がくぶんの自己啓発通信講座で元ベテラン刑事が教えるウソの見抜き方!

元ベテラン刑事が教えてくれるウソの見抜き方!最近増えてる詐欺集団。オレオレ詐欺に始まり、今では本格的な詐欺団体が増えています。そんな罠にはまらないためにも、ウソが見抜けたらこんな悪徳集団も怖くありません。

過去に詐欺にあったのでもう騙されたくない、騙されやすい性格なのでなんとかしたいなど、こんな悩みをお持ちではありませんか?そこでウソの見抜き方を知りたい方におすすめしたいのが、がくぶんのウソの見抜き方講座です。

こちらでは、がくぶんのウソ見抜き方講座の特徴やデメリット・メリット、おすすめしない人・おすすめする人などについて解説しています。

ご興味をお持ちの方は下のボタンをクリックして、がくぶんのウソ見抜き方講座の詳細をチェックしてください。

がくぶんのウソ見抜き方講座の特徴

がくぶんのウソ見抜き方講座の特徴をご紹介したいと思います。

  • ウソが見抜けるようになるとこんな場面で役立つ
  • DVDでウソのサインなどを動画で解説
  • ウソがわかる簡単なテスト

それでは一つずつ説明していきます。

ウソが見抜けるようになるとこんな場面で役立つ

人を信じやすくて困っている、人間心理を読むコツを知りたいなど、もう騙されたくないという悩みをお持ちの方のために生まれた講座ですので、たとえば、子どものウソを 感じ取ることができると、子育てにも大変役立ちます。

また、夫、妻、部下など 相手の気持ちが 読めるようになりますので、話がスムーズになります。ビジネスなどでは、商談相手の本音が見抜けると、お客様が求めているサービスを提供できるようになります。

DVDでウソのサインなどを動画で解説

ウソをつく人は、ウソのサインを自ら出します。話し方やしぐさにウソをついていることを表すサインが出ますので、この動作などがわかりやすいようにDVDでみることができます。

がくぶんのウソの見抜き方講座では、微妙なウソのサインをベテラン俳優が実演しますので、ドラマの演技を見る感覚で楽しく学べる教材です。

ウソがわかる簡単なテスト

自分はウソをつくのが上手い方だと思っていても、案外周りにはそのウソがバレバレかも知れません。また、素直で正直だという印象を持っていたとしても、意外に平気でウソをつけるウソが上手い人だったなんて経験した人もいると思います。

そこで、ウソの見抜き方講座では、ウソをつくのが上手かが分かる簡単なテストを紹介しています。そのテストによって、些細なしぐさや言動から相手のウソを見抜く目を養えるようになります。

ご興味をお持ちの方は下のボタンをクリックして、がくぶんのウソ見抜き方講座の詳細をチェックしてください。

がくぶんのウソ見抜き方講座のデメリット

それではここでがくぶんのウソ見抜き方講座のデメリットをご紹介したいと思います。

  • 標準期間が決まっている
  • 課題や質問の返信が遅い
  • 課題をまとめて提出できない

では一つずつ説明していきます。

標準期間が決まっている

標準期間が2ヶ月と決まってますので、2ヶ月の間に課題を提出する必要があります。しかし、がくぶんのウソ見抜き方講座は、無料延長期間が2か月設けられてますので安心して学習することができます。

課題や質問の返信が遅い

 課題、質問用紙の返送には、約2週間ほどかかりますので。年末年始や連休をはさむ場合などは、目安よりも時間がかかる場合がありますので予めご了承の上申し込む必要があります。

課題をまとめて提出できない

がくぶんのウソ見抜き方講座は、学習精度を高めるために、なるべく1回ずつの課題提出を推奨してますので。まとめて提出することはできません。

がくぶんのウソ見抜き方講座のメリット

がくぶんのウソ見抜き方講座のメリットもご紹介したいと思います。

  • テキストが持ち歩きしやすい大きさ
  • 講座修了時には「刑事塾手帳」と「警視塾巡査長認定証」がもらえる
  • 講座修了後の活躍を知ることができる
  • がくぶん自慢!教材をお試しできる
  • 元ベテラン刑事による徹底解説

それでは一つずつ説明していきます。

テキストが持ち歩きしやすい大きさ

薄くて小さなテキストですので、持ち歩きやすくて便利です。内容もベテラン刑事と新米刑事の会話が楽しく、各章最後にある「まとめ」で覚えるポインがよくわかり、イラストもいっぱいで読みやすいテキストです。

講座修了時には「刑事塾手帳」と「刑事塾巡査長認定証」がもらえる

講座を修了すると「刑事塾巡査長」に認定され、刑事塾手帳がもらえます。刑事塾手帳には、騙されない、ウソを見抜くためのノウハウがまとめられていますので、これを持っているだけでお守り代わりになりますよね。

講座終了後の活躍を知ることができる

資格を取得した修了生の活躍情報を、SNSにて紹介されています。

 がくぶんブログ…修了生の活躍情報や、修了生の新着口コミがピックアップされています。

 がくぶんInstagram…ボールペン習字講座、食の講座を中心に、修了生のInstagramユーザーの写真をリポスト。

 がくぶんfacebook…食育、デコアーティストを中心に、修了生のfacebookページや講師の先生の最新情報をシェア。

がくぶん自慢!教材をお試しできる

教材の受け取り日から8日以内の場合、クーリングオフ制度を活用して「ゆうパック」の着払いで返品することができます。送料はがくぶんが負担してくれますので安心です。

元ベテラン刑事による徹底解説

ウソの見抜き方を刑事歴 20年の森 透匡先生による徹底解説の講座です。

先生は警察時代は詐欺、横領、選挙違反などの事件捜査を担当しており、独立後は刑事のスキルであるウソ(人間心理)の見抜き方を学べる「刑事塾」を開講しました。今では全国の大手企業、経営者団体、事業団体などで企業研修、講演などの形で活躍中です。

がくぶんのウソ見抜き方講座をおすすめしない人

がくぶんのウソ見抜き方講座をおすすめしない人をご紹介したいと思い

  • DVDを見れる環境がない人
  • 時間の確保が難しい人
  • ウソを言う人に興味がない人

それでは一つずつ説明していきます。

DVDを見れる環境がない人

DVDを見れる環境がない人は、がくぶんのウソ見抜き方講座をおすすめすることはできません。動作などがわかりやすいようにDVDを見ることで学習しますのでDVDを見れる環境がない人は、この機会にDVDプレイヤーなど購入するのもいいですね。

時間の確保が難しい人

この講座に限りませんが、学習する時間の確保が難しいという方には、がくぶんのウソ見抜き方講座をおすすめしません。しかし、標準期間が2ヶ月と決まっていますが、育児や仕事が忙しいという方は2ヶ月の無料延長期間がありますので安心です。

ウソを言う人に興味がない人

ウソを言う人にそもそも関心がないという方には、がくぶんのウソ見抜き方講座はおすすめしません。ウソの見抜き方を学習しますので、興味がない方にとっては退屈な講座になってしまいます。興味がある方におすすめします。

がくぶんのウソ見抜き方講座をおすすめする人

それではここで、がくぶんのウソ見抜き方講座をおすすめする人をご紹介したいと思います。

  • 顔に表情を読み解きたい人
  • しぐさを見定めたい人
  • 言葉の分析をしたい人
  • 話をしている中でウソを見抜きたい人
  • 漏れた本音を見逃したくない人

それでは一つずつ説明していきます。

顔の表情を読み解きたい人

人はある感情を抱くと同時に、脳はそれを表すように顔に伝達するといいます。ですが、自分の顔を完璧にコントロールすることは不可能です。どんなにウソをつくのが上手な人でも、何かしらの表情によってウソが浮き彫りになってきます。

有名な話として、顔の表情のひとつである「まばたき」は、もちろん意識的にまばたきをすることもありますが、人は真実を述べているときよりも、ウソをついているときの方がまばたきは多くなる傾向にあることが分かっています。

しぐさを見定めたい人

ウソの見抜き方として、言葉よりもしぐさで信頼できる理由が二つあります。一つはたいていの人は、言葉によるウソに気を使うのに対して、身振り手振りといったしぐさまでは気が回らないこと。つまり、たいていの人はウソは言葉にあらわれると信じてしまう。

言葉の分析をしたい人

人がウソをつくとき、できるだけ話しの筋を通らせるため、矛盾したことを話さないように心掛けます。ウソを追求するための質問にエネルギーを使うよりも、相手が発する言葉に耳を傾けることに注意することがポイントになってきます。

話をしている中でウソを見抜きたい人

話の始まりに注意してみましょう。本当のことを話している場合、この始まりの部分は長くても全体の3分の1程度ですが、作り話となると始まりの部分が事細かに語られます。

また本心から語っているときは、起こった出来事(本題)に対して、自分の感情(結末)を相手に伝えるものです。

もし相手の話している内容が、冒頭部分がやたら長く、その出来事についての感情が語られなかった場合、作り話をしていると疑ってみた方がいいかもしれません。ウソの核心である本題よりも、その周りにある始まりと結末に注目してみてください。

漏れた本音を見逃したくない人

ウソをつく行為は多くの精神力を使うため、頭でウソを考える作業が間に合わないことから、ついつい本音を漏らすことがあります。違和感のある変な文法や、言い間違いなどです。

心理学者フロイトは「無意識から出た言葉には、その人の本心が表れる」としています。学校で先生に対して「お母さん」と呼んでしまうのも、会社の上司を間違えて呼び捨てで呼んでしまうのも、心の中で思っていることがついつい言葉に表れている可能性があります。

まとめ

ウソの見抜き方は、最悪の結果であることも覚悟しておく必要です。傷つきたくないという思いから、現実を見て見ぬフリをするのはもっと辛いことでしょう。あの時もっと注意しておけばよかった、あの時もっと疑っておけばよかった、と後悔しないためにも、がくぶんのウソを見抜き方講座を役立ててください。