オンライン通信講座ユーキャンで「介護口腔ケア推進士」の資格を取得する方法
この記事のポイント

・オンラインでスマートフォン、パソコンから様々な講座/資格を気軽に受講できる通信講座で人気高い「ユーキャン」で「介護口腔ケア推進士」の資格取得を目指せる解説。

・「介護口腔ケア推進士」がおすすめな方や「ユーキャン」の通信講座の特徴をご紹介。

・資格取得した後の「介護口腔ケア推進士」を活かした就職など具体的な提案。

株式会社ユーキャンが運営するスマートフォンやパソコンから、オンラインだけで場所問わずに気軽に受講や資格試験を受ける事ができる、男女問わず人気高い「ユーキャン」にて、「介護口腔ケア推進士」の資格取得講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介いたします。

ユーキャンではこの他にも「調剤薬局事務資格取得講座」など、たくさんの講座がありますのでご覧ください。

介護口腔ケア推進士とは?

老後、快適な食生活を送りたいと誰もが思うことです。そのために欠かせない第一の基本は「楽しく食べる」ことです。食べることで栄養を摂取し、食材を味わい、免疫力をつけ、病気に冒されない体力が培われます。要介護者が自らの手で食事が摂れれば、介護者にとっても負担が軽減されます。「自分の口でおいしく食べられる」を支える口腔ケアのエキスパートが介護口腔ケア推進士です。

口腔ケアが誤嚥性肺炎の予防やQOL(生活の質)と密接に関わることから、介護・看護の現場を中心に注目が高まる資格です。
さらに、ユーキャンの介護口腔ケア推進士講座はお客様満足度91.2%!在宅受験ができるのは、試験団体の認定講座のユーキャンだけです。 仕事でも家庭でも役立つ知識とスキルが3ヵ月で身につきます。

私の母も介護施設でお世話になってますが、介護口腔ケア推進士の方のおかげで毎日楽しい食事ができています。感謝でしかありません。

介護口腔ケア推進士がおすすめな方

介護・医療の現場で働いている方

介護・医療現場で介護にたずさわるプロの方こそ、口腔ケアの重要性を痛感される一方で、「正しいケア方法がわからない」「実践方法や手順の知識・技術が足りない」といった不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
資格の取得を通じて正しい口腔ケアの知識とスキルを身につけることで、自信をもってケアができるようになります。

歯科で仕事をされている方

超高齢社会の今、歯科の患者にも高齢者の割合が増加し、高齢者に特徴的な口腔トラブルの治療や予防、摂食・咀嚼・嚥下機能のトレーニングといった口腔ケアが求められています。
介護施設や患者の自宅への訪問診療の際も、介護口腔ケアの知識とスキルが役立ちます。

ご家族の介護にたずさわる方

加齢で身体機能が衰えた方や認知症の方は、自力で口腔環境を整えることが困難になるため、ご家族のサポートが不可欠になります。
カリキュラムには口臭予防や誤嚥性肺炎の予防など、学んですぐに普段のケアに活かせる内容が満載。実際の手順も丁寧に説明していますので、正しいケアの方法がしっかり理解できます。

介護現場の管理者の方

チームや施設全体で取り組むことで、より効果があがります。正しい口腔ケアを取り入れたことで、誤嚥性肺炎の発生率が大きく下がった事例も。食前の口腔ケアで食事の誤嚥が減ったり、口腔環境が改善されることで食事介助がスムーズになるなど、スタッフの負担の軽減にもつながります。

ユーキャンの「介護口腔ケア推進士」資格取得講座の特徴

学んだことが、すぐに役立ちます

カリキュラムには、口臭予防や口腔ケアがよりスムーズになるコミュニケーション方法、誤嚥性肺炎の予防など、学んですぐに活かせる内容が満載です。テキストや動画で丁寧にわかりやすく説明していますので、はじめて学ぶ方でもやさしく理解することができます。

2冊のテキストに必要な知識・スキルを凝縮

テキストはたった2冊だけ、しかも1日30分・週3日の学習でOKです。
「少なすぎて大丈夫?」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。必要な内容に絞り込んでいるので、介護口腔ケアの正しい知識や実践方法をしっかり身につけることができます。

自宅でいつでも受験可能

検定試験はご自宅でチャレンジできます。添削課題をすべて提出して、検定試験で70%以上の得点をとれば、そのまま資格取得できます。受講期間内ならいつでも受験できますので、家事や介護、仕事で忙しい方もご自身のペースで取り組めます。

実践的なスキルもしっかり身につきます

テキストだけで実践方法が身につくか不安という方も安心してください。実際のケアの手順やコツは「見てわかる!口腔ケア実践DVD」でしっかり習得できます。「介護現場で役立つ!Q&A集」では、疾患別の対処法を知ることができ、問題解決のヒントに役立ちます。

スキマ時間にスマホで学習もできます

受講生専用の『学びオンライン プラス』では、スマホやパソコンからWebテストで復習したり、ポイント動画を視聴したり、移動中や昼休みなどのスキマ時間に学習が進められます。家事や仕事で忙しい方もご自分のペースで学習が進められます。

充実したサポート

・わからないときは気軽に質問

・スキマ時間にスマホでおさらい

・最長6ヵ月まで、しっかりサポート

  • 学習を進めているとき、わからないことがあっても安心。ユーキャンならスマホからのメールはもちろん、郵便でも質問が可能です。知識豊富な講師・スタッフがやさしく答えてくれます。
  • ちょっとあいた時間にすぐ勉強できるWebコンテンツ「学びオンラインプラス」もユーキャンの特長。スマホやパソコンからできるミニテストで学習の習熟度をチェックしたり、講義の動画を見たり。スキマ時間をムダなく使えます。
  • ユーキャンの「音楽健康指導士」資格取得講座の標準学習期間は3ヵ月ですが、何かの都合で学習が遅れても、受講開始から6ヵ月までが、質問や添削指導など、全ての指導サポートを利用できます。
    忙しい方も自分のペースで学習できるので安心です。

介護口腔ケア推進士を活かした仕事

口腔内の異常にいち早く気づき、適切な治療を受けられるようにするのも介護口腔ケア推進士の大切な役割です。
歯科医師や歯科衛生士などの専門職に橋渡しをしたり、認知症などで症状を訴えられない当事者に代わって病状を説明したりする際にも、介護口腔ケア推進士のスキルが役立ちます。

介護・医療・歯科の業界で働く方のスキルアップにもなります。

誤嚥性肺炎の予防
  • 口腔内の掃除
  • 唾液腺と口まわりのマッサージ
  • 適切な食事介助
  • 摂食・咀嚼・嚥下トレーニング

まとめ

「口から食べること」は栄養をとる以上の意味があります。味や見た目を目・鼻・舌で感知して脳で「おいしそう」と感じ、かんで飲み下す過程で手指の筋肉や舌、歯、顔の筋肉が連動するなど、全身の機能を保つことにつながります。介護口腔ケア推進士は、正しい口腔ケアで「人生の最期まで自分の口でおいしく食べられる」を支えます。

介護口腔ケア推進士の資格を取得したい方はユーキャンの「介護口腔ケア推進士」でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。

ぴったり講座診断