アーティフィシャルフラワー製作通信講座ならがくぶんがおすすめ!

アーティフィシャルフラワー製作講座ならがくぶんがおすすめです。

こちらではアーティフィシャルフラワー製作がおすすめな方や、がくぶんの通信講座の特徴などについて解説しています。

がくぶんではがくぶんのフラワーアートのプリザーブドフラワー製作講座の説明もありますのでご覧ください。

アーティフィシャルフラワーって?

アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現した人工的な花、いわゆる造花です。

「造花」=「アートフラワー」「シルクフラワー」「フェイクフラワー」など、いろいろな呼び方があるのですが、これらの呼び方を統一した呼び方にしようということで、日本アーティフィシャルフラワー協会(JAFA)と花材メーカーである東京堂が2002年に「人工的なお花」=「アーティフィシャルフラワー」とその名前を世の中に広めました。

そののちに、大手造花メーカーが、これまで生産してきた高品質な造花を「アーティフィシャルフラワー」として販売し始め、次第に一般的な名称として広がっていきました。
「アーティフィシャルフラワー」という名前は、つい最近、できた言葉なんですね。

造花とアーティフィシャルフラワーの違い

昔からの『造花』は、開店の時の花輪に代表されるように、お店やイベント会場を、たくさんのお花できらびやかに飾って、人目を惹くことを目的にしています。(今では造花ではなく、生花を使用することが多くなりました)要するに、遠くからよく目立って、華やかである必要があるのです。
そのため、お花の色は自然界のお花よりも派手な色合いで、濃淡のない着色が多いようです。また、お花以外の部分は重要視されておらず、コスト的なこともあり、葉はペラペラで、茎はワイヤーのようなものが多いようです。

近くから見ても、手で触っても、生花に見劣りしないよう、メーカー各社が製造技術を競い、高温高圧でポリエステル布地を成型する新たな技法から開発されて作られたリアルな造花が生み出されました。そのように派生していった高級な造花を、現在では『アーティフィシャルフラワー』と呼んでいます。

アーティフィシャルフラワーは、花びらのフリルやしわまで、よりリアルに再現し、生花に見られる自然なグラデーションのある色彩で染色され、茎や葉にいたるまでより本物に近い仕上がりになっています。なので時々、アーティフィシャルラワーは造花ではないと記載されていることがあります。

アーティフィシャルフラワーの魅力とアーティフィシャルフラワー製作がおすすめな方

生花のように美しい外観を長い間楽しむことができます!

アーティフィシャルフラワーは、生花のように成長することも枯れることもありませんので、ご購入した状態のまま、長い間お部屋のイ ンテリアとして飾っていただくことができます。生花よりお値段は高めですが、長持ちしますので、長い目で見ればリーズナブルにフラ ワーインテリアを楽しむことができます。

面倒なお手入れが不要です

生花では、どうしても水やりが必要になりますので、水の入った花瓶や給水フォームが必要になります。また、定期的に水換えや切り戻し など日々のお手入れが必要になります。
しかし、アーティフィシャルフラワーはそのようなお手入れは不要です。たまに、ほこりをはたいてあげるだけで、長い間美しさを保つ ことができますのでめんどくさがりの方におすすめです。

生花では出せないフレキシブルなアレンジが可能です

生花は、茎を折り曲げるとそこから給水できなくなり、枯れてしまいます。
しかし、アーティフィシャルフラワーは給水の必要性がないため、茎を自由に曲げてアレンジすることができます。また、フォームを使 わずにアレンジすることができますので、ブーケや花瓶へのアレンジだけでなく、リースや壁掛け、小物への装飾、アクセサリーなど活 用範囲が広いので、こういった作業が好きな方におすすめです。


また、プリザーブドフラワーとは違い茎や葉を活かしたデザインが可能なため、より多彩なフラワーアレンジが制作できます。

がくぶん通信講座の特徴

ここまでアーティフィシャル制作についてや、アーティフィシャルフラワー製作がおすすめな方について説明しましたが、通信講座を使ってアーティフィシャルフラワー製作講座を取得したいと考えてる方もいらっしゃるかと思います。

そこでがくぶんが提供しているアーティフィシャルフラワー製作講座の特徴を紹介します。

アーティフィシャルフラワー製作内容

●レッスン1 エレガントコサージュ
バランスの良い花の組み方や、パーツのワイヤリング方法などの基本。

●レッスン2 ナチュラル・ブーケ
花を立体的に美しく組む方法や、生花のような自然な表情を出すコツ。

●レッスン3 テーブルフラワー
フォームの加工方法や、空間を生かしたアレンジなどの応用テクニック。

●レッスン4 ガーランドリース
リース台を使わずに花を固定さるテクニックなど、アレンジの幅が広がります。

最先端の技術とアートセンスが 自宅で身につきます

アーティフィシャルフラワーの先駆け的存在である「クリエイトアカデミー」と提携していますので、優れたアートセンスとアレンジ技術がご自宅で身につけられます。スクールの人気講師・奥富誠先生が、基礎からわかりやすく教えますので、楽しみながら実践的な技術が身につきます。

スキル習得から就業まで 一貫サポート

講座を修了すると、あなたが身につけた技術の証明として、クリエイトアカデミーからディプロマ(認定証)が授与されます。その他にも、仕事の始め方がよくわかる「お仕事ハンドブック」の進呈や、がくぶんの仕事サポート制度があなたのお手伝いをしてくれます。

厳選した高級花材も全てセット

フラワーアレンジに必要な材料、用具はクリエイトアカデミーが厳選したものがセットされています。
市販では手に入れにくい用具や、高品質の花材もそろっていますので、あなたは教材一式が届いたその日から、
すぐに楽しいアレンジを始められます。

受講中も修了後も、材料類を通信販売で購入できます

アーティフィシャルフラワー製作講座を受講すると、作品づくりに必要な材料や用具類を、全国どこにお住まいでも通信販売で購入できるサービスが利用できます。ディプロマ取得後にお仕事を始めたい場合はおトクな価格で購入できる特典も!

まとめ

生花の美しさを細部まで再現する「アーティフィシャルフラワー」。
従来の造花とは違って、生花と見間違えるほど美しく、アレンジや手入れのしやすさもあって、インテリアやギフトとして急速に広まっています。
このアーティフィシャルフラワーのアレンジのセンスとテクニックが自宅で身につけられます。
手軽にできて美しく、長持ちする新しいフラワーアートの世界を楽しみたい方はがくぶんのアーティフィシャルフラワー製作講座でさらに詳しい説明がありますのでご覧ください。



生涯学習のユーキャン

資格★合格クレアール