通信講座がくぶんで「密教運命占術伝授講座」を取得する生年月日が同じでも運命は違う

私も占い鑑定をしていますが、たかが占い、されど占い。私は悩みのある方の手助けができると思っています。

悩みのある方をメール鑑定でやり取りしています。人には言えない悩みもメールで聞きますので、顔も見えませんし声も聞こえません。

文章だけですので気軽にメールをくださる方が多いです。少しでも気持ちが軽くなれば幸いだと思っております。

そして何より、自分自身や家族を占うことができますので、アドバイスができたりもします。

この密教運命占術は、深く解釈すればするほど奥行きのある鑑定学。空海によって伝えられ、戦国の世にその的中率の高さから時の権力者によって封印されたほどの密教占術・宿曜占星術が今よみがえります。

密教運命占術伝授とは?

三重構造の独自の宿星ホロスコープを使って、人間関係や日々の吉凶などを深く解明していく宿曜占星術。空海によって伝えられ、戦国の世にその的中率の高さから時の権力者によって封印されたほどの内容であなたの運命を緻密に鑑定できます。

密教運命占術伝授がおすすめな方

あなたの悩みに対して助言が受けられます!

「人間関係で悩んでいる」「家庭内で悩んでいる」など、どんな悩み・不安にも適切な助言が受けられます。本講座受講生はあなたのご相談にご助言するサービスを1回は無料で受けることができます。

あなたの宿星と日の宿星が全て知りたい方

オリジナルの貴重な宿星早見表を教材にセット。あなたの宿星と過去・現在・未来の宿星が全てわかります。 1900年~2060年対応。宿星早見表は市販では入手できません。)

密教の教えが知りたい方

「密教」は、9世紀に最澄と空海によって日本に伝えられました。

「密教」の教えの中で、重要なキーワードは、 「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」 「曼荼羅(まんだら)」です。

「密教」と「顕教」の決定的な違いは「即身成仏」という考え方です。

顕教(けんきょう)とは、仏教の中で、秘密にせず明らかに説かれた教えのこと。密教の反対語です。真言宗の開祖である空海が、密教が勝れているという優位性の観点から分類した教相判釈の一つである。 空海は、顕教と密教を次のように区別しました。

「顕教」では、「悟り」を開くためには、永遠の時間が必要とされていますが、「密教」では、老若男女だれでも、修行によってこの世で「悟り」を開き成仏できると説いています。

「悟り」や「成仏」というと、私たちには縁遠いことのように思われがちですが、最近では「悟り」は「最高に幸せなこと」と解釈されています。

「成仏」も死ぬことではなく、「何者にも依存しない、何にもとらわれることのない、穏やかで安心な境地のこと」と捉えられています。

つまり、 「即身成仏」とは、「自分が今本当に幸せであるように生きること」と解釈できます。

一方、「曼荼羅」は「悟り」の境地を絵柄で示したもので、仏様や菩薩などが模様のように描かれています。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

「曼荼羅」では、409体の仏様や菩薩などが、グループ別に12区画に分けて描かれ、中心には大日如来(「密教」において、大日如来は全ての中心)が鎮座しています。

大日如来が座る中心付近には大きな蓮の花が描かれています。これは、人は誰でも仏になりうる存在で、迷いの心をかき消せば、「悟り」を求める心が花開くということを表しています。

まとめ

「密教」が説く「即身成仏」の教えや、表面的なことだけでなく本質的な真理を追究しようとする姿勢は、現代社会においても相通じるものがあります。

今から何か勉強してみたい方、今から何かを始めたい方、密教に興味を持たれた方は、がくぶんの通信講座「密教運命占術伝授」講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。

同じく密教について掲載してる記事がありますので、あわせてご覧ください。



生涯学習のユーキャン

資格★合格クレアール