オンライン通信講座ユーキャンで「認知症介助士」の資格を目指す方法
この記事のポイント

・オンラインでスマートフォン、パソコンから様々な講座/資格を気軽に受講できる通信講座で人気高い「ユーキャン」で「社会福祉士」の資格取得を目指せる解説。

・「社会福祉士」がおすすめな方や「ユーキャン」の通信講座の特徴をご紹介。

・資格取得した後の「社会福祉士」を活かした就職など具体的な提案。

株式会社 ユーキャンが運営するスマートフォンやパソコンから、オンラインだけで場所問わずに気軽に受講や資格試験を受ける事ができる、男女問わず人気高い「ユーキャン」にて、「認知症介助士」の資格取得講座の受講サービスを提供しておりますのでご紹介いたします。

ユーキャンではこの他にも「調剤薬局事務資格取得講座」など、たくさんの講座がありますのでご覧ください。

認知症介助士とは?

認知症介助士とは超高齢社会の現代において、認知症であっても安心して社会参加することができるよう、認知症の人に寄り添うコミュニケーションや接遇(接客)・応対、環境作りを身につける資格です。

認知症介護士はこんな方におすすめ

医療・介護業界で働いている方

認知症患者の方と接する機会が多い、医療や介護の現場。しかし、医療や介護のプロであっても「認知症についての知識が乏しい」「正しい接し方がわからない」と不安を感じている方。正しい介助知識を身につけることで、患者様のケアに役立てます。
また、資格を取得することで、患者様のご家族からの信頼も高まるでしょう。

接客・販売の仕事をしている方

ホテルや駅、デパートやスーパーなど、不特定多数のお客様が訪れる場所で働く方にもおすすめです。
「認知症と思われるお客様が困っているけど、どう接していいかわからない」と感じた経験はありませんか?
認知症介助士は「認知症の正確な知識」と「お客様に寄り添う心」を身につけた存在。認知症の方をスムーズにエスコートすることで、お客様の安全を確保し、トラブルを未然に防ぐことができます。

認知症の方のご家族

ご家族が認知症を発症してしまったとき、「どう接していいかわからない」「認知症になったことを受け入れられない」「うまく向き合えない」と思われる方が多いことは事実です。しかし、認知症の方にはご家族のサポートが必要不可欠。
テキストには体験談を多数掲載されています。認知症の方の心理状態を正しく知り、認知症の方と接する際の心構えを学ぶことができます。

認知症予防を意識し始めた方

認知症介助士の学習は、ご自身やご家族の認知症予防にも役立ちます。
「将来のために認知症の予防に取り組みたいけれど、何をすればいいの?」と思われる方も多いと思います。
認知症の予防には、食生活や運動など、生活習慣の改善が効果的だと考えられています。そうした習慣の改善方法を学ぶことで、ご自身だけではなく、ご家族の認知症予防にも役立てることができます。

ユーキャンの「認知症介助士」の特徴

ここまで認知症介助士についてや、認証介護士に向いてる方について説明しましたが、通信講座を使って認知症介助士の資格を取得したいと考えてる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、ユーキャンが提供している「認知症介助士」資格取得講座の特徴を紹介します。

ずっと役立つ!認知症予防4点セット

ユーキャンは、資格取得に必要な知識だけではなく、予防アイデア集や予防レシピなど、認知症予防のために役立つ充実の副教材が用意されています。 一生モノの知識を習得できます。

テキストはたったの2冊

テキストは2冊だけです。 「スリムすぎるのでは?」と思われるかもしれませんが、資格認定団体が監修したテキストで、必要な内容を絞り込んでいるので、認知症の正しい知識や応対方法をしっかり身につけることができますので安心です。

自宅でいつでも受験が可能

会場に出向いて試験を受ける必要はなく、自宅でチャレンジすることができます。マークシート方式で解答しやすいのも魅力的。
受講期間内ならいつでも受験できるので、ご都合に合わせて挑戦できます。

充実したサポート

・質問サービス 

添削指導

指導サポート期間延長

  • 学習内容についてわからないことが出てきたら、メールや郵送で気軽に質問ができます。 経験豊富な講師陣が、丁寧に答えてくれます。
  • 学んだ知識がしっかり身についているか、添削課題を通じて確認してくれます。送った課題はコンピュータで分析し、詳しい解説が付いて戻ってきます。
  • 認知症介護士取得講座の標準学習期間は3ヵ月ですが、学習開始から6ヵ月は質問・添削などすべての指導サポートが受けられます。「忙しくてどうしても学習のペースが遅れがち…」という方も安心です。

まとめ

認知症の正しい知識と正確な応対技術を持つ認知症介助士。認知症の方とのコミュニケーションの取り方などを知っておくことで、認知症の方をサポートすることができ、トラブルを未然に防ぐことができます。
そんな認知症介助士ならではの知識が活かせるシーンがたくさんあります。介護施設やスーパー、ホテル、病院、また自宅など。

認知症介助士の資格を取得したいと考えてる方はユーキャンの「認知症介助士資格取得講座」で詳しい説明がありますのでご覧ください。

生涯学習のユーキャン