【通信講座】漢方と薬膳との違いは?薬膳マイスターを取得する方法

体調やボディメイクの目標(例えば○○キロまで減量等)に合わせて食材を選び、自分らしいオーダーメイド料理が作れる薬膳。

この講座では手に入りやすい食材で作る薬膳料理を学べます。基礎知識から、自分に最適な献立の作り方まで自宅で身につくため、幅広い方々が受講中です。資格取得もできます。

薬膳マイスターとは

薬膳とは中医学理論に基づいて、中薬と合わせながら作られた料理の事を指します。健康面では冷え性・肩こり・足腰の不調、美容面では、肌あれ・むくみ・便秘、さらには生活習慣病の予防にも効果的と言われています。

最近ではこの薬膳の事をさらに知りたいという方が増え、薬膳マイスターという資格が誕生しました。

まったく新しい日本型薬膳で楽しみながら健康づくりができます

薬膳が身体にいいのはわかっていても、「家庭で作るのは難しそう・・・」「おいしいの?」などのイメージを抱く方も多いのでは? 薬膳マイスター養成講座では、薬膳に“美味しさ”と“作りやすさ”をプラスした新しい薬膳「和漢膳」を提案。 毎日の食生活で気軽に実践できるから、無理なく続けることができます。

『薬膳』と聞くと難しく、特別な食材をセレクトしなければならないのかと思われがちですが、そのようなことはありません。スーパーで揃えられる食材などでできる薬膳料理はたくさんあります。薬膳料理は、なんとなく不調というあなたの悩み解消のサポートをしてくれるはずです。だるさが抜けない、やる気がでない、肌のくすみやむくみが気になる…などのなんとなく不調という方は多いですよね。それは、「血流に問題あり」かもしれません。

薬膳の基本!食材の陰・陽をバランスよく摂る

薬膳の基本の考え方に『陰陽』があります。陰の食材は主にカラダを冷やす作用のある食材で、きゅうりやなす、トマトなど、陽の食材はカラダを温める食材で鮭やかぼちゃ・玉ねぎが挙げられます。体調や季節にあわせた陰と陽の食材を選ぶことが重要ですが、陰と陽のどちらかに傾き過ぎるのも不調の原因につながるので注意が必要です。

今回は陰と陽の食材をバランスよく摂り入れながら全身を巡る『血流』を改善させていきましょう。陰陽の食材の選び方のポイントのひとつは「旬の食材を選ぶこと」。新鮮な旬の食材をバランスよく選びながら調理すると体調も自然とよくなり、カラダの内から元気になってきますよ。※循環器等の疾患がある場合は除く。

血流をよくする薬膳料理レシピ

『旬のかぼちゃと鶏肉のマサラ炒め煮』

緑黄色のかぼちゃにはミネラル、食物繊維が豊富。ターメリックやクミン、カルダモンで血流アップ!鶏肉でたんぱく質補給にも。ターメリックライスやヨーグルトを添えても。

<材料>2人分
鶏もも肉・・・1枚(300g程度)
A【プレーンヨーグルト・・・大さじ3
ターメリック・・・小さじ1】
かぼちゃ・・・1/8個(250g程度)
オイル(オリーブオイルやココナッツオイルなど)・・・大さじ1
カルダモン(ホール)・・・4個
にんにく・しょうが(それぞれみじん切り)・・・各1片
市販のトマトソース缶・・・200g
ガラムマサラ・・・小さじ1
クミン・・・小さじ1/2
砂糖(粗製糖など)・・・大さじ1~お好み量
塩・・・小さじ1/2~お好み量
パクチー・・・適宜

<作り方>
1) 鶏もも肉は一口大に切り分けてボウルに入れ、Aを加えてよく混ぜ合わせる。冷蔵庫に1時間ほど入れておく。
2) かぼちゃは種とワタを取り除き、一口大に切り分けてすっと串が通る程度に下ゆでし、ザルにあげておく。※電子レンジや蒸し加熱でもOK
3) 鍋にオイルを入れて温め、カルダモンを加えて炒めてからみじん切りにしたにんにくとしょうがを炒め合わせる。
4) (3)の香りがたってきたらトマトソース、(1)の鶏もも肉(ヨーグルトごと)、ガラムマサラ、クミン、砂糖、塩を加えて15分ほど煮込む。
5) 器に盛り、お好みでざく切りパクチーを添える。

ポイント
*オイルをバターやギ―に替えると濃厚になります。
*スパイス類はお好みのものをどうぞ。カレー粉を使用してもおいしいです。
*仕上げに生クリームを回しかけてもOK

『パセリミートボール 特製トマトソース添え』(洋風)

パセリには鉄分が多く含まれています。春から秋が旬のパセリをたっぷり使ったミートソースに、にんにくを効かせた手づくりトマトソースを添えます。バゲットを添えても。(材料・つくり方を紹介)

<材料>2人分
[パセリミートボール]
豚ひき肉・・・200g
パセリ(茎を除く・みじん切り)・・・5g
玉ねぎ(みじん切り)・・・1/4個
オリーブオイル・・・大さじ1
パセリ&バジル・・・適宜
A【卵・・・1個
片栗粉・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/3程度
粗びき黒こしょう・・・適量】
[手作りトマトソース]
トマト・・・2個(400g程度)
玉ねぎ・・・1/2
にんにく・・・2片
オリーブオイル・・・大さじ1
市販のコンソメキューブ・・・1個*お好みのもの
砂糖(粗製糖)・・・小さじ2
塩・・・小さじ1/3~お好み量

<作り方>
[パセリミートボール]を作る
1) ボウルに豚ひき肉、Aを加えてよく練り合わせる。
2) (1)にみじん切りにしたパセリ、玉ねぎを加えてよく混ぜ合わせ、一口大に丸める。
3) フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、(2)の表面を焼き上げる。
4) オーブンレンジの天板にクッキングシートを敷き、(3)を並べて『グリル』機能で中心まで火を通す。*ご使用のメーカーにより加熱時間が変動します。ミートボールの大きさもありますが15分加熱くらいから様子をみてください。
[手作りトマトソース]を作る
5)トマトは湯むきをしてざく切りにする。
6) 玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
7) 鍋にオリーブオイルを熱し、(6)をじっくり香りがたつまで炒め、(5)と塩(分量外・少々)さっと炒め合わせる。
8) (7)に水1カップとコンソメキューブ、砂糖を加えてコトコトほどよく煮込む。
9) (8)に塩を加えて味を調える。

[仕上げ]
10) (4)のミートボール、(9)のトマトソースを盛り合わせ、お好みでパセリ、バジルを添える。

『豚肉のプルーン巻き照り焼き』

秋が旬のプルーンには鉄分やポリフェノールが豊富(生でもドライでも栄養価は同様)塩、こしょう、薄力粉をはたいた豚ロース薄切り肉で種無ドライプルーンを巻き、フライパンで焼き上げ、みりん、しょうゆで調味。
ほうれん草と薄切りパプリカのお浸しを添えて。雑穀ご飯とみそ汁を添えて和食定食風にしてもいいですよね。

<材料>2人分
[豚肉のプルーン巻き照り焼き]
豚ロース薄切り肉・・・10枚
ドライプルーン(種無し)・・・5個
塩・こしょう・・・各適量
薄力粉・・・適量
オイル(オリーブオイル・ココナッツオイルなど)・・・大さじ1
ゆずの皮(お好みの香味)・・・適宜
A【酒・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
しょうゆ・・・大さじ2】
[ほうれん草と湯葉 &パプリカのお浸し]
ほうれん草・・・60g
パプリカ(お好みの色)・・・1/4個
湯葉(生)・・・60g
B【酢・・・大さじ1/2
しょうゆ・・・小さじ1
濃いめの出汁・・・大さじ1】
*Bにお好みでゆずこしょうや七味などを加えてもOK

<作り方>
[豚肉のプルーン巻き照り焼き]を作る
1) 豚肉を広げて塩・こしょうをふり、半分に切ったプルーンをのせて端からクルクルと巻きあげる。これを全部で10個作る。
2) (1)の表面に薄く薄力粉をまぶし、オイルを温めたフライパンでこんがり、中までじっくり火を通す。
3) (2)のフライパンを傾けて余分な脂がでてきたらキッチンペーパーなどで吸い取り、混ぜ合わせたAの調味料を加えてよく煮絡める。
[ほうれん草と湯葉 &パプリカのお浸し]を作る
4) ほうれん草はゆでて根元を切り落とし、5㎝長さのざく切りにする。
5) パプリカはヘタと種を取り除き、縦の薄切りにしてさっとゆでて水けをきる。
6) ボウルに(4)、(5)、食べやすい大きさに切った湯葉、混ぜ合わせたBを加えてさっと混ぜ合わせ、しばらく味をなじませる。
[仕上げ]
7) 器に、さっと汁けをきった(6)のお浸し、(3)の照り焼きを盛り合わせ、お好みで照り焼きにゆずの皮などをあしらう。

身体や症状に合った効果的な和漢膳を作れます

和漢膳を毎日の生活に取り入れ、健康な身体を保つには、まずはご自身や家族の体の状態を見極めることが大切です。 薬膳マイスター養成講座ではさまざまな角度から体質をチェックできるので、「未病」にもいち早く気づくことができます。

体調やボディメイク目標に合わせて薬膳を取り入れる

13食、必ずやってくる食事を自分に最適な内容に。そんな希望を持つ方々に薬膳は人気です。

花粉症やアレルギーに効果的な食材、疲労回復や免疫力アップに役立つ食材など、目的ごとに必要な薬膳がわかるようになります。いわゆる家庭料理とは少しメニュー内容が違うのですが、最近は InstagramなどSNSで活動する料理家さんが増えた影響で、
 自分や家族にぴったり合った食事をつくりたいという方が増えています。定番の料理ではなく、もっと自由な発想で食事を作っていいんだという価値観が浸透してきているんです。

薬膳というと難しいですが、言い換えると、自然食であるとか、からだにやさしいごはん、季節のごはん、栄養満点ごはんといったキーワードであれば、皆さんも目にしたことがあると思います。

おいしくて簡単に作れて栄養価が高い薬膳料理は、今大きく注目を集めるカテゴリです。

日本の薬膳指導の第一人者の先生から正しい知識を学べる本講座も人気となっており、20207月の人気講座ランキングでは3位!

在宅ワークが根付いてきたことで自炊も増えているようです。食に関係する講座はこれからもっと注目されていくと思います。

薬膳を冠にしてできる仕事

講座修了後には、和漢薬膳師の資格が取得できます。薬膳に関係する仕事をSNS等で調べてみると様々な形がありました。

・薬膳料理家
  家庭料理、おかゆ、スイーツ、お茶、パスタ等それぞれの
   ジャンルで薬膳に特化させて展開
 ・薬膳料理を提供するお店
 ・薬膳料理教室
 ・薬膳食材を販売するお店
 ・薬膳研究家

SNS中心に仕事を展開できるようになり、ご自身の特徴を特化させて仕事をする方々が増えました。

和食にすと

薬膳と合わせて是非知っておいて欲しいのが和食にすとです。

「和食文化についての基礎知識」「郷土料理や行事食」「世界が注目する和食」「和食を支える伝統食材」など、和食にすととして持っておきたい知識が短期間で効率よく習得できるようになっています。“和食にすと”は和食の知識がきちんと身についていることを証明するものなんです。この証明があればあなたもりっぱな”和食にすと”ですよ。

ユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、「日本人の伝統的な食文化」という意味での「和食」です。提案内容から引用すると、「日本人が抱く”自然の尊重”の精神を体現した食に関する社会的慣習」との説明があり、特定の調理法や具体的なメニューではなく、和食全体をめぐる日本の文化が登録されたということが分かります。

近年は、食の欧米化、食の安全、孤食、個食など、食事に関する問題が数多く提起されていますが、ユネスコ無形文化遺産の登録により、これまで長年をかけて築いた日本の食文化を、後世へと継承する動きが高まることが期待されています。

まとめ

食生活だけではなく、毎日の生活習慣も見直してみましょう。一日の過ごす環境が今までとガラリと変わってしまい、ストレスを抱え込んだままの生活を送っていると自然と呼吸が浅くなる傾向にあります。呼吸が浅くなると血液中の酸素飽和濃度が低くなり血液の質も低下、酸素不足にもつながります。

肩の力を意識的に抜いて鼻からたっぷり吸って口から吐くことを意識してみてください。頭もすっきりしますよ!

薬膳に特化した仕事をされている著名な方といえば、麻木久仁子さんです。薬膳研究家として活動されています。

まだまだ広がりを見せてくるはずの薬膳。
 ぜひ皆さまもご注目ください。



生涯学習のユーキャン

資格★合格クレアール