家庭料理技能検定の通信講座ならオンスク.jpがおすすめ!

家庭料理技能検定の資格を取得したい方は、オンスク.jpの通信講座がおすすめです。

毎日作る料理について学ぶことで、自分健康、家族の健康を守ることができます。こちらでは、家庭料理技能検定がおすすめな人・おすすめでない人やオンスク.jpの特徴などについて説明しています。

オンスク.jpの通信講座の詳細について、今すぐ知りたい方は下のボタンよりご覧いただけます。

オンスクの家庭料理技能資格講座が選ばれる3つの理由

オンスクの家庭料理技能資格講座が選ばれる3つの理由をご紹介したいと思います。

  • 健康的に生きるための正しい食に知識が身につく
  • 「ウケホーダイ」
  • みんなの学習相談

それでは、一つずつ説明していきます。

健康的に生きるための正しい食の知識が身に付く

食生活と栄養、調理と衛生、調理の技術など家庭料理技能検定1っ級資格保持者の講師によって学ぶことができます。料理の基本をマスターして「1日分の献立」の作り方を学ぶことで、料理を楽しみながらも栄養バランスを考えた食生活が意識できるようになります。

「ウケホーダイ」

「ウケホーダイ」とは、資格取得・ビジネス・趣味実用に活かせる全60講座以上が、月額定額で受講し放題のWEBサービスのことです。「ウケホーダイ」のいいところは、同時にいくつ受講しても定額というところです。ひとつだけよりも、組み合わせて受講することをおすすめします。

みんなの学習相談

たくさんの受講者の人達の相談を見ることができますので、自分の悩みと同じことを相談されてることに対しての解答を見ることで解消することができます。

家庭料理技能資格講座3つのデメリット

ここで、家庭料理技能資格講座のデメリットについて3つのポイントをご紹介したいと思います。

  • 独学なので心配
  • 講義動画が多い
  • 試験日が決まってる

それでは、一つずつ説明していきます。

独学なので心配

通信講座ということもあり、基本一人で勉強を進めますので心配される人は少なくありません。しかし独学だからこその強い味方、毎日の学習時間や進み具合がパッと見でわかる、学習進捗機能がありますので安心です。

講義動画が多い

講義の音声や、スライドデータのダウンロードがあり、特定の時間しかスマホを見れないとすると、勉強時間が短くなるというデメリットがあります。

試験日が決まってる

受付期間や試験日が決まってますので、日程を合わさないといけなくなります。しかし、第一回が受けれなくても、第二回がありますのでどちらかで日程を調整してみてください。

家庭料理技能資格講座5つのメリット

そして、家庭料理技能資格講座5つのメリットもご紹介したいと思います。

  • 食を知ることで健康が維持できる
  • 就職活動に活かせる
  • 試験対策ができる
  • 受験しなくても日常の食事が改善される
  • 動画とテキスト併用で理解が深まる

それでは、一つずつ説明していきます。

食を知ることで健康が維持できる

健康的に生きるための正しい食の知識、おいしい料理を作る知識や、技術を身に付けることで、食生活を充実させながらも健康の維持・促進をすることができます。

就職活動に活かせる

履歴書の資格欄に書いてアピールをすることができます。また、食に携わる仕事をしている人は、取得している資格(管理栄養士・栄養士等)に加えて調理技術修得の証明になるため、スキルアップすること間違いないです。

試験対策ができる

問題演習には、本試験に近い出題方法である多肢択一問題(3肢択一)もあるため、しっかりと試験対策をすることができます。オンスクの問題演習機能は、間違えた問題だけを解き直したり、実力テストで理解度のチェックもできるので、アウトプット強化に活用することができます。

受験しなくても日常の食事が改善される

家庭料理技能検定3級講座では「食事マナー」や「配膳の仕方」など、大人が知らないと恥ずかしい食の教養や、「日本の食文化の歴史」「食中毒」などの食の知識が身に付きますので、受験をしなくても、学習するだけでも大きなメリットが得られます。

講義動画とテキスト併用で理解が深まる

講義動画は試験の出題範囲である公式テキストに準拠していますので、詳細な知識をテキストで確認すると、より理解しやすくなります。

家庭料理技能資格がおすすめな方

家庭料理技能資格講座がおすすめな人の5つのポイント

  • 毎日作る家庭料理を豊かにしたい人
  • 子どもたちの食育を学びたい人
  • 仕事の幅を広げたい人
  • 正しい食の知識を学びたい人
  • 料理が好きな人と繋がりたい人

それでは、一つずつ説明していきます。

毎日作る家庭料理を豊かにしたい人

毎日家庭で作る料理について、正しい食の知識を身につけることができ、調理技術の向上も目指します。数ある食の資格の中でも、より実践的な内容と技術を学ぶ資格と言えます。

子どもたちの食育を学びたい人

「家庭料理技能検定」には筆記試験のレベルが5級から1級まであります。5級は小学生・4級は中学生・3級は高校生以上へ受験をおすすめしていることもあり、子どもへの食事(食育)を学びたい方へもおすすめできます。

食育というと親が学んで子どもにより良い食事を提供するという考えが基本です。しかし、資格を通して子ども自身に食事の大切さを考えてもらう・学んでもらうという食育もあります。また子どもと一緒の目線に立ち親も食事について学ぶスタイルにも適しています。

仕事の幅を広げたい人

今、現在、栄養士や管理栄養士の人が家庭料理技能検定を取得して、仕事に活かしている場合が少なくありません。そのほかにも、介護士として働く人が料理を任される場合でも、栄養の知識だけではなく、たしかな「調理技術」が身につきますので、調理技術の不足を解消するために検定を目指した人などもいます。

正しい食の知識を学びたい人

大人や高齢者の食というのも大切で、先ほども述べましたように、介護士として働かれる人や、自分の親など高齢者の食事を作る時には、やはり正しい食の知識が必要になってきます。

料理が好きな人と繋がりたい人

正しい食を学び家庭料理でもレパートリーが増え、楽しく毎日の食事を作れるようになるとSNSなどで自分の料理をアップすることで、お料理が好きな人とどんどん繋がることができるようになります。作り方や栄養面など記載してあげると、あなたの料理がアップされるのを楽しみにされる人も出てくるかもしれません。

家庭料理技能検定資格をおすすめしない人

料理技能資格講座をおすすめしない人3つのポイント

  • 料理が苦手な人
  • 時間の確保ができない人
  • 通信環境・ネット環境がない人

それでは、一つずつ説明していきます。

料理が苦手な人

そもそも、料理が苦手な人にはおすすめできません。苦手意識で講座を受講しても途中で断念なんてことになるともったいないですよね。しかし料理が苦手だからこそ、これから料理を真剣に始めたい人にはピッタリといえます。

時間の確保ができない人

料理技能検定講座を受けたい!と思っても、よく考えたら受講する時間なんてあったっけ?という人にはおすすめしません。少なくとも一日10分のスキマ時間が必要となってきます。電車の中でも、どこでもいいので時間をつくることが大切です。

通信環境・ネット環境がない人

スマホやパソコンでダウンロードしたりする教材ですので、そういった環境のない人にはおすすめできません。講義の音声、講義のスライドデータのダウンロードやWEBで管理もしますので通信環境がない人にはお勧めできる講座ではありません。しかし、価格の安いDVDプレイヤーであれば、数千円で手に入れることができます。

まとめ

家庭料理技能検定を学習すると、実生活でどんなメリットが得られるのか?

具体的なメリットは、栄養素の働きを学べること、料理が楽しくなったこと。また、栄養の知識を元に、今の体調にはどんな栄養素が必要なのか、わかるようになります。

これから1人暮らしをする方や、OLさん、新婚さんなど、社会人の方におすすめなのが3級以上です。

3級以上の実技試験に備え、何度も繰り返し練習することで、いつのまにか調理技術の腕前が上がるメリットがあります。

また、詳しい栄養の知識や家庭料理の調理技術が身に付いていれば、お子さんに家庭料理をしっかりと教えられることもできます。

四群点数法により食品のカロリーや栄養のバランスがわかるので、安全で健康的なダイエットができるメリットなどもあります。

そのためには、栄養の知識や調理技術など健全な食生活を送るノウハウを身に付ける必要がありますので、家庭料理技能検定3級の資格を取得してはいかがでしょうか?

家庭料理技能検定3級の資格を取得したい方はオンスク.jp家庭料理技能検定講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。