通信講座ユーキャンで「レクリエーション介護士2級」の資格を取得する
この記事のポイント

・オンラインでスマートフォン、パソコンから様々な講座/資格を気軽に受講できる通信講座で人気高い「ユーキャン」で「レクリエーション介護士2級」の資格取得を目指せる解説。

・「レクリエーション介護士2級」がおすすめな方や「ユーキャン」の通信講座の特徴をご紹介。

・資格取得した後の「レクリエーション介護士2級」を活かした就職など具体的な提案。

株式会社 ユーキャンが運営するスマートフォンやパソコンから、オンラインだけで場所問わずに気軽に受講や資格試験を受ける事ができる、男女問わず人気高い「ユーキャン」にて、「レクリエーション介護士2級」の資格取得講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介いたします。

ユーキャンではこの他にも「調剤薬局事務資格取得講座」など、たくさんの講座がありますのでご覧ください。

レクリエーション介護士とは?

レクリエーション介護士とは、自分の趣味や特技を活かしながら、高齢者の状態に合わせたレクリエーションを提供するスキルがあることを認定する資格です。「レクリエーションを学びたい」という現場の声をもとに、経済産業省の”多様な「人活」支援サービス創出事業”の一環として2014年に誕生しました。

介護レクリエーションは高齢者の「生活の質」の向上を促し、健康維持・促進をサポートする方法の一つとして、強く求められています。

レクリエーション介護士がおすすめな方

介護業界に興味のある方

レクリエーション介護士2級には受験資格がなく、介護業界への入門資格にぴったりです。
介護の基礎とレクの知識を同時に学べるので、介護の知識や実務経験のない方もムリなく挑戦できます。

介護・福祉業界で活躍中の方

介護施設で働く方の中には「もっと利用者の方に喜んでもらいたいけど、なかなかレクのアイデアが浮かばない」「最近レクがマンネリ化してきてるような…」とお困りの方も多いのではないでしょうか?

レクリエーション介護士は、レクの計画・提案から実施までを行うプロ! 学習を通してレクの知識も広がり、安全で楽しめるアイディアの提案も可能になります。

ボランティア活動に興味のある方

「ボランティアで社会に貢献したい!」という方にも、おすすめの資格です。
正しい知識がないままレクを実施している介護施設も多く、レクの知識を持ったボランティアの支援が求められています。

新しい介護の資格に興味がある方

レクリエーション介護士は2014年に誕生した、比較的新しい資格です。
レクリエーションは単純な娯楽ではありません。高齢者の生きる喜びと楽しみを生み出すことを目的に行われ、介護業界で重視されています。
介護レクリエーションを実践してみたいという方は、ぜひチャレンジしてみてください。

ユーキャンの「レクリエーション介護士2級」資格取得講座の特徴

3ヵ月の短期速習

初めての方でも3ヵ月で知識・スキルが身につく!しかも1日の学習時間の目安は、わずか30分~1時間。仕事や家事で忙しい方もムリなく学習を続けられます。

合格に必要なものはセットで届く

テキストはB5版のコンパクトサイズで、持ち運びにも便利です。
イラストや図表が豊富でわかりやすく、介護の知識・経験がない方も安心して学習できます。
レクの動きを目で見て学べるDVD教材や、資格取得後も使える「アイデア集」など、ずっと使える副教材も一緒にお届きます。合格に必要なものは一式セットになっています。

試験はご自宅で受けられます

ユーキャンの「レクリエーション介護士2級」講座は試験協会認定講座。そのため、教材と一緒に届く第4回までの添削課題と最終課題(資格試験)を提出し、最終課題で60%以上の点数を取れば合格となります。受講期限内ならおウチで合格するまで試験に挑戦できるので、忙しい方も安心です。

充実したサポート

・質問サービス 

添削指導

指導サポート期間延長

  • 学習内容について、わからないことが出てきたらメールなどで気軽に質問することができます。。知識豊富な講師陣が、わかりやすく丁寧に答えてくれます。疑問点を残さず、スムーズに学習を進めることができます。
  • 提出した課題は講師が丁寧にチェックして、 レクリエーションを提案する際に使用する“レクリエーション企画書”の添削もあるので、添削を通して仕事に役立つスキルが身につきます。
  • ユーキャン「レクリエーション介護士」資格取得講座の学習期間の目安は3ヵ月ですが、「忙しくてどうしても学習のペースが遅れがち…」という方も大丈夫。受講開始から12ヵ月まではすべての指導サービスが受けられます。

資格取得後は、主に介護施設や高齢者施設、デイサービスなどで活躍しています。

まとめ

レクリエーションとは、ただ楽しければいいというわけではありません。ご利用者様本人がやりたくない事や興味の無い事を強要されても、かえって苦痛になってしまいます。大切なのは、ご利用者様の目線で「本当に必要なレクリエーションは何か」を考える事です。

それによって「また来てちょうだい」「面白かったわ」と、学習を通して身につけた知識を活かせば、レクに参加した方にきっと満足していただけるはずです。高齢者の皆さんが楽しむことで、活動への積極的な参加につながり、「生活の質」の向上に貢献できます。

レクリエーション介護士資格を取得したいと考えてる方はユーキャンの「レクリエーション介護士2級」資格取得講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。

生涯学習のユーキャン