通信講座「食育実践プランナー」の資格を取得する方法

食育とは、様々な経験を通じて、食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることをいいます。食育実践プランナーは、食育に関する知識と調理の実践力、指導力を証明するものです。(一般社団法人日本味育協会認定の資格)

子どもたちのために、家族のために、食育の知識や調理の実践力を勉強したいと考えてる方もおられると思います。そこで、男女問わず人気高いユーキャンにて、「食育実践プランナー」講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介したいと思います。

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座の特徴

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座の特徴をご紹介したいと思います。

  • 暮らしに活きる知識をやさしく学ぶ
  • 忙しくてもスマホで勉強ができる
  • 最終課題がそのまま資格試験になってる

では、一つずつ説明していきます。

暮らしに活きる知識をやさしく学ぶ

全5冊のテキストは、食育の広い知識を学び、活かせることができる内容がぎゅっと詰まったテキストです。「おいしい」をキーワードに、初心者でもムリなく楽しく、6ヵ月で合格が目指すことができます。また、副教材が充実しており、レシピ集や目利き便利帳など、すぐに暮らしに活かすことができます。

忙しくてもスマホで勉強ができる

ユーキャンの特徴の一つである、すきま時間に、すぐ勉強できる学びオンライン プラスを利用することで、スマホやパソコンからWebテストで学習の習熟度をチェックしたり、講義の動画を見たりすることができます。

最終課題がそのまま資格試験になってる

第1~5回の添削課題を提出し、第6回の添削課題(資格試験)の合格基準点をクリアすれば食育実践プランナー試験合格となります。お子さまがいて、おうちを空けづらい主婦の方でも自宅にいながら安心して資格取得が目指すことができるのも嬉しい特徴です。

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座のデメリット

ここで、ユーキャンの「食育実践プランナー」講座のデメリットも3つご紹介したいと思います。

  • 質問制限がある
  • 受講期間がある
  • 個人情報の提供がある

それでは、一つずつ説明していきます。

質問制限がある

勉強していてわからないことが出てきた場合、質問はもちろん気軽にできるのですが1日3回までと制限があります。ですので、1日勉強をしていく中でわからないことをチェックし、最後に質問することをおすすめします。

受講期間がある

平均受講期間は6か月となっていますので、6か月の間に添削問題の提出を済まさないといけません。しかし、仕事で忙しかったり子育てで時間が取れないなんてこともある方のために、受講開始から12か月までの延長期間がもうけられていますので、時間が取れなかった方はこの12か月の間に受講を修了するようにして下さいね。

個人情報の提供がある

食育実践プランナー講座に申込むと、個人情報が食育実践プランナー講座によりなされる資格認定の管理等のためユーキャンから資格認定団体である一般社団法人日本味育協会に対して提供されますので、あらかじめ確認したうえで申込むことをおすすめします。

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座のメリット

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座のメリットは、たくさんある中から5つご紹介したいと思います。

  • 活躍の場が増える
  • 仕事のスキルアップができる
  • 自宅で受講できる
  • 受験資格がない
  • 試験の失敗しても大丈夫

それでは、一つずつ説明していきます。

活躍の場が増える

食育実践プランナーが社会で活躍できる場は多岐にわたります。食に関わる仕事全てに生かせる資格ですので、例えば食品メーカーでの商品開発や飲食店でのメニュー作成や料理教室での指導なども対象となります。食の知識が求められる業界はたくさんあるため、就職・転職活動の際にはこの資格がアピールポイントの1つになります。

仕事のスキルアップができる

食に関係のない仕事をしてたとしても、食育実践プランナーの資格を得て食育を学べば、現場での指導がより充実し、自身の仕事のステップアップにもつながります。

自宅で受験できる

添削課題が資格試験にりますので、在宅で受験することができます。第1~5回の添削課題を提出し、第6回の添削課題(資格試験)の合格基準点をクリアすれば、食育実践プランナー試験合格になります。
お子さまがいて、おうちを空けづらい主婦の方でも、ご自宅にいながら安心して資格取得が目指せますよ。

受験資格がない

年齢・性別・学歴などの制限はなく、誰でも受験することができます。合格基準は、全問題の合計点数の70%以上の得点です。満点を取らなくていいので、各領域のポイントをしぼって学習すれば、十分に合格点が狙えます。

試験に失敗しても大丈夫

本番で「失敗してしまった!」と思っても大丈夫です。受講期間(12ヵ月)内であれば、試験は何度でもチャレンジできますので、間違えた部分を復習して、合格を目指すことができます。

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座がおすすめでない人

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座をおすすめしない人をご紹介したいと思います。

  • 学習時間の確保が難しい人
  • 料理のことだけを勉強したい人
  • 食生活アドバイザーの資格が欲しい人

では、一つずつ説明していきます。

学習時間の確保が難しい人

1日の学習時間は30分~1時間程度でOKなんですが、その時間も取れないという方にはおすすめしません。せっかく資格取得を目指しても、学習する時間がないと慌ててしまうだけで、受講料が無駄になることもあるからです。

料理のことだけを勉強したい人

食育プランナーは料理だけを学ぶのではなく、食材の旬や目利き方法を知ることや正しい食べ方やマナーなども学びます。単に料理だけだと思われてる方にはおすすめできません。料理だけを学びたいと考えてる方には「はじめての家庭料理」などありますのでご覧になってみて下さいね。

食生活アドバイザーの資格が欲しい人

よく間違えるのが、食生活アドバイザーと食育プランナーです。食生活アドバイザーの資格が欲しい人にはおすすめできません。食生活アドバイザーと勘違いをされて受講したら、食育プランナーだったとならないように、よく確認してから受講して下さい。

※食育プランナーと食生活アドバイザーの違いは、下記の補足で説明してますのでご覧になって下さいね。

ユーキャンの「食育実践プランナー」がおすすめな人

ユーキャンの「食育実践プランナー」講座がおすすめな人

  • 食育のスペシャリストを目指したい人
  • 食材の「目利き」がしたい人
  • 正しい食べ方やマナーを知りたい人
  • 家庭以外でもスキルを役立てたい人
  • 食への関心が高い人

それでは、一つずつ説明していきます。

食育のスペシャリストを目指したい人

食育実践プランナーは、ご家庭から教育現場、地域など、幅広いシーンで健全な食生活を「実践」することや、そのための知識・ノウハウを伝えていく、食育のスペシャリストです。
ユーキャンの食育実践プランナー資格講座の講師である宮川先生が代表を務める、一般社団法人日本味育協会の認定資格で、子どもから大人まで役立つ食育の知識と実践力、指導力の証明となります。

食材の「目利き」がしたい人

学んだ知識は、野菜や肉、魚などの食材選びにも役立ちます。例えば、健やかに育った野菜は、どこかに丸いところがあるのが特徴。
上から見ると丸いトマトは、ヘタが中心にあり、放射線上の筋があるものを選ぶと良いということや、おいしいなすを見分けるには、軸とガク、ヘタ、皮の3つがポイントとなることなど、食材の旬や目利き方法を知ることも大切な食育の実践です。

正しい食べ方やマナーを知りたい人

食べ方の美しい人は、周囲にも心地よさを与えます。大人になってから習慣を直すのは難しいもの。食育実践プランナーとして伝えられる正しい食育の知識やマナーは、子どもにとっての生涯の財産にもなります。

家庭以外でもスキルを役立てたい人

年代やライフステージに応じた食の知識は、家庭の外でも効果を発揮します。子どもと接する教育現場で、講師としてセミナーやお料理教室で、介護現場や地域の活動やボランティアで。さまざまなシーンで活かせます。

食への関心が高い人

最近では、食への関心、健康への関心が高まっていますよね。今後身に付けたい知識として「健康に配慮した料理の作り方」と答える方は多くいらっしゃると思います。確かな食の知識で健やかな食生活を実践する食育実践プランナーは、今後ますます求められる資格となりそうです。

補足:食生活アドバイザーとの違い

食生活アドバイザーは主に企業で、食育実践プランナーは主にご家庭での実践を目指した学習内容となります。

そのため、食生活アドバイザーは衛生管理や流通の仕組みなども含めた、食に関する業界で必要となる知識を一通り学習。食育実践プランナーはご家庭内、とくにお子さまのいるご家庭内での食事作りなど、暮らしに直結した知識を学びます。

どれだけわかる?肉の部位

 

※それぞれの部位についても詳しく説明されていますのでご覧ください。

※ユーキャン食育実践プランナー

まとめ

食育の持つ意味は広く、人間が健康で豊かな生活を送るうえでの基礎となるもので、「生きるための基礎」を育てることといっても過言ではありません。健全な体と心で豊かに生き生きと暮らすこと。そのための食の正しい知識と食を選ぶ力、適切な食習慣を追求していくのが食育です。

そんな食育について、幅広いシーンで健全な食生活を「実践」することや、そのための知識・ノウハウを伝えていく、食育のスペシャリストはこれからますます求められる資格です。

食育実践プランナー資格を取得したい方はユーキャンの「食育実践プランナー」資格取得講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。