通信講座ユーキャンで「福祉住環境コーディネーター」の資格を取得する
この記事のポイント

・オンラインでスマートフォン、パソコンから様々な講座/資格を気軽に受講できる通信講座で人気高い「ユーキャン」で「福祉住環境コーディネーター」の資格取得を目指せる解説。

・「福祉住環境コーディネーター」がおすすめな方や「ユーキャン」の通信講座の特徴をご紹介。

・資格取得した後の「福祉住環境コーディネーター」を活かした就職など具体的な提案。

株式会社 ユーキャンが運営するスマートフォンやパソコンから、オンラインだけで場所問わずに気軽に受講や資格試験を受ける事ができる、男女問わず人気高い「ユーキャン」にて、「福祉住環境コーディネーター」の資格取得講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介いたします。

ユーキャンではこの他にも「調剤薬局事務資格取得講座」など、たくさんの講座がありますのでご覧ください。

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対して安全に、そして快適に暮らすための住環境を提案するアドバイザーです。

要介護者や障害者、あるいは高齢になり体の動きが難しくなった時、一般的な住居は移動しにくかったり不便だと感じたりする点がいくつもあります。そうした人々の視点にたち、知識をもってより快適な生活が送れるよう手助けをすることができます。

福祉住環境コーディネーターがおすすめな方

仕事のスキルアップを目指したい方

生活の基本である「住宅」について学べるので、仕事のスキルアップや就職・転職はもちろん、毎日の暮らしに活かすことも。誰にとっても役に立つ、狙い目の資格です。

福祉や医療の現場で、さらなる活躍を目指してる方

福祉や保健・医療関連のお仕事をしている方のスキルアップにおすすめです。知識の幅が広がり、在宅介護や介護施設における問題点の発見・解決につなげることもできます。
福祉用具の知識についても学ぶため、福祉用品メーカーや販売会社で働く方にも役立ちます。

建築、住宅設備関係で働く方

ハウスメーカーや工務店、住宅設備会社など、建築業界で働く方にもおすすめ。介護リフォームの相談やバリアフリー住宅への建て替えの際、より適切な提案ができるようになります。

インテリアデザインに、福祉の知識を取り入れたい方

ユニバーサルデザインの、さらに先へ。インテリア業界で活躍する方にも福祉用具や医療の知識は活かすことができます。見た目のデザインやただ使いやすさを重視するだけでなく、高齢者や障がい者にも暮らしやすいインテリアを。
また、行政機関や公共施設、NPO法人で働く方など、幅広い分野の方がこの資格を役立てています。

ユーキャンの「福祉住環境コーディネーター」資格所得講座の特徴

毎年、多くの方に選ばれています

2002年に開講したユーキャンの福祉住環境コーディネーター講座。これまでの受講生は累計で8万3千人以上!毎年、多くの合格者を送り出し、たくさんの受講生に支持されてきた人気の講座です。

わかりやすさが大好評のテキスト

テキストはイラストや図解が豊富で、スッキリ読みやすい構成に!重要部分が一目で分かります。
レッスンは毎日ほんの数ページ。仕事や家事の合間などにマイペースに学習できるので、忙しい方でもムリなく続けられます。

6ヵ月でダブル合格も

ユーキャンなら、初めての方でもわずか6ヵ月で福祉住環境コーディネーター3級・2級の合格力が身につきます。
3級と2級は同日試験なので、1日でダブル合格を目指すことも!2級まで取得すると、就職・転職や現在のお仕事にも活かすことができます。

試験突破に役立つ情報をお知らせ

直近試験の対策や福祉住環境に関するニュースなど、役立つ情報は適宜お知らせ!ご自宅にいながら、独学では手に入りにくい重要な情報をきちんと知ることができるので安心です。

充実したサポート

・質問サービス 

Webテスト

指導サポート期間延長

  • 学習内容について、わからないことが出てきたらメールなどで気軽に質問することができます。。知識豊富な講師陣が、わかりやすく丁寧に答えてくれます。疑問点を残さず、スムーズに学習を進めることができます。
  • ユーキャン受講生のサポートサイト「学びオンライン プラス」を使えば、スマホやパソコンを使ってスキマ時間に学習が可能。
    復習にぴったりな「お手軽webテスト」など、お役立ちコンテンツが満載!登録料・利用料無料なので、これがあれば安心です。
  • 添削・質問などすべてのサポートは、標準学習期間(6ヵ月)を過ぎても、試験月まで受けられます。
    さらに、受講開始から直近の試験日までが標準学習期間(6ヵ月)に満たない場合は、その次の試験月までサポートしてくれます。その際の面倒な手続きなどは一切必要ありません。

福祉住環境コーディネーターを活かした仕事

資格取得後は、介護関係の職場で働く方のスキルアップや就職・転職で役立つほか、バリアフリー住宅を扱う工務店やリフォーム会社、福祉用具メーカー、福祉用具の販売・レンタル会社など、幅広く活躍が期待できます。
また、身につけた知識は家族の将来に備えた住宅リフォームやボランティアなど、自身や家族の暮らしに活かすことも可能です。

まとめ

「福祉住環境コーディネーター」を取得するメリットは、身体機能や能力の改善だけでなく高齢者や障がい者とその家族が安心して暮らせる住宅環境をコーディネートできる人材になれることです。 また、取得者がまだ少ないためアドバイスを求められることも多くなり、職場で頼られる存在となること間違いありません。

「福祉住環境コーディネーター」の資格を取得したいと考えてる方はユーキャンの「福祉住環境コーディネーター」で詳しい説明がありますのでご覧ください。

生涯学習のユーキャン