。保育所に入りたくても入れない「待機児童」は、都市部を中心に現在16,000人以上もおり(20194月現在)、今や社会問題に。そのため、保育士の仕事量の多さや長時間労働も大きな問題になっています。

しかし、20194月から「働き方改革関連法」が施行され、保育士業界にも様々な影響を与えています。一つは、「有給休暇取得の義務付け」です。これまで、有給休暇には取得についての義務はなく、人手不足の保育業界は有給休暇を取りにくいという傾向がありました。しかし、法改正により、年間10日間の有給休暇を付与される労働者を対象に、年5日の有給休暇の取得が義務付けられるようになったのです。これにより、確実に有給休暇を取得できるようになり、保育士にとってさらに働きやすい環境が整うことになるでしょう。

保育士の資格を活かせる就職

保育士が働く職場として保育園をイメージする人は多いですが、保育士の資格を活かせる職場は保育園だけではありません。

年々、保育が必要とされる場は多様化しており、さまざまな場所で保育士が必要とされています。子どもたちの預かりや保育を行っている主な施設は、下記の14種類です。

  • 幼稚園
  • 認定子ども園
  • 病児保育室
  • 院内保育所
  • 企業内保育所
  • 託児所
  • 児童福祉施設
  • 保育ママ
  • ベビーシッター
  • ベビーホテル
  • 学童保育・児童館
  • 介護施設
  • プリスクール
  • 放課後等デイサービス

ユーキャンの「保育士資格取得講座」の特徴

ここまで保育士についてや、保育士の向いてる方について説明しましたが、通信講座を使って保育士の資格を取得したいと考えてる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、ユーキャンが提供している「保育士」資格取得講座の特徴を紹介します。

ユーキャンから1,476名の合格者が誕生

ユーキャンの通信講座は30年以上の開講実績があります!平成13年〜令和元年の19年間では、合格者累計20,000名を突破してます。
また、2019年度保育士試験合格者18,330名のうち、ユーキャン合格者数は、1,476名!
毎年、多くの受講生に支持され、たくさんの保育士を送り出してきた安心の講座です。

初めてでも、忙しくてもユーキャンなら安心

受講生の91.4%が学習経験のない方です。また、7割以上の方がお仕事をしながら受講しています。初めて学習される方や、家事・育児・仕事でお忙しい方もムリなく学習を進められます。

ポイントを絞り込んだオリジナル教材

過去の試験を徹底的に分析し、試験に出ると予想されるポイントを絞り込んだオリジナル教材。理解しやすい工夫が満載で、効率よく合格力が身につきます。
さらに、実技対策試験として、ポイントがよくわかる動画が用意されてます。過去の出題傾向を踏まえ具体例をあげて解説するので、押えるべきところがすぐに理解できます。

添削課題で実力アップ

添削は、添削課題9回と総合課題1回の全10回。あなたから提出された解答は、コンピュータ分析をしたうえで、詳しい解答と解説を加えて返却があります。
自分では気づきにくい弱点も一目瞭然!合格に必要な「弱点なし」の状態へ、自然に持っていくことができます。

この他にも心強いサポートが満載です。教材に不明な点があれば気軽に質問できます。

標準学習期間は12ヵ月ですが、翌年の前期試験まで添削や質問など、すべての指導サービスが受けられます。忙しい方も安心して受講できる、嬉しいサービスです。

まとめ

子どもたちの成長を見守る保育士は、楽しくてやりがいのあふれる仕事。「保育のプロ」として、生涯役立つ国家資格です。

子どもが好きな方には天職ともいえる仕事で、出産や子育ての経験も活かせます。共働き世帯の増加や待機児童の増加により社会的ニーズも高く、保育所をはじめとした児童福祉施設など、活躍の場も多彩です。

ユーキャンの「保育士」講座では、忙しい方でも無理なく学べるよう、工夫満載のオリジナル教材をご用意。実技試験に対応した副教材や、添削指導・質問サービスなど、サポートも充実しています!

保育士を目指したい方はユーキャンの保育士資格取得講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。

生涯学習のユーキャン