アーティフィシャルフラワー製作通信講座ならがくぶんがおすすめ!

アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現した人工的な花のことで、いわゆる造花です。

「造花」=「アートフラワー」「シルクフラワー」「フェイクフラワー」など、いろいろな呼び方がありますが、これらの呼び方を統一した呼び方にしようということで、日本アーティフィシャルフラワー協会(JAFA)と花材メーカーである東京堂が2002年に「人工的なお花」=「アーティフィシャルフラワー」と、その名前を世の中に広めました。

こちらではアーティフィシャルフラワー製作講座のデメリット・メリットから、アーティフィシャルフラワー製作講座をおすすめしない人、おすすめな人をご紹介したいと思います。

お花が大好きでアーティフィシャルフラワー製作にご興味がある方は、下の緑のボタンより詳細を確認することができます。

がくぶんアーティフィシャルフラワー製作講座の特徴

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座の特徴をご紹介したいと思います。

  • 最先端の技術とアートセンスが自宅で身につく
  • スキル習得から就業まで一貫サポートが受けられる
  • 厳選された高級花材が全てセットで届く
  • 受講中でも終了後でも、材料類を通信販売で購入できる

それでは一つずつ説明していきます。

最先端の技術とアートセンスが 自宅で身につく

アーティフィシャルフラワーの先駆け的存在である「クリエイトアカデミー」と提携していますので、優れたアートセンスとアレンジ技術がご自宅で身につけられます。スクールの人気講師・奥富誠先生が、基礎からわかりやすく教えますので、楽しみながら実践的な技術が身につきます。

スキル習得から就業まで 一貫サポートが受けられる

講座を修了すると、身につけた技術の証明として、クリエイトアカデミーから認定証が授与されます。その他にも、仕事の始め方がよくわかる「お仕事ハンドブック」の進呈や、がくぶんの仕事サポート制度があなたのお手伝いをしてくれます。

厳選された高級花材が全てセットで届く

フラワーアレンジに必要な材料や用具はクリエイトアカデミーが厳選したものがセットされています。市販では手に入れにくい用具や、高品質の花材もそろっていますので、教材一式が届いたその日から、すぐに楽しいアレンジを始められますよ。

受講中も修了後も、材料類を通信販売で購入できます

アーティフィシャルフラワー製作講座を受講すると、作品づくりに必要な材料や用具類を、全国どこにお住まいでも通信販売で購入できるサービスが利用できます。認定証取得後にお仕事を始めたい場合はおトクな価格で購入できる特典もあります。

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座のデメリット

では、ここでがくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座のデメリットをご紹介したいと思います。

  • 作品に飽きてしまう
  • 香りを楽しめない
  • 安っぽいイメージ

それでは一つずつ説明していきます。

作品に飽きてしまう

生花なら枯れれば違うお花を花瓶に、その時の気分で変えることができますよね。しかし、せっかく作ったアーティフィシャルフラワーも、ずっと同じ作品を飾ってると飽きてしまうこともあります。そんな時は、どんどん新しい作品を作り、コレクションするのもいいと思います。生花のように、その時の気分でお部屋を飾って下さいね。

香りを楽しめない

生花のように、お花の香りを楽しむことができないのが残念なところです。生花のようには香りは楽しめなくても、自分の好きな香りをアーティフィシャルフラワーにふりかけて、生花のようにいい香りをお部屋中に広げることはできますよね。

安っぽいイメージ

人工的に作られたお花ですので、生花に比べると安っぽいイメージが持たれています。しかし、今では生花と変わらない質の高いお花も増え、長持ちするということでその愛好も者増えてきました。

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座のメリット

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座のメリットもご紹介したいと思います。

  • 季節に左右されない
  • 給水しなくていい
  • 枯れない
  • 持ち運びに便利
  • 花粉が飛ばない

それでは一つずつ説明していきます。

季節に左右されない

生花だと春夏秋冬とその季節に応じたお花を飾ることになりますが、アーティフィシャルフラワー製作はどんな季節でも自分の思ったっ通りのお花を楽しむことができます。

給水しなくていい

お花の水やりは、お花を活かすための重要なポイントですよね。しかし、うっかり忘れてしまったり、おうちを長い間空ける旅行などの時は心配になります。でも、アーティフィシャルフラワーなら、給水はまったくしなくていいので安心です。

枯れない

生花は枯れるからこそ、美しいと枯れるまでの間を楽しむのがいいところですよね。でも、すぐ枯れてしまうからと、お部屋にお花を飾ることを遠ざけてしまってる方もいらっしゃるのではないでしょうか。アーティフィシャルフラワーは、日の当たらない場所に置くなど、環境を考えることで半永久的に楽しむことができますので、ぜひお部屋に飾ってみてください。

持ち運びに便利

アーティフィシャルフラワーは軽くて、枯れませんので持ち運びには大変便利です。たとえば、海外で挙式をされる方にブーケ‐を贈る時も持ち運びが楽なのでプレゼントなんかにも最適です。

花粉が飛ばない

生花だとどうしてもお花の花粉が飛んだり、洋服や手についたりしますが、アーティフィシャルフラワーは生花ではありませんので、花粉が飛んだり、つくようなことはありません。

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座をおすすめしない人

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座をおすすめしない人をご紹介したいと思います。

  • 細かい作業が苦手な人
  • 生花が好きな人
  • 教室などに通いたい人

では一つずつ説明していきます。

細かい作業が苦手な人

アーティフィシャルフラワーはとても細かい作業になりますので、細かい作業がそもそも苦手だという方にはおすすめしません。しかし、苦手意識からアーティフィシャルフラワーを製作していくうちに楽しくなる場合もあります。

生花が好きな人

やっぱり生花じゃないと!と、いう方にはおすすめしません。残念ながら生花と変わらない美しさではありますが、花そのものの香りはもちろんしませんので、お花の香りを楽しみたいという方にはすすめることはできません。

教室などに通いたい人

アーティフィシャルフラワーを教室やサロンなどで、お友達と一緒に教室などに通いたいと考えてる方にはおすすめしません。こちらは通信講座ですので基本独学です。通信講座のメリットでもある、好きな時間や場所で学習しますので通信講座の方が気楽かなとお考えの方におすすめします。

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座がおすすめな人

がくぶん「アーティフィシャルフラワー製作」講座をおすすめする人をご紹介したいと思います。

  • 美しい外観を長時間楽しみたい人
  • 面倒くさがりの人
  • 柔軟なアレンジがしたい人
  • 製作することが好きな人
  • プレゼントにしたい人

それでは一つずつ説明していきます。

美しい外観を長時間楽しみたい人

アーティフィシャルフラワーは、生花のように成長することも枯れることもありませんので、製作した状態のまま、長い間お部屋のイ ンテリアとして楽しむことができます。ですので、美しい外観を長時間楽しみたいという方にはおすすめです。

面倒くさがりの人

生花では、どうしても定期的な水やりが必要ですが、アーティフィシャルフラワーはそのようなお手入れは不要ですので楽ちんです。たまに、ほこりをはたいてあげるだけで、長い間美しさを保つ ことができますのでめんどくさがりの方におすすめです。

柔軟なアレンジがしたい人

生花は、茎を折り曲げるとそこから給水できなくなり、枯れてしまいます。しかし、アーティフィシャルフラワーは給水の必要性がないため、茎を自由に曲げてアレンジすることができます。

製作することが好きな人

とにかく、物作りが好きだという方には、大変おすすめです。アーティフィシャルフラワーは、美しいお花を製作しますので、心が豊かになり、製作工程も楽しく、そして出来上がったアーティフィシャルフラワーに癒されること間違いありません。

プレゼントにしたい人

自分の子どもや友だち、またご両親の誕生日や結婚式などお祝いの時に、自分で作成したアーティフィシャルフラワーをプレゼントがしたいという方におすすめです。手作りですから絶対に喜ばれますよね。

まとめ

生花の美しさを細部まで再現する「アーティフィシャルフラワー」。

従来の造花とは違って、生花と見間違えるほど美しく、アレンジや手入れのしやすさもあって、インテリアやギフトとして急速に広まっています。このアーティフィシャルフラワーのアレンジのセンスとテクニックが自宅で身につけられます。

手軽にできて美しく、長持ちする新しいフラワーアートの世界を楽しみたい方はがくぶんのアーティフィシャルフラワー製作講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。