建築模型の通信教育を受けるならどこ?おすすめを紹介

建築模型製作の通信教育を受けるなら、がくぶんがおすすめです。

自宅で学びながら、製作単価3~6万円の稼げる技能を身に付けることができます。

副業にもピッタリです。

ご興味をお持ちの方は下の緑ボタンより、がくぶん「建築模型製作技能講座」の詳細をご覧ください。

また、無料で資料を手に入れると、がくぶん「建築模型製作技能講座」に対する不安や疑問も解決しやすいと思います。

がくぶん「建築模型製作技能講座」を受講するかどうかの判断材料になるはずです。

目次
  1. 建築模型の通信教育は「がくぶん」がおすすめ
  2. がくぶんの建築模型製作技能講座の特徴
    1.  これで稼げる確かな技能
    2. 就業サポートをしてくれる
    3.  建築模型士プライマリーの資格がとれる
    4.  DVDで手元の動きを何度も確認することができる
    5.  必要な材料・用具も完全セット
    6.  がくぶんの自慢
  3. がくぶん「建築模型製作技能講座」のデメリット
    1. 標準期間が決まっている
    2. 材料や用具が追加で必要となる場合がある
    3. コストが高い
  4. がくぶん「建築製作技能講座」のメリット
    1. 重要ポイントをアドバイスしてくれる
    2. プロが指導者
    3. 設計の基本を学ぶことができる
    4. 建築図面が読めるようになる
    5. 自宅にいながら資格が取れる
  5. がくぶん「建築模型製作技能講座」をおすすめしない人
    1. 細かい作業が苦手な人
    2. DVDを見れる環境がない人
    3. 建築図面を覚える自信がない人
  6.  がくぶん「建築模型製作技能講座」がおすすめな人
    1. 工作が好きな人
    2. 副業を考えてる人
    3. 在宅ワークがしたい人
    4. 技能者になりたい人
    5. 将来は建築模型製作で生計を立てたい人
  7. がくぶん「建築模型製作講座」の口コミ
  8. 補足: 建築模型とは?
  9. 補足: 建築模型士に必要な資格
    1.  資格はない
    2.  図面を読めることが必須条件
    3.  建築模型の製作技術も必要
    4.  通信教育を利用すれば未経験から建築模型士を目指せる
    5.  資格をとって仕事を斡旋してもらおう
  10.  まとめ

建築模型の通信教育は「がくぶん」がおすすめ

住宅やビルなどを建てる時に必要な建築模型ですが、技能者を心待ちにする建築業界と副業を始めてみたい方の橋渡し的な役割として「がくぶん」建築模型製作教育が誕生しました。今活躍中のプロが丁寧にマンツーマンで指導してくれますので安心して学習することができます。まずは、無料で資料を取り寄せて詳しい説明をチェックすることをおすすめします。

がくぶんの建築模型製作技能講座の特徴

ここまで建築模型製作についてや、建築模型製作に向いてる方について説明しましたが、通信教育を使って建築模型製作の技能資格を取得したいと考えてる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、がくぶんが提供している、がくぶん「建築模型製作技能講座」5つのポイントを紹介します。

 これで稼げる確かな技能

住宅1件の模型製作で3~6万円!と高額です。ビル・マンションなら1点で8~10万円にもなると言われています。建築・設計業界で人気の講座です。

就業サポートをしてくれる

専門スタッフが就業活動に関する質問や相談に随時電話で対応しアドバイスしてくれます。講座を修了した時には、就業活動を成功させる「ワークガイド」が届きますので、いざお仕事デビューとなった時も慌てることなく、安心して次のステップに進むことができます。

 建築模型士プライマリーの資格がとれる

最終課題で一定の評価に達した方には「建築模型士プライマリー」として認定されます。資格があることで、仕事を始める際にも自信を持ってアピールすることができます。

*認定証の交付は有料となります。

 DVDで手元の動きを何度も確認することができる

図面の読み取り方から模型の完成までの工程をDVD(全3巻・5枚組)に収録されてるので、時には失敗例と比べながら、作業のひとつひとつを映像で確かめることができます。テキストと連動した内容で、わからない箇所を何度も繰り返し確認できるので大変わかりやすいと受講卒業生の方からにも好評されています。

 必要な材料・用具も完全セット

建築模型を製作するのに必要な材料や用具、図面集などもあらかじめセットされているので、あなたは自宅に居ながらにしてプロの建築模型士への第一歩が踏み出せます。

 がくぶんの自慢

教材をまずはお試し!教材到着後でも返品OKで安心です。

ご興味をお持ちの方は下の緑ボタンより、がくぶん「建築模型製作技能講座」の詳細をご覧ください。

また、無料で資料を手に入れると、がくぶん「建築模型製作技能講座」に対する不安や疑問も解決しやすいと思います。

がくぶん「建築模型製作技能講座」を受講するかどうかの判断材料になるはずです。

がくぶん「建築模型製作技能講座」のデメリット

がくぶん「建築模型製作技能講座」のデメリットをご紹介したいと思います。

  • 標準期間が決まっている
  • 材料や用具が追加で必要となる場合がある
  • コストが高い

それでは一つずつ説明していきます。

標準期間が決まっている

受講期間が6か月ときまっていますので、この期間に講座を修了しなければなりません。しかし、仕事や育児で忙しくて期間中に修了できなかった場合でも期間を延長できますので安心して受講することができます。

材料や用具が追加で必要となる場合がある

必要な用具・材料はすべて教材にセットされていますが、追加で必要になった場合には用具・材料の通信販売サービスがありますのでそちらで購入することになります。

コストが高い

この建築模型製作技能講座は比較的コストが高いと言えます。ですので12回の分割払いを利用してお支払いすることで、生活にも負担がかかりませんのでおすすめです。

がくぶん「建築製作技能講座」のメリット

では、がくぶん「建築模型製作技能講座」のメリットもご紹介したいと思います。

  • 重要なポイントをアドバイスしてくれる
  • プロが指導者
  • 設計の基本を学ぶことができる
  • 建築図面が読めるようになる
  • 自宅にいながら資格が取れる

それでは一つずつ説明していきます。

重要ポイントをアドバイスしてくれる

がくぶん「建築模型製作技能講座」では、見よう見まねでは気づくことができない建築模型製作で、重要なポイントを的確にアドバイスしてくれますので他にはない上達が見込めます。

プロが指導者

がくぶん「建築模型製作技能講座」は、建築模型製作で活躍中のプロが丁寧に指導してくれますので、初心者でもプロの模型技能者として活躍できる技能が自然と身につきます。

設計の基本を学ぶことができる

建築模型に必須ともいえる設計ですが、聞いたことはあるけれど実際設計ってどうするの?と思うことありませんか?そんな疑問を解決してくれる設計についての基本から学ぶことができます。

建築図面が読めるようになる

設計の基本がわかるようになると、建築図面を読む学習と基礎の技能をマスターしていきます。建築図面の読み方をしっかり覚えて学習することができます。建築図面が読めるってかっこいいですよね!

自宅にいながら資格が取れる

自宅で自分の生活スタイルに合わせながら学習し資格を取得することができますので、無理することなく時間や気持ちにゆとりが持てスムーズに資格取得を目指すことができます。

ご興味をお持ちの方は下の緑ボタンより、がくぶん「建築模型製作技能講座」の詳細をご覧ください。

また、無料で資料を手に入れると、がくぶん「建築模型製作技能講座」に対する不安や疑問も解決しやすいと思います。

がくぶん「建築模型製作技能講座」を受講するかどうかの判断材料になるはずです。

がくぶん「建築模型製作技能講座」をおすすめしない人

がくぶん「建築模型製作技能講座」をおすすめしない人をご紹介したいと思います。

  • 細かい作業が苦手な人
  • DVDを見れる環境がない人
  • 建築図面を覚える自信がない人

では一つずつ説明していきます。

細かい作業が苦手な人

工作のように細かい作業が苦手な人にはおすすめしません。特に建築模型は、ミニチュア模型を製作しますので、とても小さな模型を扱う作業になりますのでむずかしいかも知れません。

DVDを見れる環境がない人

DVDを見れる環境がない人にはおすすめすることはできません。がくぶん「建築模型製作講座」はDVDで学習しますので、DVDを見れる環境がない人は、この機会にDVDプレイヤー購入することをおすすめします。

建築図面を覚える自信がない人

一度、建築図面を検索してみて下さい。とにかくこまかく、たくさん覚えることがありますので「ちょっと、自信がないな~」と思われる方にはおすすめしません。途中でやめてしまうかも知れないからです。ですので、やり遂げる決心で受講することをおすすめします。

 がくぶん「建築模型製作技能講座」がおすすめな人

がくぶん「建築模型製作講座」をおすすめする人をご紹介したいと思います。

  • 工作が好きな人
  • 副業を考えてる人
  • 在宅ワークがしたい人
  • 技能者になりたい人
  • 将来は建築模型製作で生計を立てたい人

それでは一つずつ説明していきます。

工作が好きな人

クラフト感覚でミニチュアの模型を製作しますので、ミニチュア模型を作ってみたいと考えてる方にはおすすめです。自分で制作したミニチュア模型が、その通りの実物大に建てられることに喜びを感じるはずです。

副業を考えてる人

時間の空いた時に何か副業を考えてる方には、がくぶん「建築模型製作技能講座」はおすすめです。製作に携わっていくことで楽しくなり、気づくと副業ではなく本業になってたりするかも知れませんね。

在宅ワークがしたい人

お家で仕事をしたいと考えてる方には、がくぶん「建築模型製作技能講座」をおすすめします。製作単価が高額ですので、お家で仕事ができて、しかも収益も高額だとすると受講する価値はあります。

技能者になりたい人

技能者になりたいと考えてる方には、がくぶん「建築模型製作技能講座」をおすすめします。新しく建てる家などの設計には必要な建築模型ですが、オーダーに合わせて模型を作れる技能者はそう多くはないと言われていますので、この機会にぜひ受講することをおすすめします。

将来は建築模型製作で生計を立てたい人

将来は建築模型製作だけで生計を立てたいと考えてるかには、がくぶん「建築模型製作技能講座」がおすすめです。講座でたくさんの技術を学び、講座を終えた後は就業サポートを受け、仕事を少しづつ増やして経験を積むことで建築模型製作で生計を立てることができます。

ご興味をお持ちの方は下の緑ボタンより、がくぶん「建築模型製作技能講座」の詳細をご覧ください。

また、無料で資料を手に入れると、がくぶん「建築模型製作技能講座」に対する不安や疑問も解決しやすいと思います。

がくぶん「建築模型製作技能講座」を受講するかどうかの判断材料になるはずです。

がくぶん「建築模型製作講座」の口コミ

がくぶん「建築模型製作講座」の良い口コミと悪い口コミを集めました。

がくぶん「建築模型製作講座」の良い口コミ、悪い口コミ
  • 子育ての合間に楽しく仕事ができて、いただいた報酬で家族で外食したり、買い物へ出かけたりしています。
  • 製作途中に足らなくなった材料ですが、今すぐ欲しいと思っても通信販売で申し込むため少し時間がかかる
  • 完成した時の喜びは最高で、我が家の模型にも挑戦したいと思いました。
  • DVDで勉強をすると詳しく制作の仕方がわかるのですが、DVDプレイヤーがなかったので購入することになった。
  • 初仕事の納品を終えたあと、プロとして仕事を任せてもらいたいと意欲が出てきました。

ご自身で必要なモノをそろえる時にデメリットを感じることがあるようです。一方で、楽しみながらやりがいのあるお仕事ができ、いただいた報酬で家族と一緒に有意義な時間を過ごせることにメリットを感じている人が多いです。

補足: 建築模型とは?

建築模型とは、『建築物の完成予想模型』のことです。主にこれから建てられる建築物の完成予想模型として活用されます。

建築関係の打ち合わせでは、まず「図面」が使われますが、この「図面」は2次元上のものなので、建物のデザインによってはわかりにくい場合がでてきます。

そのように「図面」だけではイメージがつかない場合に「建築模型」が必要となります。

建築模型を打ち合わせなどの場で、第三者に対するプレゼンテーションの一部として用いると、より説得力が増し設計者の意図が理解されやすくなります。

また建築模型には2次元では表現できない3次元を、さまざまな角度からリアルタイムで検討することができるというメリットもあります。

設計作業を進める際の“道具”として建築模型を活用すると、第三者の理解が深まります。

建築模型はプラモデルとは意味合いが違ってきます。

模型は模型でも通常、建築模型はそれ自体を製作することが目的ではなく、あくまでホンモノの家を建てる際の参考資料になります。

そのため建築模型製作をおこなう前には、その使用目的や製作時間、表現の程度、費用などをある程度考慮して、つくりはじめる必要があります。

補足: 建築模型士に必要な資格

建築模型士になるために資格は必要なのか?

 資格はない

建築模型士は、弁護士や検察官のように専門の資格を所持している必要はありません。そのため、誰でも建築模型士になることが可能です。

 図面を読めることが必須条件

建築模型士は図面に忠実な建築模型の製作を求められるため、資格は必須ではありませんが、図面、設計図を読めることは必須条件です。

 建築模型の製作技術も必要

建築模型は一見するとプラモデルのようで簡単に作れそうですが、プラモデルとは違い、壁、柱、屋根などのパーツを自分で切り出す必要があります。難し過ぎて素人では全くできない、という程ではありませんが、ある程度の製作技術の習得は必要です。

 通信教育を利用すれば未経験から建築模型士を目指せる

専門学校も出ていないし、建設会社への勤務経験も無い、という方でも建築模型士の勉強は通信教育が多く用意されているので問題ありません。手先の器用ささえあれば、どなたでも建築模型士を目指せます。

 資格をとって仕事を斡旋してもらおう

建築模型士になるために資格は必須ではありませんが、資格があれば一定の知識と技術を身につけていることの証拠になります。特に、未経験から建築模型士を目指す場合は、資格を取得してから人材派遣会社に登録したりするなどして仕事を斡旋してもらった方が早く仕事を得られることが多いです。

 まとめ

オーダーに合わせて模型を組み立てられる技能者が絶対的は、そう多くはいません。そこで技能者を心待ちにしている建築業界と、空いた時間にスキルを活用して副業を始めてみたい方の橋渡し的な役割として誕生したのが、がくぶんの「建築模型製作講座」です。

建築模型製作プロのノウハウを盛り込んだオリジナルテキストを採用し、第一線で活躍中のプロが図面の読み方から丁寧にマン・ツー・マン指導。初心者でもプロの模型技能者として活躍できる技能が自然と身につきます。

ご興味をお持ちの方は下の緑ボタンより、がくぶん「建築模型製作技能講座」の詳細をご覧ください。

また、無料で資料を手に入れると、がくぶん「建築模型製作技能講座」に対する不安や疑問も解決しやすいと思います。

がくぶん「建築模型製作技能講座」を受講するかどうかの判断材料になるはずです。