【資格取得】野菜コーディネーターになる!野菜をもっと知ろう~

野菜コーディネーターとは、野菜の知識や調理法等を学べる資格です。

野菜コーディネーターの芸能人・有名人では「タカコ ナカムラ」が有名です。

野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識は、健康・美容・ダイエット・アンチエイジングに役立ちます。

野菜コーディネーターの知識を持つ芸能人・有名人がこれからも増えそうです。

その日から活かせる知識とレシピ

健康志向の高まりから、いっそう注目されているのが野菜や果物。美容に、健康にと女性にとって欠かせません。 でも、せっかく食べるなら食材がもつ栄養パワーをおいしく、逃さずいただきたいですよね。

そこでおすすめしているのが、野菜・果物の特徴、選び方、保存方法はもちろん、
おいしさと栄養を最大限に引き出す調理法やレシピがしっかりと身につくのが本講座です。

野菜コーディネーター資格取得が選ばれる理由はコレ

野菜選びの眼を養い、買い物や調理が楽しくなるノウハウを楽しく身につけましょう。野菜は一般的な種類にとどまらず、西洋野菜・ハーブ・和野菜・香味野菜・山菜と幅広く網羅。講座を修了するころには、あなたは合計140種以上の野菜と果物に詳しくなれます!さらに体の不調を整える目的別レシピや、栄養効率を高める食材の組み合わせ方もしっかりと解説するので、野菜を今よりおいしく、しかも栄養満点で食べられるようになります。

野菜のとり方がわかる

野菜や果物に含まれる栄養素や効果などの知識のほかに、「ダイエット」「疲労回復」「冷え性の解消」など目的別レシピを多数紹介します。食材の効果的な組み合わせもわかるので、さらに効果アップ!

話題の調理法で野菜レシピがもっとおいしく

ご家庭でできるシンプルな調理法を中心に、話題の「低温スチーミング」も使いこなせるように!
シャキシャキなうえにビタミンCが2倍以上も増えるホウレンソウの蒸し方など、栄養も旨みも逃さない調理法をわかりやすく解説しています。

自然とエコ活動ができるようになる

野菜コーディネーターが目指すのはおいしく野菜を楽しむだけでなく、野菜を無駄なく活用するエコライフまでも実践することです!残った野菜の活用法や、野菜の育て方を知ることで生産者や環境のことまで考えた食生活を実践できます。

野菜でカラダをキレイにできる

たとえば、コレステロールの高い人はどの野菜を食べればいいのだろう?とか、血圧の高い人はどの野菜がいいのだろう?とカラダについても内側からキレイにできるようになります。コレステロールの高い人はブロッコリーとキャベツ。高血圧の人はサツマイモとカボチャなどです。

まとめ

野菜コーディネーターの資格を取得したら、ホームページでレシピを紹介してみてはいかがでしょうか。農作物の魅力やおいしい食べ方について、より説得力を持って伝えられそうです。また、食事やお菓子、保存食まで幅広く学ぶことができるので、一種類の農作物でさまざまなレシピを紹介してもいいかもしれませんね。

また野菜コーディネーター資格を生かして、食育インストラクターの資格もあわせて取得するのもおススメです。

近年の子ども達の肥満や痩身、体力低下や学力低下などは、食生活の乱れにつながっています。将来の子ども達のために、家庭の食生活を見直すことが必要かも知れません。

食育によって身に付けたい「食べる力」には、食事を通じて「心と身体の健康を維持できること」、「食事の重要性や楽しさを理解すること」、「食べ物を自分で選択し、食事づくりができること」、「家族や仲間と一緒に食べる楽しみを味わうこと」、「食べ物の生産過程を知り、感謝する気持ちを持つこと」などが含まれます。これらは、子供のころから家庭や学校、地域など様々な場所で学び、身に付けていくものです。そして、大人になってからも生涯にわたって実践し、育み続けていくものです。さらに大人には、そうした食の知識・経験や日本の食文化などを「次世代に伝える」という役割もあります。

こうした子ども食生活について、大人が学ぶことが大切かも知れません。

野菜コーディネーター資格取得するならコチラからどうぞ^^



生涯学習のユーキャン

資格★合格クレアール

 

 

0