通信講座ユーキャンで「介護食コーディネーター」の資格を取得する方法
この記事のポイント

・オンラインでスマートフォン、パソコンから様々な講座/資格を気軽に受講できる通信講座で人気高い「ユーキャン」で「介護食コーディネーター」の資格取得を目指せる解説。

・「介護食コーディネーター」がおすすめな方や「ユーキャン」の通信講座の特徴をご紹介。

・資格取得した後の「介護食コーディネーター」を活かした就職など具体的な提案。

株式会社ユーキャンが運営するスマートフォンやパソコンから、オンラインだけで場所問わずに気軽に受講や資格試験を受ける事ができる、男女問わず人気高い「ユーキャン」にて、「介護食コーディネーター」の資格取得講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介いたします。

ユーキャンではこの他にも「調剤薬局事務資格取得講座」など、たくさんの講座がありますのでご覧ください。

介護食コーディネーターとは?

介護食コーディネーターとは、高齢の方などに安全で美味しい介護食を提供する資格のことです。 高齢者のための介護食作りが学べる実践講座。栄養や食事介助などの基礎知識をベースに、介護食ならではの調理法やコツをやさしく身につけます。

介護食コーディネーターがおすすめな方

ご家族の食事作りに不安を感じている方

「最近食が細くなってきた」「固いものが食べられない」など、毎日の食事作りに不安を取り除いてくれます。
どんな風にカットしたら食べやすいのか、正しくとろみをつけるためにはどう調理したらよいか。各食材の調理の工夫の仕方を学べば、介護食作りに自信が持てるようになります。
食事の介助方法や配膳方法も身につくので、いつも安全な食事を提供できるようになります。

レシピ例
  • マカロニグラタン コーンスターチを使って作る、簡単で失敗しないグラタンです。マカロニをやわらかく煮るのがポイント

  • ケチャップライス 食べやすいので、普段の食事はもちろん、パーティーにもおすすめです

  • 大根もちのお雑煮 お正月に一緒に食べたいお雑煮。普通のお餅を大根もちにすることで、食べやすくなります。

介護・福祉の仕事をされている方

訪問介護の仕事をされている方や、グループホームの職員さんなどにもおすすめ。食事作りは特に気を使う一方、調理研修を受ける機会もなく、自己流という方もいるのではないでしょうか。
正しい知識とスキルがあれば、限られた時間のなかでも、おいしく安全な介護食が作れるように。利用者さんの満足度アップにもつながります。

ご自身の将来のために備えたい方

今のうちに介護食作りのノウハウを身につけておけば、将来ご自身やご家族の方が高齢になったときの安心材料に。「年齢を重ねても、いつまでも食べる楽しみを感じていたい」という思いをお持ちの方は、この機会に学んでみませんか?

ユーキャンの「介護食コーディネーター」資格取得講座の特徴

学んだそばから役立つ実践的カリキュラム

テキストで学びながら実際に作ってみることで、介護食作りのスキルが次々と自分のものになります。介護食ならではの調理のコツやノウハウを中心に学ぶ、実践的なカリキュラムが特長です。
50種類を掲載したレシピ集もセットになってるので、バリエーションが広がり、献立作りにも困らなくなります。

思わず食べたくなる、おいしいレシピが満載

ユーキャンの介護食コーディネーター講座が紹介するのは、いかにも“介護食”といった味気ないものではありません。見た目も味も風味も、いつもの食事のようにおいしそうで、思わず食べたくなるものばかりなんです。
普段のメニューに加え、おせち料理やクリスマスメニューなど、お祝いごとや季節の行事食の作り方も充実しています。食べる楽しみを一緒に味わうことができます。

仕事や家事で忙しい方も続けやすい

お仕事や家事でなかなか学習する時間が取れない…。そんな方でもムリなく進められるよう、栄養学や食事介助など、知識面は重要ポイントだけを凝縮しています。
調理のコツやノウハウは写真やイラストを豊富に使っていて、パッと目で見て覚えられるよう、レイアウトにもこだわっています。学ぶ方のことを考えた、やさしい教材が魅力です。

在宅受験で資格を取得

受講期間内に全課題を提出し、資格試験に合格すれば、「介護食コーディネーター」が資格取得できます。自宅で受験できるので、忙しくて外出が難しい方も安心です。

充実したサポート

・わからないときは気軽に質問

・スキマ時間にスマホでおさらい

・最長6ヵ月まで、しっかりサポート

  • 学習を進めているとき、わからないことがあっても安心。ユーキャンならスマホからのメールはもちろん、郵便でも質問が可能です。知識豊富な講師・スタッフがやさしく答えてくれます。
  • ちょっとあいた時間にすぐ勉強できるWebコンテンツ「学びオンラインプラス」もユーキャンの特長。スマホやパソコンからできるミニテストで学習の習熟度をチェックしたり、講義の動画を見たり。スキマ時間をムダなく使えます。
  • ユーキャンの「介護食コーディネーター」資格取得講座の標準学習期間は3ヵ月ですが、何かの都合で学習が遅れても、受講開始から6ヵ月までが、質問や添削指導など、全ての指導サポートを利用できます。
    忙しい方も自分のペースで学習できるので安心です。

介護食コーディネーターを活かした仕事

主に高齢者施設やデイサービス、在宅介護サービスなどです。食べることが難しい利用者にもおいしく食べてもらえるメニューを考案したり、これまでにない調理法を導入したり、食事にちょっとした工夫を施したりなど、勉強したスキルを活かすことができます。

まとめ

介護食とは、咀嚼(噛む力)に不安がある高齢者の方向けに、食べ物をやわらかく調理したり、栄養に配慮して食べやすくした食事のこと。最近の介護食は、普段の食事のように見た目も味もおいしく、食べやすいものが人気です。

調理や味付け、毎日の献立など、介護食作りに対してさまざまなお悩みを抱える方もいらっしゃるかと思います。
相手が食べやすいよう、食材の固さや大きさ、調理方法に気を使いつつ、好みの味付けやメニューを考えるのは大変です。自己流ではうまくいかないこともしばしば…。
安全でおいしく、満足度の高い介護食を作るためには、介護食の正しい知識と調理スキルが必要です。

介護食コーディネーターの資格を取得したい方は、ユーキャン「介護食コーディネーター」資格取得講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。

生涯学習のユーキャン